サーキットに使える激安アジアンタイヤ!サーキットテストして来ました

サーキットに使える激安アジアンタイヤ

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

激安アジアンタイヤの中でグリップ性能が、バッチリなスポーツタイヤをご紹介!

アジアンタイヤテストはショートサーキット、コース内にアップダウンのある、

タイヤには過酷なヒーローしのいサーキットでテストしました。

しかも長時間走行で耐えるかもテストしていますよ。

安いアジアンタイヤなんですが、サーキットを走れるタイヤはあるんです。

今まであらゆるアジアンタイヤのなかのスポーツタイヤをテストして来ました。

あくまでも『スポーツタイヤ』としてのランキングです。

激安ハイグリップタイヤもご紹介します。

スポーツ゚タイヤランキングですが、50分連続走行しても

ブロック飛びがないタイヤというもの条件に入っています。

タイムはほんの少し速いタイムのタイヤも確かにありましたが、そのほとんどのタイヤ

30分以上連続走行すると熱ダレでブロック飛びがおきていて、その後はタイムダウンしたため

楽しめないということに!1日フリー走行には耐えないタイヤなので、あえて外してあります。

サーキットタイムアタックのタイヤランキングではありません。

アジアンタイヤでタイムがある程度良く、長時間安定して走れた順のランキングスポーツタイヤ編

1位 DAVANTI PROTOURA SPORT

PROTURA SPORT(プロトゥ-ラスポーツ)は、

原料に含まれるシリカの特殊配合技術と最新式のトレッド設計技術を組み合わせ開発されました。

そして、新シリカコンパウンドを採用し、トレッド設計方法までこれまでの開発技術を一新。

より優れたグリップ性能や操作性能、快適な乗り心地を実現することができます。

プロトゥ-ラスポーツのタイヤサイズと価格は⇒コチラ

 

2位 FINALIST 595 EVO

595 EVO(ゴーキュウゴ エボ)は、ドライとウェットで優れた性能を発揮するタイヤです。

3Dテクノロジーで設計された対称のV字型トレッドは、スポーティな外観と非常に効率的な

排水システムを備えており、濡れたアスファルトをしっかりとグリップし、ハイドロプレーニングのリスクを

最小限に抑えます。そして、絶妙なコーナリング性能とドライグリップ性能を備え、高速域でも

コントロール性能に優れています。

595 EVOのタイヤサイズと価格は⇒コチラ

3位 NANKANG NS-2

タイヤサイズと価格はコチラ⇒ナNANKANG NS-2

ナンカンNS2

ます考えてもらいたいのが、国産グリップタイヤ1本分で

アジアンタイヤだと4本買えて、さらにお釣りがきちゃうところです(笑)

サーキットを楽しむと、どうしてもタイヤ代とブレーキパッド代がかかりますよね!

これサーキット好きには、本当に悩みどころです。

タイヤ代を安く済ませるため、アジアンタイヤをテストしてきましたし

これからも、テストしていきます。

アジアンタイヤの中で、『スポーツタイヤ』と呼ばれているタイヤです。

さて、値段は激安だけどサーキットで使えるのか?

 

NANKANG NS-2タイヤ サーキット性能評価

ナンカンNS2 サーキット

NANKANGタイヤのスポーツタイヤは

サーキットではどうなのか?

タイヤのトレッドパターンを見ると、ブロックが小さいので

曲がるのか~と思っていましたが

これが結構曲がってくれます(笑)

タイムは51秒台ですが、バランスはとてもイイです。

しかもブロック飛びもないし、減らない・・・(驚)

ここまで楽しめて、減らないタイヤも珍しいです。

溶ける温度になると、かなりグリップは下がりますが

値段を考えると、出来すぎです。

タイムアタックには向きませんが、1日楽しく走れる性能を

持っていたとは、チョットビックリでした。

NANKANG NS-2タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ ナンカンNS-2

 

もっとグリップ力が欲しい、本格的にサーキット楽しむなら

NANKANG NS-2R

このタイヤ私のお気に入りです。

ナンカンNS2R サーキット

ハイグリップタイヤとしては、価格が安いところが、うれしいです!

このNANKANG NS-2Rは、これからサーキット走行会の支流タイヤになりますね。

あまりのグリップの高さに思わず、管理人の70スープラにも履かせました。

このNANKANG NS-2Rのグリップ力と横剛性はハンパではありません。

サーキットなら、間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力はトップクラスです。

タイヤカテゴリー的には、完全にハイグリップタイヤのカテゴリーに入ります。

国産ハイグリップタイヤですと、ネオバ、R1R、ディレッツァ、ポテンザと言ったタイヤです。

横剛性、コントロール性、グリップ力、速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤが

ハイグリップタイヤです。

そしてNANKANG NS-2Rは、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入り

なおかつ、国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんが

かなりグリップ性能が高く、サーキットを楽しむには最高のタイヤです。

さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。

でもSタイヤの新品溝は5mm、NANKANG NS-2Rの溝は8mmと

Sタイヤと比べると、ライフがまったく違います。

本当にSタイヤって、あっという間になくなりますから(汗)

NANKANG NS-2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方は

しないので安心してください。

でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありません!

サイズラインナップも豊富なのがうれしいです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ナンカンNS-2R

サーキット1日フリー走行でも安定して

使えるアジアンタイヤの紹介でした。

激安アジアンタイヤで、さらにサーキットでタイムアタックするなら

NANKANG NS-2Rのさらに上を行くグリップ力を持つ

ハイグリップタイヤがあります。

NANKANG AR-1

ナンカンAR1 サーキット

NANKANG AR-1のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

ダヴァンティプロトゥーラレース

PROTURA RACEのトレッドパターンを見ただけで、ハイグリップを意識して作られたタイヤということが分かりますね。

PROTURA RACE(プロトゥ-ラレース)は、優れたブレーキング力とパワフルな加速力を実現するハイグリップなニューコンパウンドを採用。

さらに、ウェット路面では優れたコントロールを発揮する方向性パターンを取り入れており、サーキットからストリートまで対応

(トレッドウェア200)のリアルスポーツタイヤです。

PROTURA RACEのタイヤサイズと価格は⇒コチラから

NANKANG CRSタイヤ

CR-S(シーアールエス)は、

タイムアタック、サーキット競技などのクラブユーザー向けに専用設計された
トレッドウェア200のエクストリームパフォーマンスタイヤです。
左右非対称パターンを採用、トレッド剛性を強化することで最大限のグリップ力を生み出し、
ダイレクトなステアリングレスポンスにより機敏でスポーティな走行が味わえます。
さらに、サイドウォールには耐熱性の高いアラミド繊維を使用し、
安定したハンドリングと操舵性を発揮します。

ナンカンCRSのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

今回のハイグリップタイヤランキング

しかも、国産S(セミスリック)タイヤの1/2~1/3の価格で買えてしまいます。

サーキットでタイムアタックしベストタイムを出したい方は

こちらを参考にしてください⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

このハイグリップランキングは、

サーキットで30分間タイムアタックし

ベストタイム順にランキングしました。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年05月20

サーキットに使えるアジアンタイヤでした!