Economist(エコノミスト)ATR-K タイヤ性能 評価 感想 比較 レビュー

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤ

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(14インチ~18インチ)

ekonomisutoATR-K

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤの性能

経済性、耐久性に優れたタイヤです。

転がり抵抗を抑えると共に、耐久性を高めるロングライフ設計により、

優れた燃費性能と経済性を発揮します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

Economist ATR-Kのタイヤデザイン

Economist ATR-Kのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

Economist ATR-Kの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

Economist(エコノミスト) ATR-K ECOタイヤ性能評価比較レビュー

試乗してみると、とってもマイルドな乗り心地のタイヤです

静かさもなかなかのタイヤで、不満は全くありません。

スタンダードタイヤ(標準タイヤ)ということなのですが

アクセルオフの時に、なかなか速度が落ちない

これECOタイヤの特徴を持っているタイヤです。

ラベリングの転がり抵抗AAまで届かないぐらいの

このがり抵抗かな、タイヤカテゴリーがスタンダードでしたが

ECOタイヤでもイイような転がり抵抗です。

さてコーナーですが、攻めるタイヤではありません

コーナー途中で腰砕け感が出てしまいますが

グリップ力は、スタンダートタイヤとしては

高いタイヤです。

 

Econmist ATR-Kタイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ Econmist ATR-K

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

Economist(エコノミスト) ATR-K タイヤ性能 評価 レビューでした。

タグ

2017年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ ECOタイヤ

S(セミスリック)タイヤの説明

S(セミスリック)タイヤの簡単な説明です。

サーキット好きメンバーから、そろそろSタイヤを

履いてみたいんだけどという質問が・・・

Sタイヤは一般ラジアルタイヤと同じ感覚で使われると危険なので

Sタイヤの簡単な説明をしますね。

Sタイヤは、サーキット専用に作られているタイヤです。

基本的にタイヤのコンパウンドは

S(ソフト)M(ミディアム)H(ハード)に別れていて

走行時の気温、路面温度と、走行時間の摩耗予測により

どのコンパウンドを選ぶか選択しています。

S(ソフト)の方が低温からグリップ力が出ますが、摩耗が早いタイヤで

主にジムカーナやタイムアタックに使われます。

H(ハード)低温時はグリップ力が出ませんが。高温になるとグリップを発揮し

摩耗が少ない特徴を持っています。

主に長時間レースや耐久レースに使われます。

M(ミディアム)はSとHの中間ということになります。

他にもSS(スーパーソフト)やMH(ミディアムハード)等の温度域の

コンパウンドもあります。

基準になるのが、S・M・Hになります。

Sタイヤの一般公道使用は法律的にはOKなのですが

Sタイヤはグリップする温度域が狭いので、

一般公道での安全性が少なく、特にウエットがタイヤの温度が

上がらないためとてもグリップが弱いタイヤなんです。

Sタイヤは、さらにタイヤを軽くするため、新品時のタイヤの溝が浅く

5mm程度しかありません、一般タイヤは7~8mmあります。

あくまでSタイヤはサーキット専用で作られていますので

一般公道を安全に走行できるようには作られていないことも

知っておいて欲しいと思います。

一般ラジアルタイヤのように。何年も使えるタイヤではなく、

サーキットでは何時間で終わってしまうタイヤがSタイヤです。

内部構造もタイヤを軽くするためトレッド面の強度も

一般ラジアルタイヤより少ないタイヤです。

タイヤが摩耗し、スリップラインが出ると

チョット大きな石を踏むだけでもパンクしていしまいます。

これは一般公道用のラジアルタイヤでは、まずありえないことですが

Sタイヤでは当たり前におきてしまうの事なんです。

サーキットを限られた時間、速く走ることを目的に作ってあるタイヤが

Sタイヤなので、

パンクに強いとか、何年の耐久性とかでは作られていないのが

Sタイヤということを覚えておきましょう。

Sタイヤは一般公道には不向きなタイヤであることを知って頂きたいと思います。

私もSタイヤを履き、何度もサーキット走行会後の帰り道に

バーストし怖い思いをしていますので(笑)

