ナンカン(NANKANG)AS2+タイヤの特徴!プレミアムコンフォートタイヤ性能と感想です。

ナンカンプレミアムコンフォートタイヤの実力! NANKANG AS-2 +(Plus)タイヤの特徴と性能

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

ナンカンタイヤの中でプレミアムコンフォートタイヤに位置するAS2+タイヤ、その実力は?

NANKANG AS-2+(エーエスツープラス)は、乗り心地の良さに定評のあるコンフォートタイヤ『AS-1』のグリップ性能を向上。

優れたトラクション性能を発揮するプレミアムタイヤに進化させました。

NANKANG AS-2+は、AS-2のコンパウンドを改良し、乗り心地と静粛性をさらに向上させています。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

NANKANG AS2+

タイヤカテゴリー(プレミアムコンフォートタイヤ)
インチサイズ(12インチ~19インチ)

NANKANG AS-2+のタイヤデザインを見てみましょう!

NANKANG AS-2+のトレッドパターンは、こんな感じ
NANKANG AS-2 +
タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ
NANKANG AS-2
タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。
NANKANG AS-2+
NANKANG AS-2+の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ようやく試乗できました。

ナンカン AS-2プラスタイヤに乗った感想とタイヤ性能レビューです!

まずは一般道ですが乗り初めは、ほォ~かなり静かで乗り心地の良いタイヤだな~という感じ!

確かに乗り心地もAS1タイヤより、かなり改善されているようです。

一般道では、とにかく静かさはスゴイの一言です。これはハイブリッド車には、オススメできるタイヤであることは間違いありません。

次にコーナーですがコーナーを攻めてみても、

これだけ乗り心地が良いタイヤですと、切り始めが1テンポ遅れるのが普通なのですが、このAS2+は

切り初めの応答性から切れ込みもイイ感じですね!ここまでの性能なら、

高速道路を走ってみないと、その性能がどれほどのものなのかわからないので高速道路に向かいます。
東名高速
さてナンカンAS-2+の実力は高速道路ではどうなのでしょう?インターチェンジのコーナーを抜けてでもかなり横剛性ありますね!

そのまま加速して合流速度が上がっても、静かさを保っています。縦のグリップもイイ感じです。

さて高速安定性これも合格点です

高速での乗り心地と静かさは、かなりの性能です(驚)

これはプレミアムコンフォートタイヤと言っても納得できるレベルのタイヤですね。

国産プレミアムタイヤに並ぶ、静かさには驚きました!

AS2+タイヤで、そのまま首都高に入ってタイヤ性能テストです!

ココからなんですよね!

首都高は何しろ継ぎ目ばかりなので、ココの静かさと、突き上げ感がとてもタイヤの評価がしやすい路面なので!

さらにキツイコーナーがあるのでタイヤ性能が一番わかりやすいです。

さてコーナーを攻めてみるとチョット横剛性が足りないかな~!

首都高速の道路だと、NANKANG NS-20のプレミアムタイヤの方が性能が上ですが、静かさと乗り心地を重視するならAS2+の方がかなり上です。

でもこのトータルタイヤレベルを考えるとこのAS2+は間違いなくプレミアムコンフォートタイヤレベルの性能を持っています!

かなりハイパフォーマンスなタイヤだったのには驚きました。プレミアムスポーツタイヤがNANKANG NS-20でプレミアムコンフォートタイヤが正解だと思います。

このAS2+タイヤかなり完成度の高いタイヤだったので、驚きました。

NANKANG AS-2+のタイヤサイズと値段はコチラから⇒NANKANG AS2+

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年06月08日