値段が安いアジアンタイヤでも高性能タイヤがあるんです。

国産タイヤは値段が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技があります。

今までたくさんのアジアンタイヤを試乗テストして来ました。

ウエットグリップは、まだ国産タイヤには遅れをとっていますが

ドライグリップや静粛性は、かなり高性能になっているのがアジアンタイヤです。

超円高時代、日本のタイヤメーカーは危機感から、アジア諸国の有力なタイヤメーカーと

業務提携したことにより、アジアンタイヤの性能は一気に高性能になりました。

人件費が安いこともあり、日本に入って来るアジアンタイヤは

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えてしまうという激安価格です。

私はアジアンタイヤを実際に試乗し、アジアンタイヤ性能の感想も書いています。

各タイヤカテゴリー別のタイヤランキングを作りましたので

参考にして頂けたらうれしいです。

アジアンタイヤランキング

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

グリップ力欲しいならコチラ⇒スポーツタイヤランキング

快適性無視、圧倒的なグリップ力ならコチラ⇒ハイグリップタイヤランキング

ミニバンをもっと快適に⇒ミニバンタイヤランキング

大口径でも高性能しかも低価格⇒SUVタイヤランキング

ECOタイヤを選ぶならコチラ⇒ECOタイヤランキング

軽自動車も種類が豊富コチラから⇒軽自動車タイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月13

値段が安いアジアンタイヤ!でも高性能タイヤがあるんです。でした!

タグ

2018年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング

値段が安いスポーツタイヤ探し!安くてグリップが良いスポーツタイヤ

値段が安くてグリップが良いスポーツタイヤを探してみました。

値段が安いスポーツタイヤならアジアンタイヤが種類も豊富です。

国産スポーツタイヤような高価ではありません。

値段が安いスポーツタイヤと言っても、

国産スポーツタイヤに引けを取らないグリップがあります。

始めて安いスポーツタイヤを、サーキットに持込み

サーキット走行をしてみると、激安タイヤなのに、

こんなにもグリップするのか~って驚きを隠せませんでした。

サーキットではグリップ力がタイムにハッキリ出ます。

まさか国産スポーツタイヤの同等タイムで周回できるとは思っても見ませんでした。

国産スポーツタイヤの悩みどころが値段が高いところではないでしょうか!

値段が安いアジアンスポーツタイヤなら、国産スポーツタイヤ価格の

1/3~1/4の価格で買えてしまうんですから、人気がでるのも分かります。

グリップが同等なら、値段の安いスポーツタイヤを選ぶのではないでしょうか。

値段が安くても充分楽しめるスポーツタイヤがあることを知ることができました。

タイヤ性能は、カタログでは分かりません。

タイヤを履いてみて、走らなければ実際のタイヤ性能は分からないということです。

これから紹介するタイヤは、私が実際安いスポーツタイヤに乗って

スポーツタイヤ性能が良かったタイヤを紹介します。

それぞれ値段の安いスポーツタイヤの性能レビューは、今まで試乗テストをし

一般道、高速道路、首都高でのタイヤ試乗性能評価にリンクしています。

さらにアジアンスポーツタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ 値段の安いスポーツタイヤ性能比較

Pinso Tyres PS-91

ピンソタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒Pinso Tyres PS-91

Pinso Tyres PS-91のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ピンソタイヤPS-91

ATR SPORT

ATR スポーツタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT

NANKANG NS-

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

 

ATR SPORT2

ATR スポーツ2タイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラからATR SPORT2

新たなアジアンスポーツタイヤが発売されたら、試乗テストをし

タイヤ性能のレビューをしていきます。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月13

値段が安いスポーツタイヤ探し!安くてグリップが良いスポーツタイヤでした。

タグ

2018年10月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ

アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探し

アジアンタイヤの中で、静粛性が高く乗り心地の良いタイヤをまとめました

静かで乗り心地の良いタイヤは、タイヤカテゴリーの中ではコンフォートタイヤと呼ばれています。

コンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に制作されているタイヤです。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価し、まとめています。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗しタイヤ性能を評価した