ですのでサーキットに行ったら、Sタイヤに履き替え

走り終えたら、一般タイヤに履き替えるが正解だと思っています。

Sタイヤは摩耗が早いし、もっとも頭を悩ませるのが

値段です。とにかく値段が高い

走り終えると、次回のタイヤはどうしよう・・・

お財布との相談です。

そこで、うれしい情報があります。

一般公道でも安全性が確保されていて

グリップ力がSタイヤ並のハイグリップタイヤ

しかも値段が安いタイヤがあるとしたら

知りたくなりますよね。

コチラです⇒NANKANG AR-1

これでもタイヤの値段が高いなら

私も履いています。

コチラです⇒NANKANG NS-2R

S(セミスリック)タイヤの説明でした

追伸

サーキットで使えるアルミセットはコチラから

NANKANG AR-1アルミセット

NANKANG NS-2Rアルミセット

タイヤ性能レビューはコチラから

NANKANG AR-1タイや性能レビュー

NANKANG NS-2Rタイヤ性能レビュー

 

 

タグ

2017年8月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ

NANKANG(ナンカン)AR1 タイヤサイズ

NANKANG(ナンカン) AR-1

NANKANGタイヤの最強ハイグリップタイヤがNANNKANG AR-1です。

NANKANG AR-1のタイヤサイズも徐々に増えてきています。

インチサイズは13インチ~18インチです。

サーキットを楽しむため方には、タイヤサイズが増えるのは

嬉しいですよね。

NANKANG AR-1サイズ

発売されているAR-1がインチサイズで検索できます。

あなたの車に合ったタイヤサイズが見つかるとイイですね。

NANKANG AR-1インチサイズ検索

13インチサイズは⇒コチラから

14インチサイズは⇒コチラから

15インチサイズは⇒コチラから

16インチサイズは⇒コチラから

17インチサイズは⇒コチラから

18インチサイズは⇒コチラから

サーキットに持ち込んで履き替えたか方には

NANKANG AR-1ホイールセットがベストです。

コチラから⇒NANKANG AR-1アルミセット検索

NANKANG AR-1のサイズ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG(ナンカン)AR1 サイズでした

タグ

2017年8月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ サーキットタイヤ

アジアンタイヤメーカー10選 おすすめ激安輸入タイヤ

アジアンタイヤメーカー10選 おすすめ激安輸入タイヤ

アジアンタイヤは性能が悪いのか?経験上、確かに10年以上前のアジアンタイヤは、

悪かったですが、今のアジアンタイヤは技術の進歩により、国産タイヤに引けをとらない

高性能タイヤになっています。アジアンタイヤの性能が悪いというのは、

もはや過去の話です。

今では、国産タイヤのグリップ力を超える

アジアンタイヤも出てきています。

おすすめアジアンタイヤメーカー10選のご紹介

NANKANG(ナンカン)タイヤ

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞しています。

世界170ヶ国での販売実績が証明するキングオブアジアンタイヤが

NANKANG(ナンカン)タイヤです。

タイヤの種類が豊富で、一般タイヤから、サーキットタイヤまで揃っている

タイヤメーカーです。

 

 

 

ATR RADIALタイヤ

世界のレースシーンで、その高いパフォーマンスを証明し続ける

インドネシアのATRradial。

ドリフトユーザーから一般ユーザーまでを魅了する品質とラインナップは、

世界100ヶ国で愛用されています。

欧州サッカーのトップチームであるPSG(パリサンジェルマン)の

オフィシャルタイヤパートナーとしても有名です。

ATR SPORTタイヤは、スポーツタイヤを得意とするタイヤメーカーです。

 

NEXEN(ネクセン)タイヤ

韓国を代表する大手タイヤメーカーNEXEN。

革新的な技術と品質の高さが評価され世界の自動車メーカーが

純正装着タイヤに採用しています。

欧州サッカーのトップチームであるマンチェスターシティの

オフィシャルパートナーとしても有名です。

ネクセンタイヤは、タイヤ性能はもちろんですが

タイヤのデザインまでこだわるタイヤメーカーがネクセンタイヤです。

 

