Economist(エコノミスト)ATR-K タイヤ性能 評価 感想 比較 レビュー

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤ

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(14インチ~18インチ)

ekonomisutoATR-K

Economist(エコノミスト) ATR-Kタイヤの性能

経済性、耐久性に優れたタイヤです。

転がり抵抗を抑えると共に、耐久性を高めるロングライフ設計により、

優れた燃費性能と経済性を発揮します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

Economist ATR-Kのタイヤデザイン

Economist ATR-Kのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

Economist ATR-Kの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

Economist(エコノミスト) ATR-K ECOタイヤ性能評価比較レビュー

試乗してみると、とってもマイルドな乗り心地のタイヤです

静かさもなかなかのタイヤで、不満は全くありません。

スタンダードタイヤ(標準タイヤ)ということなのですが

アクセルオフの時に、なかなか速度が落ちない

これECOタイヤの特徴を持っているタイヤです。

ラベリングの転がり抵抗AAまで届かないぐらいの

このがり抵抗かな、タイヤカテゴリーがスタンダードでしたが

ECOタイヤでもイイような転がり抵抗です。

さてコーナーですが、攻めるタイヤではありません

コーナー途中で腰砕け感が出てしまいますが

グリップ力は、スタンダートタイヤとしては

高いタイヤです。

Econmist ATR-Kタイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓ 

Econmist ATR-K

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月14

Economist(エコノミスト) ATR-K タイヤ性能 評価 レビューでした!

タグ

2017年8月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ ECOタイヤ

NANKANG ECO2+(Plus)のタイヤのエコタイヤの実力は?

ECOタイヤ NANKANG ECO2+タイヤの特徴と性能評価

ナンカンECO2+

ナンカンECO2の後継版のECO2+(Plus)性能は?

ドライグリップ性能とウェット性能を重視したエコタイヤです。

乗ってみると、ECO2より剛性感があるね!

グニャグニャ感はかなりなくなって、クイックになったという印象です。

NANKANG ECO2+のタイヤデザイン

NANKANG ECO2+のトレッドパターンは、こんな感じ

NANKANG ECO2+

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

NANKANG ECO2+

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG ECO2+

NANKANG ECO2+の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

さてECOの方はどうなのかというと

さらに転がり抵抗は、良くなっていて

アクセルを離しても、減速が少なくなっています。

これECOタイヤの特徴です。

ECOタイヤの転がり抵抗係数の等級で言えば

AAクラスまで来ていますね。

今回のECO2+は、かなりコンパウンドを変えてきたようです。

ECO2は、ウエットがとても弱く、白線に乗ると良く滑ったんですが

今回のECO2+は、ウエットグリップも上がっていて

安心感がプラスされたタイヤでした。

ナンカンECO2+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG ECO2+

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月20

NANKANG ECO2+タイヤのエコタイヤの実力はでした。

タグ

2016年3月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ ECOタイヤ

このページの先頭へ