アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探し

アジアンタイヤの中で、静粛性が高く乗り心地の良いタイヤをまとめました

静かで乗り心地の良いタイヤは、タイヤカテゴリーの中ではコンフォートタイヤと呼ばれています。

コンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に制作されているタイヤです。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価し、まとめています。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗しタイヤ性能を評価した

実際に試乗したタイヤ性能評価にリンクしています。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探し

NANKANG RX615

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ NANKANG RX615

NANKANG AS-1

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ NANKANG AS-1

HIFLY HF201

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ HIFLY HF201

ROADSTONE CP672

試乗したタイヤの感想評価はコチラ⇒ ROADSTONE CP672

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価です。

それぞれのコンフォートタイヤは、新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月13

アジアンタイヤ 静かで乗り心地が良いタイヤ探しでした。

タグ

2018年10月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

人気のMOMO OUTRUN M3タイヤをホイールに組込み作業

MOMO OUTRUN M3が来たのでホイールに組込みました

MOMO OUTRUN M3、イタリヤの技術で中国で生産することで

低価格を実現し大人気になっているアジアンタイヤです。

ステアリングでは認知度が高いMOMOですが

まさかMOMOがタイヤを作っていたなんて

私もMOMOタイヤを知ったのは、数年前でした。

タイヤカテゴリーはコンフォートタイヤで、静かで乗り心地の良いタイヤです。

トレッド面の美しさはもちろんですが、なんと言っても

タイヤサイドのデザインが人気の秘密なのかも知れません

MOMOのロゴが目を引きます。

とにかくサイドの仕上がりまでこだわって作ってあることが

人気なのかもしれません。

これだけの仕上がりのタイヤですが、なんと言っても

値段が安いということが、最大の魅力です。

国産車よりベンツ、BMWに履く方がとても多いです。

以前、MOMO OUTRUN M3の試乗評価はしています。

このタイヤの性能はバッチリで、大きいインチサイズでも

乗り心地を損なわないように、研究されているタイヤだということが

良く分かりました。

これだけの性能を持ち、見た目の仕上がりまでいいタイヤが

こんなに安く買えるなんて、ちょっと信じがたいのですが

実際の価格を見たら、その安さに驚くと思います。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

MOMO (モモ) OUTRUN M-3

この頃は認知度が一気に上がってきて大人気になってきています。

それは、これだけの性能を持つタイヤが

こんなに安く買えるんですから!人気になるのも分かります。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月13

人気のMOMO OUTRUN M3タイヤをホイールに組込み作業でした!

タグ

2018年9月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MOMOタイヤ コンフォートタイヤ

アジアンタイヤのコンフォートタイヤ探し!静かで乗り心地の良いタイヤ

アジアンタイヤのコンフォートタイヤをお探しのあなたに

アジアンタイヤの中でもコンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に制作されているタイヤです。

コンフォートタイヤとは⇒『快適なタイヤ』という意味になります。

アジアンタイヤのコンフォートタイヤは、タイヤ性能評価の中の静粛性乗り心地の2に重点をおき

アジアンタイヤ試乗評価し、ご紹介します。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価しています。

それぞれのコンフォートタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしています。

コンフォートタイヤは、静かさと乗り心地を重視したタイヤです。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

アジアンコンフォートタイヤ探し、おすすめタイヤ

NANKANG RX615

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

NANKANG RX615

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

NANKANG AS-1

ナンカンタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1
nankangas1

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-1

Corsa 2233

コルサタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ Corsa 2233
corsa2233

コルサ2233タイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ CORSA2233

HIFLY HF201

ハイフライタイヤの試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF201

hiflehf201

HIFLY HF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF201

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価をして

コンフォートタイヤとしての性能が良かった順に、ご紹介いています。

それぞれのコンフォートタイヤ評価は、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月13

アジアンタイヤのコンフォートタイヤ探しでした!

タグ

2018年9月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

激安タイヤの中で、静かで乗り心地が良いタイヤ おすすめ輸入タイヤ

激安コンフォートタイヤ選び おすすめ輸入タイヤのご紹介

輸入タイヤの中でも、値段の安い静かで乗り心地の良いタイヤがあることを

ご存知ですか?