MOMO(モモ)タイヤ

ステアリングをはじめ、長年のレース経験で培われた技術と経験を取り入れた

自動車パーツで有名なイタリアのブランドMOMO(モモ)。

MOMOタイヤはサイドウオールの美しさまで追及している

タイヤメーカーがMOMOタイヤです。

 

HIFRY(ハイフライ)タイヤ

高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現し、

北米、ヨーロッパをはじめ世界各国で 販売されている人気ブランドHIFLY。

アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

低価格でありながら、高性能な実力をもつタイヤメーカーで

日本で人気急上昇中のタイヤメーカーがハイフライタイヤです。

 

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX。

乗用車からトラック・バス用まで幅広いラインナップを

世界85ヶ国以上で販売しているのがジーテックスタイヤです。

 

MINERVA(ミネルバ)タイヤ

ヨーロッパで愛されて100年。

ベルギー発の歴史的グローバルタイヤブランドMINERVA。

ヨーロッパをはじめアジアなど世界52ヶ国以上で

販売されているのがミネルバタイヤです。

 

MAXTREK(マックストレック)タイヤ

MAXTREK(マックストレック)は中国のタイヤメーカーです。

顧客満足度を追求しているタイヤメーカーが

マックストレックタイヤです。

 

 

 

Radar(レーダー)タイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR。

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドが

レーダータイヤです。

 

PINSO(ピンソ)タイヤ

ATR SPORTの第二ブランドが、PINSOタイヤです。

スポーツタイヤに特化したタイヤブランドです

タグ

2017年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アジアンタイヤメーカー

NANKANG(ナンカン) AS-1の21インチタイヤをリバースホイールに組込み作業

NANKANG(ナンカン) AS-1の285/30R21タイヤをリバースホイールにセット

ポテンザS001からナンカンAS-1に組み換え作業

さすがにここまでのタイヤサイズになると大きいです。

タイヤを組むのはイイのですが、今まで履いていたタイヤを

ホイールから外すのは大変です。

しかも履いていたのが、ポテンザのS001

このサイズになると、メチャサイドが硬いです。

ポテンザS001で285/30R21の値段を調べてみたら

マジですか~・・・とても買えるような値段ではありません。

1本でもビックリプライスですね。

激安アジアンタイヤのNANKANG(ナンカン) AS-1なら4本でも

ポテンザS001の1本の値段でお釣りがきちゃいます。

そうなんです。NANKANG(ナンカン)タイヤもそうですが

アジアンタイヤはインチが大きくなっても、

国産タイヤのように値段が跳ね上がらないところが

アジアンタイヤの魅力の一つなんです。

さて作業に戻ります。

NANKANG AS-1を組みます。

組み終わったら、エアーを入れてバランスを取ればタイヤ交換作業は

終了です。

さすがに21インチともなると

ホイールの強度が必要になるので、重たいです。

このホイールBBSのリバースホイールですが

鍛造ホイールでも、強度を保つため

厚く作ってあるので、重量がありますね。

この頃ビックサイズのタイヤでも

スポーツタイヤではなくコンフォートタイヤを選ぶ方が増えています。

なぜかというと、インチが大きくなるとタイヤの偏平率が関係してしまい

乗り心地と静粛性が失われてしまいます。

でもグリップ力は、タイヤ幅が広いので、グリップしてしまうという

メリットが生まれるんです。

そこで静かで乗り心地の良いコンフォートタイヤを選ぶ方が

増えているようです。

このNANKANG AS-1の21インチタイヤを街中で試乗しましたが

21インチでも静かだったのには、驚きました。

普通19インチ以上はうるさくなって当然なんですが

NANKANG AS-1はビックサイズはかなりイイですね。

NANKANG(ナンカン) AS-1はサイズも豊富なので、その点で

ビッグサイズで人気が出てきているのでしょう。

NANKANG(ナンカン) AS-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-1

ビックサイズのタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

21インチ NANKANG AS-1をリバースホイールに組込み作業でした

タグ

2017年8月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