実際に試乗したタイヤ性能評価にリンクしています。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探し

NANKANG RX615

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ NANKANG RX615

NANKANG AS-1

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ NANKANG AS-1

HIFLY HF201

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ HIFLY HF201

ROADSTONE CP672

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ ROADSTONE CP672

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価です。

それぞれのコンフォートタイヤは、新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月13

アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探しでした。

タグ

2018年10月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

人気のMOMO OUTRUN M3タイヤをホイールに組込み作業

MOMO OUTRUN M3が来たのでホイールに組込みました

MOMO OUTRUN M3、イタリヤの技術で中国で生産することで

低価格を実現し大人気になっているアジアンタイヤです。

ステアリングでは認知度が高いMOMOですが

まさかMOMOがタイヤを作っていたなんて

私もMOMOタイヤを知ったのは、数年前でした。

タイヤカテゴリーはコンフォートタイヤで、静かで乗り心地の良いタイヤです。

トレッド面の美しさはもちろんですが、なんと言っても

タイヤサイドのデザインが人気の秘密なのかも知れません

MOMOのロゴが目を引きます。

とにかくサイドの仕上がりまでこだわって作ってあることが

人気なのかもしれません。

これだけの仕上がりのタイヤですが、なんと言っても

値段が安いということが、最大の魅力です。

国産車よりベンツ、BMWに履く方がとても多いです。

以前、MOMO OUTRUN M3の試乗評価はしています。

このタイヤの性能はバッチリで、大きいインチサイズでも

乗り心地を損なわないように、研究されているタイヤだということが

良く分かりました。

これだけの性能を持ち、見た目の仕上がりまでいいタイヤが

こんなに安く買えるなんて、ちょっと信じがたいのですが

実際の価格を見たら、その安さに驚くと思います。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

MOMO (モモ) OUTRUN M-3

この頃は認知度が一気に上がってきて大人気になってきています。

それは、これだけの性能を持つタイヤが

こんなに安く買えるんですから!人気になるのも分かります。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月13

人気のMOMO OUTRUN M3タイヤをホイールに組込み作業でした!

タグ

2018年9月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MOMOタイヤ コンフォートタイヤ

安くて評判の良い人気のNANKANG(ナンカン)アジアンタイヤの種類と特長評価

安くて評判の良い人気のNANKANGタイヤに実際乗った感想をまとめました。

NANKANG(ナンカン)タイヤは高性能アジアンタイヤでありながら、低価格なので絶大に支持されている激安アジアンタイヤです。

このナンカンタイヤは値段の安さだけの魅力だけではありません。

タイヤカテゴリーの品揃えの豊富さにもあり、これだけでもタイヤ性能の技術を持っているタイヤメーカーだということが分かります。

特に2016年に発売されたハイグリップタイヤは、

日本製タイヤのグリップ力を超えるタイヤも発売され

さらに人気上昇中なのがNANKANGタイヤです。

NANKANGタイヤの種類

◆NANKANG NS-25タイヤ(プレミアムタイヤ)

ナンカンNS-25タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NANKANG NS-25のタイヤデザイン

NANKANG NS-25のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS-25のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS25

◆NANKANG NS-2タイヤ(スポーツタイヤ)

ナンカンNS-2タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NS-2

NANKANG NS-2のタイヤデザイン

NANKANG NS-2のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS-2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS-2

 

◆NANKANG AS-1タイヤ(コンフォートタイヤ)

ナンカンAS-1タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

AS-1

NANKANG AS-1のタイヤデザイン

NANKANG AS-1のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG AS1

 

◆NANKANG ECO-2 +(Plus)(ECOタイヤ)

ナンカンECO-2+(プラス)タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

ECO-2+

NANKANG ECO-2+のタイヤデザイン

NANKANG ECO-2+のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンECO-2+(プラス)のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG ECO2+

◆NANKANG NS-20(プレミアムタイヤ)

ナンカンNS-20タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NS-20

NANKANG NS-20のタイヤデザイン

NANKANG NS-20のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS20

◆NANKANG NS-2R(ハイグリップタイヤ)

ナンカンNS-2Rタイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

管理人のJZA70スープラにも履いています。

すごいグリップ力に感動するタイヤです。

NS-2R

NANKANG NS-2Rのタイヤデザイン

NANKANG NS-2Rのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS2R

 

◆NANKANG AR-1(ハイグリップタイヤ)

ナンカンAR-1タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

AR-1

NANKANG AR-1のタイヤデザイン

NANKANG AR-1のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG AR1

◆NANKANG RX615(SUVタイヤ)

ナンカンRX615タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

RX615

NANKANG RX615のタイヤデザイン

NANKANG RX615のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG RX615

◆NANKANG XR611(SUVタイヤ)

 

ナンカンXR611タイヤの性能評価レビューは⇒コチラ

NANKANG XR611のタイヤデザイン

NANKANG XR611のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンXR611のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG XR611

◆NANKANG CW-25タイヤ(バン用ラジアル)

CW-25バンラジ

NANKANG CW25のタイヤデザイン

NANKANG CW25のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンCW-25のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG CW25

◆NANKANG FT-7 (スタンダードタイヤ)

NANKANG FT-7のタイヤデザイン

NANKANG FT-7のタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカン FT-7のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG FT7

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月05

安くて評判の良い人気のNANKANG(ナンカン)アジアンタイヤの種類と特長評価でした!

タグ

2018年8月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ

このページの先頭へ