激安アジアンスタッドレスタイヤの中で低価格で高性能なのはどのタイヤ?

高性能アジアンスタットレスタイヤはどのタイヤ?

オススメのアジアンスタッドレスタイヤは

NANKANG ESSN-1です

インチサイズは12インチ~19インチまで

ほとんどのタイヤサイスが揃っていますし

低価格なのに高性能というところが魅力です。

NANKANG ESSN-1のタイヤデザイン

NANKANG ESSN-1のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG ESSN-1スタッドレスタイヤの性能は

実はこのスタッドレスタイヤの開発は

NANKANGタイヤメーカーさんが、北海道で何度も研究を重ね

日本に合ったスタッドレスタイヤを開発したのです。

雪道、凍結路面はもちろん、日本人は求めるニーズが高く

ドライ路面のグリップ性能と、なんといっても

静かさを求めていたので

これに対応するための研究を積み重ね

雪のないドライ路面では、コーナーで腰砕けがなく、

グリップ力も高く、そして静かなスタッドレスタイヤに

仕上げてきました。

凍結路ではトレッド面の材質に天然カーネルパウダーを使用する事で、

氷上での摩擦力を強め、アジアンスタッドレスタイヤの中では

ダントツな高性能を発揮してくれました。

非降雪地域にお住まいの方は、ほとんどがドライ路面なので

スタッドレスタイヤでもコーナリング性能、直進安定性、

そして快適性が求められます

このNANKANG ESSN-1は、そのニーズに答えてくれた

スタッドレスタイヤです。

NANKANG ESSN-1タイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG ESSN-1

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年06月26

アジアンタイヤ性能研究室の管理人が選んだ高性能アジアンスタットレスタイヤの紹介でした!

タグ

2017年11月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ スタッドレスタイヤ

NANKANG(ナンカン)AR-1アルミセット インチ別に選べます。

ナンカンタイヤAR-1のアルミホイールセットです。

サーキット用タイヤとして人気が急上昇中のNANKANG AR-1

ナンカンタイヤの最強ハイグリップタイヤです。

NANKANG AR1

でもNANKANG AR-1を履いた方から、こんな意見も

サーキットではグリップが抜群で思いっきり楽しめるタイヤなんですが

一般道に戻ると、やはり快適性がなく、うるさいタイヤなので

履きたいとは思わないんだよね。

なので、一般道はスポーツタイヤで、

サーキットでは、NANKANG AR-1というパターンにしたいという意見が

とても多いです。

そうなるとやはりタイヤアルミセットが必要になります。

サーキット好きで、1日フリー走行会だと

私のように、午前中スポーツタイヤ、午後にハイグリップタイヤというように

2種類のタイヤをサーキットで楽しめるパターンになると思いますが(笑)

ということで、サーキット走行なのでタイヤはすぐ減って

買い替えになると思うので!

NANKANG AR-1のタイヤホイールセットをインチ別で紹介します。

NANKANG AR-1アルミホイールセットはコチラ

サーキットを楽しみたい方、一般道でも使えるハイグリップタイヤのアルミセットです。

NANKANG AR-1を一般道で使用するには、それなりの覚悟が・・・

乗り心地が悪く、パターンノイズがうるさい、グリップオンリーのタイヤです。

快適性はまったくありません。

サーキットで履き替えるのがベストだと思います。

NANKANG AR-1の試乗性能評価レビューは⇒コチラ

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年06月26

NANKANG AR-1アルミセット インチ別に選べます。でした!

タグ

2017年7月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 夏タイヤアルミセット

NANKANGタイヤ ATR SPORTタイヤ 特選輸入ブランドタイヤランキング

特選輸入タイヤランキング

アジアンタイヤの中で、高品質でかつ低価格で買える人気ブランド

NANAKNG(ナンカン)タイヤと

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)ブランドの中でもっとも人気な

ATR SPORT(エーティーアールスポーツ)タイヤのインチ別人気ランキングです。

NANKANGタイヤはタイヤの種類とサイズバリエーションが豊富で

しかも高性能でありながら、低価格を実現している人気タイヤメーカーです。

ATR RADIALタイヤの中でもっとも人気なのがATR SPORTタイヤ、

17インチ以上のタイヤサイズが特に人気で、低価格でありながら、

グリップ性能が高い特徴があることが支持されています。

高性能タイヤなのに

価格を見たら、そのあまりの安さに驚きますよ!

輸入ブランドタイヤランキングは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月05

NANKANGタイヤ ATR SPORTタイヤ 特選輸入ブランドタイヤランキングでした!

タグ

2017年3月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ NANKANGタイヤ タイヤランキング

NANKANG(ナンカン)NS-2R サーキットで使えるアジアンタイヤ

NANKANG NS-2R サーキットでも使えるアジアンタイヤです

激安アジアンタイヤの中でサーキットに使えるアジアンタイヤで

凄いグリップタイヤが発売されています。

AE101サーキット仕様の車と

70スープラサーキット仕様に取り付けてテストしたところ

このNANKANG NS-2Rは、

これからサーキット走行会で間違いなく支流タイヤになりますね

コンパウンドは2種類、

手に入るのはレース用の(TREAD WEAR:120)

さらにグリップ力を高めた(TREAD WEAR:80)ですが

手に入るのは、(TREAD WEAR:120)の方です。

サイズによっては(TREAD WEAR:80)を手に入れることもできます。

試乗した感じは、この2つのコンパウンドは、まったくの別物です。

国産Sタイヤのコンパウンドだと分かりやすいと思うので

試乗した感じでは

TREAD WEAR:120は、MS(ミディアムソフトコンパウンド)タイヤで

TREAD WEAR:80は、S(ソフトコンパウンド)タイヤという感じです。

国産Sタイヤでいう、H(ハードコンパウンド)やSS(スーパーソフトコンパウンド)では

ありませんでした。

でも国産SタイヤのHとMコンパウンドは、タイヤが暖まらないとグリップ力が出てきません

その点NANKANG NS-2Rは、一般道も意識して作ってあるので

タイヤが冷えていてもグリップ力があるので安心です!

