安くて評判の良い人気アジアンプレミアムタイヤランキング

安くて評判の良いアジアンプレミアムタイヤはどれ?

プレミアムタイヤとは、コンフォートタイヤにスポーツタイヤの性能を持つ

タイヤの中で最も贅沢な性能を兼ね備えたタイヤです。

プレミアムタイヤとは⇒『高級、上等』のタイヤという意味になります。

各タイヤメーカーの技術の結晶がプレミアムタイヤに生かされています。

プレミアムタイヤランキングと実際に試乗したタイヤ性能の感想を書いています。

リンクは、一般道、高速道路、首都高速を試乗した実際の感想にリンクしています

アジアンプレミアムタイヤ人気ランキング

1位:ROADSTONE N8000

試乗感想レビューはコチラ⇒ ROADSTONE N8000

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N8000

2位:NANKANG NS-20

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG NS-20

NS20

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS20

3位:NANKANG AS-2 +(Plus)

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-2 +(Plus)

ナンカン AS-2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS2+(Plus)

トータル性能を追い求めた贅沢なプレミアムタイヤの試乗した感想も、ぜひ参考にしてくださいね!

タイヤ選びで、どれがイイのか迷ってしまうなら、プレミアムタイヤを選べば

間違いありません。

国産プレミアムタイヤは、かなり値段が高いので、値段で悩んでしまいますが

アジアンタイヤのプレミアムタイヤなら、国産プレミアムタイヤの

1/3~1/4の値段で買えてしまうので、

価格的にも魅力があると思います。

アジアンタイヤのプレミアムタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考に!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

更新日:2020年06月04日

安くて評判の良い人気アジアンプレミアムタイヤランキングでした。

タグ

2020年3月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング プレミアムタイヤ

安くて評判の良い人気のROADSTONE(ロードストーン)アジアンタイヤの種類と特長評価

安くて評判の良い人気のROADSTONE(ロードストーン)タイヤに実際乗った感想をまとめました。

低価格でありながら高性能なタイヤがROADSTONEタイヤ

日本でも高評価で評判になっているのがアジアンタイヤの中でも人気のROADSTONE(ロードストーン)タイヤ

ロードストーンタイヤの魅力は価格が安いだけではありません。

韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、

主に欧米市場に販売されているタイヤで

ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤなのです。

アメリカで販売されるタイヤは、規格がとても厳しいです。

即裁判になるのがアメリカだからです。これだけでも

アメリカで販売しているROADSTONEタイヤが高品質であるという証です。

ROADSTONタイヤの種類

ROADSTONE N8000

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(16インチ~20インチ)

ROADSTON N8000タイヤ評価レビューは⇒コチラから

ROADSTONE N8000タイヤサイズと価格は

コチラから⇒N8000

ROADSTONE N5000Plus

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(16インチ~22インチ)

ROADSTON N5000Plusタイヤ評価レビューは⇒コチラから

ROADSTONE N5000Plusのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N5000 Plus

 

ROADSTONE EUROVIS SPORT 04

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(15インチ~19インチ)

ROADSTON EUROVIS SPORT 04タイヤ評価レビューは⇒コチラから

ROADSTONE EUROVIS SPORT 04のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒EUROVIS SPORT 04

ROADSTONE CP672

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(13インチ~18インチ)

ROADSTONE CP672タイヤ性能評価は⇒コチラから

ROADSTONE CP672のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE CP672

ROADSTONE N blue ECO SH01

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(13インチ~18インチ)

ROADSTONE N blue ECO SH01タイヤ性能評価は⇒コチラから

ROADSTONE N blue ECO SH01のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N blue ECO SH01

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考に!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

更新日:2020年06月04日

安くて評判の良い人気のROADSTONE(ロードストーン)アジアンタイヤの種類と特長評価でした!

タグ

2019年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ROADSTONEタイヤ

安くて静粛性の良いコンフォートおすすめタイヤはコレだ!

値段が安くて、静粛性があるアジアンタイヤもあるんですよ。

タイヤはある速度を超えると、走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も試乗テストして選んでいます。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしていますので、参考にして頂けたらと思います。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

安くて静粛性の良いコンフォートタイヤ性能比較!

NANKANG(ナンカン)RX615

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

ROADSTON(ロードストーン)CP672

試乗感想レビューはコチラ⇒ ROADSTON CP672

ロードストーン CP672のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE CP672

NANKANG(ナンカン)AS-1

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-1

HIFLY(ハイフライ)HF201

試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF201

ハイフライHF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF201

RADAR(レーダー)RPX10

試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR RPX10

レーダーRPX10のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ RADAR RPX10

それぞれのコンフォートタイヤは、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

タイヤ選び、タイヤ交換の参考にしていただければ、うれしいです。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

コチラも参考に!

