RADAR(レーダー) Dimax R8+タイヤの感想 アジアンタイヤ

アジアンタイヤ RADAR(レーダー)DimaxR8+タイヤの感想です。

今回はビッグサイズの255/40R18です。

前回は19インチの試乗でしたが

今回は18インチなので、19インチ同様

乗り心地は期待できませんが!

タイヤメーカーさんのセールストークです。

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインは

ドライとウェットに優れたグリップを提供します。

耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

ということです。

街中を試乗してみると

多少ゴツゴツ感はありますが

ここは18インチなので、当たり前かなというところです。

静かさに関しては、かなりレベルの高いタイヤです。

結構18インチぐらいになると、パターンノイズが

気になるのですが、RADAR(レーダー)DimaxR8+は

全くと言っていいほど気になりません。

RADARタイヤには、ミニバンに人気の RPX800というタイヤがあります。

これもレベルが高くて、低価格なので

アジアンタイヤの中で、ミニバンタイヤ支持率NO1のタイヤです。

そのようなRADARタイヤが生産しているDimaxR8+タイヤは

やはりレベルが高い性能を見せてくれています。

19インチでもレベルが高いタイヤだな~って思っていましたが

18インチのマッチングは車にとってもかなり良いです。

19インチの突き上げ感は、全くないし

コーナーでのクイックさとヨレない応答性は

かなり満足度が高いと思います。

どちらかというとビックサイズの車に

履いてもらいたいタイヤですね。

レーダーDimax R8+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR Dimax R8+

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月26

RADAR(レーダー)DimaxR8+タイヤの感想でした!

タグ

2018年10月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:RADARタイヤ

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗性能評価レビュー

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)

タイヤサイズ(17インチ~26インチ)

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインは

ドライとウェットに優れたグリップを提供します。

耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

というメーカーさんのセールストークです。

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビュー

さてDimax R8+というタイヤはどんなタイヤなのでしょう。

試乗してみました。

今回試乗したのは19インチなので、乗り心地が気になるところですが

どうなのでしょう。

一般道を走ってみると、静かさはピカイチです

乗り心地は、ちょっと硬さが目立ちますが、

いやな突き上げ感ではありません。

どちらかというと、スポーツに振っている硬さという感じです。

コーナーを攻めてみると、これがとってもイイ感じのグリップ力があるね!

う~ん、これは一般道では、性能が有りすぎるかも

という事で、高速道路へGOです

速度が上がっても、静かさは保っています

そして一般道では、ちょっと硬さが目立っていましたが

高速では、これがとてもイイ感じです。

そして直進性がこれまたイイです。

何しろ直進性の悪いタイヤは、高速道路は疲れるので!

このRADAR Dimax R8+タイヤは、どちらかというと

高速道路の方が得意かも、という事で

一番タイヤ性能が分かる、首都高へ

まず首都高の継ぎ目ですが、硬さは感じません

乗り越えた後の収まりががとてもイイです。

さてコーナーですが、切り初めの反応はOKとってもシャープです。

コーナーを攻めてみると、やはりかなりグリップ力ありますね。

スポーツタイヤのグリップ力はありますが

コーナー中、左足ブレーキで前荷重にすると

ちょっと、リヤが抜けるかな、かなり過激な運転の事なので

一般的には、かなり優等生のタイヤには間違いありません。

トータル性能から判断すると、プレミアムタイヤまでは

行かない感じです。コンフォートスポーツタイヤが

RADAR Dimax R8+タイヤの性格でした。

でもトータル性能はかなり高いのは驚きました。

ココがスゴイ優れているというところがなく

タイヤ性能をトータルで持っているというタイヤでした。

どちらかというと、高速道路を良く使う方にオススメのタイヤです。

タイヤサイズが豊富で値段が安くてここまでの性能なら納得です!

レーダーDimax R8+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR Dimax R8+

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月25

RADAR Dimax R8+タイヤ試乗 性能 感想レビューでした!

タグ

2017年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:RADARタイヤ コンフォートタイヤ シンガポール製タイヤ スポーツタイヤ

アジアンコンフォートタイヤランキング コンフォートタイヤ性能比較

アジアンタイヤ コンフォートタイヤランキング

コンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に作られているタイヤです。

コンフォートタイヤとは⇒『快適なタイヤ』という意味になります。

コンフォートタイヤランキングでは、タイヤ性能評価の中の静粛性乗り心地の2に重点をおき

試乗評価ランキングしています。

もちろんプレミアムコンフォートタイヤも含みます。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価しています。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしています。

コンフォートタイヤは、静かさと乗り心地を重視したタイヤです。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

コンフォートタイヤランキング アジアンコンフォートタイヤ性能比較!

1位 DAVANTI DX390

試乗感想レビューはコチラ⇒DAVANTI DX390

DAVANTI DX390のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

2位 MOMO OUTRUN M3

試乗感想レビューはコチラ⇒ MOMO OUTRUN M3

MOMO OUTRUN M-3

MOMO OUTRUN M3のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

3位 NANKANG RX615

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

位 HIFLY HF805

試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF805

hiflyhf805

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

5位 NANKANG AS-1

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1
nankangas1

NANKANG AS-1のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

6位 RADAR Dimax R8+

試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR Dimax R8+

RADAR Dimax R8+

RADAR Dimax R8+のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価ランキングです。

それぞれのコンフォートタイヤは、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月24

公開日:2016年05月11日

アジアン コンフォートタイヤ性能ランキング!アジアン コンフォートタイヤ性能比較でした。

 

タグ

2016年5月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ タイヤランキング

このページの先頭へ