完全にレース用タイヤにされると、タイヤの性格が特化してしまう

逆に一般道では、使いづらい性格になってしまい・・・

とくにタイヤの温度によって、性格が極端に変わってしまうので

ある程度の知識がないと安全に走れないタイヤになってしまいますからね。

NANKANG NS-2Rは完全レース用の性格ではなかったので

一般道でも使いやすいグリップタイヤです。

国産Sタイヤ同様、NANKANG NS-2Rも

一般公道の使用はOKなので、その点は心配しなくても大丈夫です。

今後、コンパウンドの、S(ソフト)やSS(スーパーソフト)のタイヤが出てきたら

一般公道の使用は避けた方がいいと思います。

確かにタイヤが低温でももの凄いグリップはしますが

減りの早さもピカイチなので、SやSSコンパウンドがでたら

サーキットに行ってから、履き替えた方が無難です。

さらにSやSSコンパウンドで一般公道を走られたら

小石がべたべたタイヤに付いて、速度が上がると小石を巻き上げてしまうので

後ろに付いた車は、飛び石をたくさん喰らうことになりますから

周りの車の安全面には良くありませんからね!

今後、SS(スーパーソフト)コンパウンドが出てきたらのお話でした。

NANKANG NS-2R

インチサイズ(13インチ~18インチ)

NS-2R

サーキットなら、間違いなくアジアンタイヤの中ではグリップ力トップクラスです。

完全にスポーツタイヤの上のグリップ力を持つ、

グリップタイヤのカテゴリーに入ります。

国産グリップタイヤだと、ヨコハマタイヤのネオバ、

トーヨータイヤのR1R、ダンロップファルケンのZ2スタースペック、

ブリヂストンのポテンザRE11Aと言ったタイヤですが、

このNANKANG NS-2Rは履いてビックリ

驚くことに、その上のいくタイヤでした。

横剛性、コントロール性、縦グリップ力、横グリップ力、

速く走るトータル能力が群を抜いているタイヤがグリップタイヤです。

でも静粛性は全くありませんので、グリップタイヤが欲しいけど静かさも欲しい方にはオススメできません。

パターンノイズはタイヤが減ってくると

だんだん大きくなっていきます。

そしてナンカンNS-2Rは、ハイグリップタイヤのカテゴリーに入り

なおかつ、国産Sタイヤ(セミスリックタイヤ)までの性能には、追いつきませんが

かなりグリップ性能が高く、サーキットを楽しむには最高のタイヤで

さらにサイズラインナップが豊富で、値段がダントツに安いのが魅力です。

ですが・・・さすがにグリップする分、減りは凄く早いですけどね。

でもSタイヤの新品溝は5mm、ナンカンNS-2Rの溝は8mmと

Sタイヤと比べると、3mmライフが多いので助かります。

本当にSタイヤってあっという間になくなりますからね!

そして走った後、Sタイヤを見ると・・・あ~楽しんじゃったなァ~って・・・

あとどれくらい走れるんだろう(汗)というむなしさが・・・

またタイヤ交換だァ~、財布に優しくないなァ~ってことに!

でもナンカンNS-2Rは、減りが早くても、Sタイヤみたいな減り方は

しないので安心してください。

でも、いくら早く減ろうが値段が激安なので気にすることはありませんけどね!

とにかくサイズラインナップが豊富で価格が安いのにグリップ力は半端ではないです。

スゴイの一言です。

サーキット好きが、待ちに待ったタイヤです。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと値段は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS-2R

コンパウンドの指定はできませんので!

サーキットで使えるアジアンタイヤでもっともグリップするタイヤです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月03

NANKANG NS-2R サーキットでも使えるアジアンタイヤでした。

タグ

2016年4月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ハイグリップタイヤ 台湾製タイヤ

NANKANG(ナンカン)ECO2というECOタイヤ 進化してECO2+に

ナンカンのECOタイヤが発売されました。

ナンカンのECO2というECOタイヤ

発売されたので、テストしないとね。

サイズがあったのは、アルテッツァ号

テスト車両には、バッチリです。

とにかく通勤で距離を走るので

燃費もすぐ分かるし

ということで、白101さんに

無理やり買ってもらって、テストすることに(笑)

タイヤの性能は履いてみないと分からないので

テストするのは、このタイヤ

1.jpg

ヨコハマのアース1???じゃなくて(笑)

です。

あまりに値段が安すぎて、白101さんから

大丈夫なのか~というコメントも出ましたが

どうなんでしょう?

タイヤは履いてみないと、性能は分からないので

履いたことないから分かりませ~ん(笑)

2.jpg

とにかくECOタイヤということなので

燃費が国産のECOタイヤと比べて

どうなのかですね。

まあ、距離を走るので、答えは1週間ぐらいで、

出ると思いますよ。

あとはウエット路面が走れればいいんだけどな~!

このタイヤはエクストラロードなので

空気圧は標準の1割増しでセットしないとね!

とりあえず、あまりにも安くて

テストできる金額なので!

今ではECOタイヤも進化して

NANKANG ECO-2からECO-2+になりました。

ナンカンECO-2+のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG ECO-2+

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年06月30

ナンカンのECO2というECOタイヤ 進化してECO2+にでした

タグ

2013年3月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ECOタイヤ

このページの先頭へ