私もアジアンタイヤの価格を始めて見た時は、あまりの安さにビックリしました。

きっとアジアンタイヤの値段を見たら、その安さに驚きます!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

更新日:2020年06月04日

安くて静粛性の良いコンフォートおすすめタイヤはコレだ!でした!

タグ

2019年4月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

スタッドレスタイヤから夏タイヤの履き替え時期はいつ?

スタッドレスから夏タイヤに履き替えるタイミングですが

車の仕事上、毎年のパターンを分析すると、気温が20度を数日超えると

冬タイヤから夏タイヤに履き替える需要が出てきます。

逆に夏タイヤから冬タイヤに履き替える毎年のパターンですが

気温が15度を数日切ると、夏タイヤから冬タイヤに履き替える需要が増えます。

なぜ気温5度の開きがあるのかは、わかりませんが

毎年のデーターを分析すると、このような結果になります。

ちなみに、私は神奈川県の都内よりで、山が無い地域ですので、

山沿いの地域とは、まったく違うので、このデーターは当てになりません。

さて、スタッドレスタイヤから、夏タイヤに履き替えようとしたら

タイヤが摩耗している、3年履いたのでヒビが入っている等

タイヤを新品に買い替えないといけない状況になった事ありませんか?

18インチ以上のタイヤサイズになると、4本で10万円超えの出費に(汗)

国産タイヤを選んだ場合はですが・・・

そこで新たなタイヤ選択技があります。

安くても高性能なタイヤは実はあるんです

私も履いている、アジアンタイヤです。

サーキットを走るのが好きなので、ハイグリップタイヤを選んで履いていますが

国産ハイグリップタイヤをしのぐ、グリップを持っているのには驚きました。

一般の方が履くタイヤではありませんが

こんなタイヤです。

さらに値段が国産ハイグリップタイヤの1/3の価格で履けてしまうのが、メチャうれしいです。

ハイグリップタイヤに限らず、コンフォートタイヤや、プレミアムタイヤも、もちろんありますので

一度、その驚きの安さを、確かめてください。

静かで乗り心地が良いタイヤはコチラから⇒アジアンコンフォートタイヤランキング

トータル性能が高いタイヤはコチラから⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

コチラも参考に!

私もアジアンタイヤの価格を始めて見た時は、あまりの安さにビックリしました。

きっとアジアンタイヤの値段を見たら、その安さに驚きます!

↓↓↓↓激安アジアンタイヤ入口はコチラから↓↓↓↓

更新日:2020年06月04日

タグ

2019年3月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識

アジアンタイヤ性能研究室は、試乗したタイヤ評価感想を書いています。

アジアンタイヤ性能研究室にアクセスしていただき、ありがとうございます。

アジアンタイヤも年々タイヤ性能が飛躍的にアップし、

国産タイヤと同等レベルまたは、タイヤのグリップでは超えるタイヤも出てきました。

ハイグリップタイヤで国産タイヤを超すタイヤが出てきたのには驚きました。

しかも値段が安いのですから、アジアンタイヤが人気になるのも分かります。

個人の趣味として、サーキット好きな私は、タイヤ代に毎回悩んでいた過去があります。

安くてグリップするタイヤは無いのか?さんざん悩みました。

国産タイヤの場合、グリップ=値段が高いに比例してしまい

S(セミスリック)タイヤは、値段が高く、グリップする分

摩耗が早く、お金が追いつかない状態でした。

サーキット仲間からも、同じ悩みが聞かれるようになり

激安のアジアンタイヤはどうなの?

安くてグリップするタイヤは無いのという意見から

アジアンタイヤ性能テストをすることに決めました。

もう15年以上前から、イロイロなアジアンタイヤを性能テストし

これからも皆さんの、お役に立てるよう

アジアンタイヤを試乗しタイヤ性能評価感想を書いていきたいと思います。

2019年は、平成が終わる年でもありますが、

新たな元号になる、節目の年でもあります。

より高性能なアジアンタイヤが発売されるかは、まだ分かりませんが

試乗できることを楽しみにしています。

それでは、タイヤに興味をお持ちの皆さん

宜しくお願い致します。

更新日:2020年06月04日

タグ

2019年1月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