S(セミスリック)タイヤの説明 サーキットタイヤ

S(セミスリック)タイヤの簡単な説明です。

サーキット好きメンバーから、そろそろSタイヤを

履いてみたいんだけどという質問が・・・

Sタイヤは一般ラジアルタイヤと同じ感覚で使われると危険なので

Sタイヤの簡単な説明をしますね。

Sタイヤは、サーキット専用に作られているタイヤです。

基本的にタイヤのコンパウンドは

S(ソフト)M(ミディアム)H(ハード)に別れていて

走行時の気温、路面温度と、走行時間の摩耗予測により

どのコンパウンドを選ぶか選択しています。

S(ソフト)の方が低温からグリップ力が出ますが、摩耗が早いタイヤで

主にジムカーナやタイムアタックに使われます。

H(ハード)低温時はグリップ力が出ませんが。高温になるとグリップを発揮し

摩耗が少ない特徴を持っています。

主に長時間レースや耐久レースに使われます。

M(ミディアム)はSとHの中間ということになります。

他にもSS(スーパーソフト)やMH(ミディアムハード)等の温度域の

コンパウンドもあります。

基準になるのが、S・M・Hになります。

Sタイヤの一般公道使用は法律的にはOKなのですが

Sタイヤはグリップする温度域が狭いので、

一般公道での安全性が少なく、特に路面がウエット時タイヤの温度が

上がらないため、とてもグリップが弱いタイヤなんです。

Sタイヤは、さらにタイヤを軽くするため、新品時のタイヤの溝が浅く

5mm程度しかありません、一般タイヤは7~8mmあります。

あくまでSタイヤはサーキット専用で作られていますので

一般公道を安全に走行できるようには作られていないことも

知っておいて欲しいと思います。

一般ラジアルタイヤのように。何年も使えるタイヤではなく、

サーキットでは何十分、何時間で終わってしまうタイヤがSタイヤです。

内部構造もタイヤを軽くするためトレッド面の強度も

一般ラジアルタイヤより少ないタイヤです。

タイヤが摩耗し、スリップラインが出ると

チョット大きな石を踏むだけでもパンクしていしまいます。

これは一般公道用のラジアルタイヤでは、まずありえないことですが

Sタイヤでは当たり前におきてしまうの事なのです。

サーキットを限られた時間、速く走ることを目的に作ってあるタイヤが

Sタイヤなので、

パンクに強いとか、何年の耐久性とかでは作られていないのが

Sタイヤということを覚えておきましょう。

Sタイヤは一般公道には不向きなタイヤであることを知って頂きたいと思います。

私もSタイヤを履き、何度もサーキット走行会後の帰り道に

バーストし怖い思いをしていますので(笑)

ですのでサーキットに行ったら、Sタイヤに履き替え

走り終えたら、一般タイヤに履き替えるが正解だと思っています。

Sタイヤは摩耗が早いし、もっとも頭を悩ませるのが

値段です。とにかく値段が高い

走り終えると、次回のタイヤはどうしよう・・・

お財布との相談です。

そこで、うれしい情報があります

一般公道でも安全性が確保されていて

グリップ力がSタイヤ並のハイグリップタイヤ

しかも値段が安いタイヤがあるとしたら

知りたくなりますよね。

↓↓↓↓コチラです↓↓↓↓

>>NANKANG AR-1

これでもタイヤの値段が高いなら

私も履いています。

↓↓↓↓コチラです↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2R

S(セミスリック)タイヤの説明でした

追伸

サーキットで使えるアルミセットはコチラから

NANKANG AR-1アルミセット

NANKANG NS-2Rアルミセット

タイヤ性能レビューはコチラから

NANKANG AR-1タイや性能レビュー

NANKANG NS-2Rタイヤ性能レビュー

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月12

Sタイヤの説明でした

タグ

2017年8月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ 国産Sタイヤ

ホンダS800のSタイヤを交換したけど?

ホンダS800のSタイヤを交換したけど

まだ使えるんだけどなァ~

S

でも、外したタイヤを見るとかなりサーキットを走り慣れている

タイヤの溶け方をしているのが分かります。

S800の軽量ボディ―でここまでタイヤを溶かす走りができるとは

このドライバーさん、ただ者ではなさそうです。

オーナーさんに話を聞くと

サーキット歴は30年を超えているとか・・・

しかもこのドライバーさん・・・60歳越えです(驚)

とにかくサーキットを走るのが好きみたい

サーキットを走るのが、唯一の趣味なんだよ~って

笑いながら話してくれました。

歳をとっても、趣味を続けられるって

素敵ですよね!

安くても、ハイグリップなタイヤはあります。

コチラを参考に⇒アジアン ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月01

ホンダS800のSタイヤを交換したけど?でした!

