フェデラルタイヤの性能テスト結果!グリップ力・評価・感想・比較レビュー

アジアンタイヤ フェデラルSS595評価レビュー

アジアンタイヤのフェデラルタイヤ

最初にテストしたのがフェデラルSS595です。

このタイヤはグリップタイヤではなくスポーツタイヤです。

サーキットでも試しましたが

結構いいタイムで走れてしまったのには驚きました。

一般ラジアルタイヤなのに、ここまでタイムが出るとは・・・

フェデラルSS595のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒フェデラルSS595

フェデラル595RS性能・評価・レビュー

CRzbpmCUwAAmmZ8

ということで、次回の耐久走行会のタイヤチョイスは

フェデラル595RSをチョイスしてサーキットを走行しました。

結果はこれまたスポーツタイヤでは、出せないタイムを

たたき出して、ビックリです。

しかもこのフェデラル595RSは、減りが少ないです。

これほどのタイムで。これだけ減らないタイヤは初めてですね!

フェデラル595RS-R性能・評価・レビュー

次にテストしたのが、フェデラル595RSの進化版の

595RS-Rを試すことに、

これはもはやスポーツタイヤの域を超えたグリップタイヤになっていました。

これもまた簡単にタイムアップして、国産グリップタイヤに

引けを取らないタイムが出てビックリ

価格は1/3なのにね(驚)

フェデラル595RS-Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒フェデラル595RS-R

フェデラル595RS-RR性能・評価・レビュー

 

そしてチョット期間は空きましたが

595RS-Rの進化版が発売されました。

595RS-RRというタイヤです。

 

このタイヤは各地の日本のサーキットでテストを繰り返し

誕生したタイヤです。

実際、ブログには書いていませんでしたが

発売と同時に実はサーキットを走ってきました。

ここまでグリップすると、もはやグリップタイヤの頂点の争いですね!

ネオバとR1Rのグリップにまったく引けを取らないグリップ力です。

これを書いてしまうと、国産グリップタイヤが

売れなくなってしまうかもと言うことを踏まえて

評価を控えていましたが、発売から時間が経っているので

そろそろ書いても問題ないかな~と思い

フェデラル595RS-RRの評価を書いてみました。

595RS-Rのグリップ力にも驚きましたが

この595RS-RRのグリップはさらに強烈です。

ここまで性能が進化すると、国産勢のグリップタイヤも

早く進化しないと、売れなくなりますね。

逆に言うと、ユーザーから

選ばれなくなるということです。

あまり書きたくはなかったのですが

グリップタイヤだけは、実力はタイムに現れてしまうので

サーキットを走ってしまえば

その実力はタイムでハッキリ分かってしまいます。

グリップタイヤはどれだけタイムを縮めることができるかです。

サーキットの限界付近の0.1秒というのは本当に大きいし

タイヤ性能が大きく左右するのがサーキットタイムです。

静粛性や乗り心地の評価は全く関係ありません。

ということで、フェデラルタイヤは

国産タイヤより日本をターゲットに進化スピードが

もの凄く早いタイヤメーカーであり、ユーザーさんからの声を

しっかり受け止め開発しているところが凄いメーカーさんだな~と

思います。この価格でここまでのグリップ力が欲しい声が

おそらく多かったのでしょう。

もはや価格が安いからと言っただけでは

判断が付かない程、グリップ性能差はなくなってきています。

もし同じタイムで走れるなら、ユーザーさんは

安い方のタイヤを選ぶと思いますよ!

フェデラル595RS-RRのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒FEDERAL595RS-RR

さらに凄いグリップ力を持つアジアンタイヤが発売されました。

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月17

フェデラルタイヤの性能テスト結果!グリップ力・評価・感想・比較レビューでした!

タグ

2016年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ スポーツタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

70スープラでピンソタイヤPS-91タイヤ性能評価感想レビュー

ピンソタイヤPS-91タイヤの性能評価感想レビュー

ピンソタイヤのPS-91のタイヤ性能は?

サーキットを走ってみましたが

このピンソタイヤ PS-91はサーキットでもイケちゃいます。

フロントにPS-91

PS91

リヤにフェデラル595RSという組み合わせで

走ってきました。

595RS

ピンソタイヤPS-91は切り初めにブロックヨレがありますが

横剛性は充分、S字の切り返しも国産グリップタイヤ並に

グリップしてくれます。

驚いたのは、縦のグリップにも優れているところです。

上りの130キロからのブレーキングでタイヤをロックさせ

ブレーキを抜いていくと、リヤに履いているフェデラル595RSの方が

悲鳴を上げ続けている状態です。

何度やっても同じ結果でした。

91

ピンソタイヤPS-91、摩耗は早いですがブロック飛びもなく

溶けてくるとグリップ力は上がっていきます。

これとてもいい感じです。

値段からしてみれば、大満足の高性能タイヤでした。

さて、走行し続けると、フェデラル595RSのグリップがダウン

なぜかフェデラル595RSって、溶けてくるとグリップダウンするんですよね。

そのため、走れば走るほどコーナーがカウンターだらけになっちゃって

タイムダウンでした。

ピンソタイヤPS-91で255/40R17が出ていれば良かったんだけど

発売されていなかったので!

ピンソタイヤPS-91のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ピンソタイヤPS-91

70

アジアンタイヤからグリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

価格が安くても、グリップするタイヤが買える時代です。

コチラから⇒アジアンタイヤ・ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月16

70スープラでピンソタイヤPS-91タイヤ性能評価感想レビュー!でした

タグ

2015年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ スポーツタイヤ

フェデラル595RS試乗性能評価レビュー

フェデラル595RS試乗評価レビュー

以前180SXでサーキットを走り回っていた白180さん

久々に登場と思ったら、車が変わっていました。

ニューマシンはBMW323iに、話を聞いて見ると

どうしても4ドアじゃないとダメになったみたい~

ということでサーキット引退か~て思ったら違うみたいです。

ニュータイヤとホイールを持ってきたんだけど

なんとタイヤがフェデラル595RS

走る気満々じゃん。

フロントはこれ

225

リヤはこれ

245

また18インチじゃん。

ニュータイヤチェンジャー導入したら、

この頃デカイのばっかり、まあそれはいいけど~

ホイール

このフェデラル595RS、黒70も履く予定だったんだけど

先を越されてしまいました。

このタイヤ前からとても気になってたタイヤなんですよね~

もちろん組んだ後は、試乗させてもらいましたよ。

BMW

タイヤの感想は・・・・ナイショにしておきます。

でも、サーキットで試したくなりましたね!

さてこのBMWさん、次回の黒70耐久走行会でデビューで~す。

今は、フェデラル595RS-R

そしてさらにフェデラル595RS-RRに進化しています。

グリップ性能は、格段に上がっていて

サーキットでも、いいタイムが出てしまう

ハイグリップタイヤになりました。

まずは価格を見てください。

フェデラル595RS-RRのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>フェデラル595RS-RR<<

価格が高いと思われた方、でも大丈夫です。サーキットを楽しむなら、

2016年に発売されたアジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月15

アジアンタイヤ フェデラル595RS試乗評価レビューでした!

タグ

2007年7月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