安いハイグリップタイヤは無いのか?アジアンハイグリップタイヤ探し

安くてグリップするタイヤは無いのか?

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

サーキット好きな私は、タイヤ代に毎回悩んでいた経験があります。

国産ハイグリップタイヤは、値段が高く、さんざん悩みました。

ほとんど妥協して、ハイグリップタイヤではない、

スポーツタイヤを選ぶしかなく、ハイグリップタイヤを買えなかったことを覚えています。

ハイグリップタイヤを買えれば、もっと楽しくサーキットを楽しめるのに

何度も悩みました。

でも現実は高価なハイグリップタイヤ、何度も買えませんでした。

そうなんです!サーキットを走るのが好きな方の悩みはタイヤ代

消耗品であるタイヤは、最も価格が高いメンテナンス品なんです。

サーキットで足回りのセッティングが決まってくると

最後にタイムに関わるところは、タイヤのグリップだけになるんです。

ですから、どれだけグリップするタイヤを履くかに掛かってくるんですよね!

サーキット走行の楽しみは、なんと言ってもタイムの短縮です。

自分のドライビングテクニックが、タイムに出る場所がサーキットだからです。

ですが、お金が無いからとあきらめている方も多いと思います。

でも今の時代は、低価格でもハイグリップタイヤが履ける時代になりました。

安いハイグリップタイヤがあるんです

NANKANG AR-1

タイヤカテゴリー:ハイグリップタイヤ

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

NANKANG NS-2R

タイヤカテゴリー:ハイグリップタイヤ

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

フェデラル595RSRRタイヤ

595RS-RR(ゴーキュウゴアールエス アールアール)は、

炎を彷彿させるトレッドパターンは、究極のハンドリングとコーナリング性能を実現し、

最新技術を結集させたFEDERAL史上最強のハイグリップタイヤです。

新開発のポリマー材でタイヤの剛性と耐摩耗性を強化するとともに、

タイヤの熱効率を改善し、短時間でベストなコンディションにします。

フェデラル595RSRRのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

NANKANG CRSタイヤ

CR-S(シーアールエス)は、

タイムアタック、サーキット競技などのクラブユーザー向けに専用設計された
トレッドウェア200のエクストリームパフォーマンスタイヤです。
左右非対称パターンを採用、トレッド剛性を強化することで最大限のグリップ力を生み出し、
ダイレクトなステアリングレスポンスにより機敏でスポーティな走行が味わえます。
さらに、サイドウォールには耐熱性の高いアラミド繊維を使用し、
安定したハンドリングと操舵性を発揮します。
コンパウンド表記TREADは200です。


ナンカンCRSのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

価格が安いのに高性能なアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技、

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

海外ブランドタイヤを直輸入しオンラインで販売してくれます。

コチラも参考にしてください。

快適性無視、圧倒的なグリップ力ならコチラ⇒ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年05月25日

安いハイグリップタイヤは無いのか?アジアンハイグリップタイヤ探しでした!