タグ

2015年7月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ 国産Sタイヤ

JZA70スープラのバーストしたSタイヤ

70スープラのバーストしたSタイヤを交換

前回の耐久走行会で、

70スープラでバーストしたSタイヤを組み変えます。

ウ~ン耐久走行会だと3回まで持ちませんでした。

S

m

ここが一気にバーストしたところ

バースト

高速コーナーじゃなくて良かったです

さて次回、コンパウンドはグリップは落ちるけど長持ちする

コンパウンドのMHにしま~す。

MH

これ低温では全然グリップしないから、念入りにタイヤを温めないと

タイヤの温度管理が面倒なコンパウンドです。

また、午前中は一般ラジアルで、午後Sタイヤにしよ~と

何しろSタイヤは値段が高いので

70スープラだとSタイヤ4本で福沢さん15枚必要なんですよね

高すぎる~(泣)

YOKOHAMA ADVAN A048タイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>YOKOHAMA ADVAN A048

早くアジアンタイヤで安いSタイヤ出ないかな~

な~んて思っている私でした。

アジアンタイヤからでもSタイヤに匹敵するタイヤがあります

その値段の安さに驚きますよ。

コチラから⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月14

70スープラのバーストしたSタイヤでした!

タグ

2009年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ 国産Sタイヤ

YOKOHAMA ADVANのSタイヤ A050

アドバンのSタイヤ、A050にタイヤ交換

アドバンのSタイヤA050です。

A048より初期の発熱性が高いので

気温が低い時にはとっても有利です。

A050

A048の後継で、やはりグリップ力は強烈

でも~なんといっても、Sタイヤは減りが早すぎる~

コンパウンドがMでも、耐久走行会だと

1日で終わっちゃいます。

走行時間で言うと4時間です(汗)

A048のMでも6時間

どちらを選ぶかは、お財布と相談になっちゃいます。

大きいサイズになるとメチャ値段も高いし

贅沢な遊びということになりますよね!

A050

A050をホイールに組んでみると

サイドウォールもメチャ硬い~、ランフラットタイヤ並みです。

その分エアーを抜くことができる利点もありますけど

価格と持ちが、どうしても一般人向きじゃないよな~

確かにSタイヤのグリップ力を知ってしまうと

一般グリップタイヤでは物足りなさがでるけど

減らない分しょうがないよね!

でも一般グリップタイヤも、かなりグリップレベルが上がっているし

1世代ぐらい前のSタイヤぐらいのグリップ力になってきているから

あなどれないんですよね!

Sタイヤって日本独自のタイヤだから、値段も崩れない

もっと気軽に買える値段だったらいいんだけどな~

と誰もが悩んでいるところではないでしょうか

Sタイヤは値段が高くて買えない~とあきらめている方に

激安アジアンタイヤでテストしてきた私が

Sタイヤ並みのグリップ力で、値段が安いハイグリップタイヤが

実はあるんです。

アジアンタイヤからサーキットで楽しめる安いハイグリップタイヤ

サーキット走行タイヤなら⇒NANKANG NS-2

タイムアタックタイヤなら⇒NANKANG AR-1

凄いグリップですよ!

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月14

YOKOHAMA ADVANのSタイヤ A050でした。

タグ

2009年2月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ 国産タイヤ 国産Sタイヤ

JZA80スープラのSタイヤアドバンA048コンパウンドMが入荷しました。

JZA80スープラのタイヤが入荷

とくに富士スピードウェイを多く走っていたので

あっという間にタイヤがアウト

タイヤの持ちがイイ、H(ハード)コンパウンドにしたいところですが

タイヤを暖まるまで、グリップがとても悪いので

やはりMコンパウンドを選びました。

来たタイヤがコレ

1019

いや~太いですね。

とにかく値段にビックリ、

国産タイヤってなんでこんなに値段が高いんでしょう。

インチごとに値段がハンパじゃなく、つり上がる。

納得がいかないところですね

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)は

サーキットを速く走るためだけに作られているタイヤなので

タイヤの減りは、もの凄く早いです。

まずは価格を見てください

YOKOHAMA ADVAN A048のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>YOKOHAMA A048<<

価格の高いと思われた方、でも大丈夫です。

2016年いよいよアジアンタイヤからハイグリップタイヤが発売されました。

アジアンタイヤでも国産Sタイヤに匹敵するタイヤがあります。

その値段の安さに驚きますよ。

サーキットで長時間楽しむならコチラ⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックならコチラ⇒NANKANG AR-1

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月13

80スープラ号のSタイヤアドバンA048コンパウンドMが入荷しました!でした!

タグ

2006年10月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ サーキットタイヤ 国産Sタイヤ

このページの先頭へ