激安アジアンスタッドレスタイヤの中で低価格で高性能なのはどのタイヤ?

高性能アジアンスタットレスタイヤはどのタイヤ?

オススメのアジアンスタッドレスタイヤは

NANKANG ESSN-1です

インチサイズは12インチ~19インチまで

ほとんどのタイヤサイスが揃っていますし

低価格なのに高性能というところが魅力です。

NANKANG ESSN-1のタイヤデザイン

NANKANG ESSN-1のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG ESSN-1スタッドレスタイヤの性能は

実はこのスタッドレスタイヤの開発は

NANKANGタイヤメーカーさんが、北海道で何度も研究を重ね

日本に合ったスタッドレスタイヤを開発したのです。

雪道、凍結路面はもちろん、日本人は求めるニーズが高く

ドライ路面のグリップ性能と、なんといっても

静かさを求めていたので

これに対応するための研究を積み重ね

雪のないドライ路面では、コーナーで腰砕けがなく、

グリップ力も高く、そして静かなスタッドレスタイヤに

仕上げてきました。

凍結路ではトレッド面の材質に天然カーネルパウダーを使用する事で、

氷上での摩擦力を強め、アジアンスタッドレスタイヤの中では

ダントツな高性能を発揮してくれました。

非降雪地域にお住まいの方は、ほとんどがドライ路面なので

スタッドレスタイヤでもコーナリング性能、直進安定性、

そして快適性が求められます

このNANKANG ESSN-1は、そのニーズに答えてくれた

スタッドレスタイヤです。

NANKANG ESSN-1タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG ESSN-1

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月14

アジアンタイヤ性能研究室の管理人が選んだ高性能アジアンスタットレスタイヤの紹介でした!

タグ

2017年11月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ スタッドレスタイヤ

NANKANG(ナンカン)AR-1アルミセット インチ別に選べます。

ナンカンタイヤAR-1のアルミホイールセットです。

サーキット用タイヤとして人気が急上昇中のNANKANG AR-1

ナンカンタイヤの最強ハイグリップタイヤです。

NANKANG AR1

でもNANKANG AR-1を履いた方から、こんな意見も

サーキットではグリップが抜群で思いっきり楽しめるタイヤなんですが

一般道に戻ると、やはり快適性がなく、うるさいタイヤなので

履きたいとは思わないんだよね。

なので、一般道はスポーツタイヤで、

サーキットでは、NANKANG AR-1というパターンにしたいという意見が

とても多いです。

そうなるとやはりタイヤアルミセットが必要になります。

サーキット好きで、1日フリー走行会だと

私のように、午前中スポーツタイヤ、午後にハイグリップタイヤというように

2種類のタイヤをサーキットで楽しめるパターンになると思いますが(笑)

ということで、サーキット走行なのでタイヤはすぐ減って

買い替えになると思うので!

NANKANG AR-1のタイヤホイールセットをインチ別で紹介します。

NANKANG AR-1アルミホイールセットはコチラ

サーキットを楽しみたい方、一般道でも使えるハイグリップタイヤのアルミセットです。

NANKANG AR-1を一般道で使用するには、それなりの覚悟が・・・

乗り心地が悪く、パターンノイズがうるさい、グリップオンリーのタイヤです。

快適性はまったくありません。

サーキットで履き替えるのがベストだと思います。

NANKANG AR-1の試乗性能評価レビューは⇒コチラ

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月13

NANKANG AR-1アルミセット インチ別に選べます。でした!

タグ

2017年7月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 夏タイヤアルミセット

NANKANGのハイグリップタイヤ AR-1のラインナップが増えました。

NANKANG(ナンカン)AR-1のサイズラインナップが増えました

サーキット走行 走り屋さんにウレシイ情報です。

NANKANG AR-1のサイズラインナップが

大幅に増えました。

セミスリックタイヤ(Sタイヤ)を履いたことのある方なら

このAR-1のタイヤパターンを見れば

一般のハイグリップタイヤとは、違うということが

お分かりいただけると思います。

アジアンタイヤの中で、間違いなくグリップ力はトップです。

しかもNANKANG AR-1はグリップの凄さはもちろん

さらに値段が安いのが一番の魅力かもしれません。

ナンカンAR1

今までAR-1のラインナップは4種類でしたが、

なんとここにきて、いきなり19種類まで増えました。

走り屋さんにとって、うれしい限りです。

国産のSタイヤは、値段が高くて買えない

これが本音ではないでしょうか

私もサーキット走行会ごとに、国産のSタイヤを買っていましたが

サーキットをトータル4時間でSタイヤは終わってしまい

その都度、タイヤ代で約16万円というお金を払っていました。

さすがに、続きません。

このNANKANG AR-1ですと、1/4の価格で買えてしまいます。

これがどれだけ、うれしい事でしょう。

本当に助かります。

そしてグリップ性能も、もの凄いです。

待ちに待った、ハイグリップタイヤです。

ナンカンAR-1のサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月13

NANKANGのハイグリップタイヤ AR-1のラインナップが増えましたでした。

タグ

2017年6月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ グリップタイヤ 台湾製タイヤ

NANKANGタイヤ ATR SPORTタイヤ 特選輸入ブランドタイヤランキング

特選輸入タイヤランキング

アジアンタイヤの中で、高品質でかつ低価格で買える人気ブランド

NANAKNG(ナンカン)タイヤと

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)ブランドの中でもっとも人気な

ATR SPORT(エーティーアールスポーツ)タイヤのインチ別人気ランキングです。

NANKANGタイヤはタイヤの種類とサイズバリエーションが豊富で

しかも高性能でありながら、低価格を実現している人気タイヤメーカーです。

ATR RADIALタイヤの中でもっとも人気なのがATR SPORTタイヤ、

17インチ以上のタイヤサイズが特に人気で、低価格でありながら、

グリップ性能が高い特徴があることが支持されています。

高性能タイヤなのに

価格を見たら、そのあまりの安さに驚きますよ!