今まで国産タイヤしか履いたことがなかったけれど

激安輸入タイヤはどうなんだろうと、思う方も多いと思います。

静かなタイヤは値段か高いのが、今までの常識でしたが

激安コンフォートタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きます。

激安タイヤの中でも静かで乗り心地の良い、おすすめアジアンタイヤ

アジアンタイヤは、技術の進歩により、国産タイヤに引けをとらない

タイヤ性能になっています。しかもタイヤの値段が安いことが

最大の魅力です。

DAVANTI DX390タイヤ

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(14~16インチ)

DX390タイヤは、排水性に優れ、雨天のハンドリングに定評があり、

非対称のトレッドデザインが熱効率と走行ノイズを最小限に抑え、

快適なドライブを提供します。

DAVANTI DX390タイヤの価格とサイズは

コチラから⇒DAVANTI DX390

HIFLY HF805タイヤ

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

タイヤサイズ(15インチ~20インチ)

シリカを配合することで高速走行時でも

安定した直進性能とコーナリング性能を発揮します。

それだけでなく、高い静粛性で快適な乗り心地も提供します。

ハイフライHF805タイヤの価格とサイズは

コチラから⇒HIFLY HF805

 

ZEETEX HP2000 vfm

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

タイヤサイズ(15インチ~18インチ)

静粛性と快適性に重点を置いたトレッドパターン設計により、

快適な車内空間でロングドライブを楽しむことができます。

ジーテックスHP2000vfmのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX HP2000vfm

 

MOMO OUTRUN M-3

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(16インチ~19インチ)

高速走行安定性に優れたハイパフォーマンスタイヤ。

左右非対称のトレッドデザインは、静粛性も高め、偏摩耗も抑制します。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRAN M-3

 

NANKANG AS-1

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(12インチ~21インチ)

ウェット性能とハンドリング性能に優れたコンフォートタイヤです。

静粛性、燃費性能、耐久性、快適性にも優れています。

スポーティーな走行にも対応する運動性能も備えています。

NANKANG AS-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-1

 

ROADSTONE CP672

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(13インチ~18インチ)

ROADSTONE CP672は、静粛性、快適性、デザイン性に優れた

ハイパフォーマンス・コンフォートタイヤです。

ROADSTONE CP672のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE CP672

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月12日

静かで乗り心地の良い激安アジアンタイヤでした!

タグ

2017年10月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

静かで乗り心地がいいアジアンタイヤ 安くて評判の良いおすすめタイヤ

安くて静かで乗り心地が良いアジアンタイヤ なぜ高性能タイヤになったのか?

アジアンタイヤも年々性能がアップして、いよいよ国産タイヤに

引けを取らないぐらい、静かで乗り心地の良いタイヤも

各アジアンタイヤメーカーから発売されるようになりました。

圧倒的な静かさを誇っていた国産タイヤでしたが

超円高時代、長年のデフレ経済により

国産タイヤメーカーが海外生産をするため

アジアンタイヤメーカーと提携、実はこれが日本の技術の流出に

繋がり、今ではアジアンタイヤの性能が、国産タイヤの性能に

引けをとらないほどの高性能タイヤになって来ています。

2000年頃は、世界標準、スタンダードタイヤでしたが

今では、高性能タイヤとして認められるようになってきています。

そして最大の魅力は、高性能でありながら低価格ということです。

安くて静かで乗り心地が良いおすすめアジアンコンフォートタイヤ

NANKANG RX615(コンフォートタイヤ)

タイヤ性能評価レビューは⇒コチラから

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

 

HIFLY HF805(コンフォートタイヤ)

タイヤ性能評価レビューは⇒コチラから

HIFRY HF805のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFRY HF805

 

ZEETEX HP2000 vfm(コンフォートタイヤ)

タイヤ性能評価レビューは⇒コチラから

ZEETEX HP2000 vfmのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ZEETEX HP2000vfm

 

ROADSTONE CP672(コンフォートタイヤ)

タイヤ性能評価レビューはコチラ

ROADSTONE CP672のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE CP672

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月12

静かで乗り心地がいいアジアンタイヤ 安くて評判の良いおすすめタイヤでした。

タグ

2017年7月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ

このページの先頭へ