輸入ブランドタイヤランキングは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月11

NANKANGタイヤ ATR SPORTタイヤ 特選輸入ブランドタイヤランキングでした!

タグ

2017年3月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ NANKANGタイヤ タイヤランキング

NANKANG(ナンカン)NS-2Rを履いたJZA70スープラでタイヤテストに行ってきました。

アジアンタイヤのハイグリップタイヤNANKANG NS-2Rの実力はどうなのか?

ますは、私のJZA70スープラですが、サーキット仕様にしてあるので

興味のある方はボディーチューニング、スポット増しを見てくださいね。

おクルマドットコム・サイト⇒JZA70軽量化&スポット増し!

サーキット仕様なので、ジュータンも一切ない、ドンガラで

ロールバーもボルト締めではなく、溶接してある車です。

ボディー補強のツボも書いているので、サーキットで楽しみたい方は見てくださいね!

さて、このようなボディー剛性をとてつもなく上げている70スープラなので、

タイヤ性能がバッチリ分かってしまいます。

このJZA70スープラにNANKANG NS-2Rを履かせ、今回はトータル4時間

高速道路と首都高を走ってきました。

その前に一般道の走行ですが、これがまた快適性0%と言ったところでしょう。

静かさなし、乗り心地悪い、というように快適性は、ほとんどないタイヤです。

逆に言えば、グリップオンリーのタイヤですよ!

グリップタイヤって、冷えている時は、グリップしないという

特性があったんですが、これをトーヨータイヤのプロクセスR1Rというタイヤが

打ち破ってくれました。タイヤが低温でもグリップ力を発揮してくれます。

サーキットを走り慣れている方から見れば

あいつサーキット初めてか~???って思われてしまいますが

サーキットでは、R1Rって、1周目から限界走行イケちゃいます。

R1R サーキット

このR1Rのグリップ力はもの凄く、私もR1Rを履いて

富士スピードウェイを走りましたが、タイムを見てビックリ

S(セミスリック)タイヤの2秒落ちでしたが、一般ラジアルではあり得ないタイムでした。

その後ヨコハマタイヤからネオバが発売され、履いて富士スピードウェイに!

日本製タイヤの一般ラジアルタイヤでは、トップのタイムが出ました。

でも、タイヤも価格が高いんだよなァ~(汗)

ショートサーキットでは、R1Rの方がタイムは、ほんの少し良かったです。

こういうことを経験し、今回NANKANG NS-2Rの

激安タイヤを、履いてみました。

以前にも書きましたが、本当はNANKANG AR-1を

履きたかったのですが、サイズがなく、NS-2Rにしました。

さて以前はAE101レビンサーキット仕様にNANKANG NS-2Rを

履いてテストしたんですが、車重に対して、タイヤのグリップが

オーバー過ぎて、限界が分からないという結果に(汗)

レビンでもそれほどグリップ力がスゴイタイヤだということだけは

分かりました。

で今回は、私のJZA70スープラで、テストすることに

エンジンパワーは、サーキットではないので360PSに押さえてあります。

ナンカンNS2R

走り終えて、思わず笑顔が出てしまいました。

とにかく縦のグリップも凄く、セカンドでもタイヤが暖まると

スリップせずに加速してくれます。

ネオバでもグリップしなかったのに~

このNANKANG NS-2Rの縦のグリップは何もの?

さてコーナーですが、これもスゴイの一言

ヤバイ速度でステアリングを切り込んだ瞬間から

違いが分かります。

そのグリップ力と剛性感は、Sタイヤが溶ける温度の手前の感覚そのものです(驚)

これが公道も走れる一般ラジアルタイヤなの???

それほどNANKANG NS-2Rというタイヤは

走る、攻めるに関しては、ずば抜けているタイヤでした。

ですが、摩耗はとてつもなく早いです。

感覚的には、Sタイヤ並に減りますね。

でもSタイヤは、新品で溝が5mmですが

NS-2Rは7mmあるので、おそらくサイズによってだと思いますが

Sタイヤよりはライフが長いという感じです。

グリップオンリーのタイヤには間違いありません

初めにも書きましたが、快適性はまったくありませんよ。

でもグリップを求める方には最高なタイヤです。

この性能で値段が安いから選んでしまいますよね。

1度履いたら、戻れなくなるのも分かります。

何しろ国産ハイグリップタイヤ1本分で、4本買えちゃうんですから

走り屋には、たまらないタイヤがNANKANG NS-2Rという

タイヤだということが、良~く分かりました。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

走り屋の皆さん、NANKANG NS-2Rの

グリップと剛性は、本当にスゴイです。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤのNANKANG NS-2Rのテストでした。

追伸

NANKANG NS-2Rを1万キロ乗りましたが

フロントタイヤにスリップラインが

リヤは残2mmといったところです

かなり過激な走りをしていますので

しょうがない部分もありますが

さすがに減りは早いです。

その分、グリップ力で楽しめているのは確かですが

でも、値段の安さが最大の魅力です。

なんと言っても、国産ハイグリップタイヤの1本の価格で

4本買えちゃうんですから

NANKANG NS-2Rリピートしま~す。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月10

タグ

2016年10月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ハイグリップタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