HIFLY(ハイフライ)HP801タイヤをアウトランダーPHEVに履かせてテスト

HIFLY(ハイフライ)HP801

HIFLY HP801

HIFLY HP801は、SUV、クロスオーバー車用に設計された

走りに必要な要素を高次元でバランスしたタイヤです。

高い運動性能はもちろん、ウェット性能や低燃費性能にも配慮しました。

進化したパターンにより、高速走行でも安定した走りで、耐摩耗性と静粛性も追求したタイヤです。

というメーカーさんのHIFLY HP801のセールストークです。

HIFLY HP801の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

さて今回試乗したのは、三菱のアウトランダーPHEVで

タイヤサイズは225/55R18です。

タイヤカテゴリー(SUVスポーツタイヤ)

インチサイズ(17インチ~22インチ)

HIFLY HP801 ハイフライHP801のタイヤ試乗性能評価レビュー

街乗りは、予想以上に静かで、乗り心地のいいタイヤというのが

第一印象で、突き上げに対するおさまりもイイですね。

PHEVなので車自体が静かなので、タイヤの静かさが良く分かります。

コーナーを攻めてみると、かなりクイックな反応を見せてくれます。

もしかしてこのHIFLY HP801というタイヤ

レベルが高いタイヤなのかも?

これは、高速を走ってみないと評価できないかな。

ということで、東名高速にGOです。

高速合流手前の、キツイコーナーを

入ってみると、おいおいこの速度で曲がれちゃうの?

アウトランダーPHEVはどちらかというと

重い車なんだけど・・・・

横剛性もあるタイヤですね。

さて高速道路に入ってフル加速

キャ~・・・タイヤよりPHEVの加速力に驚きますね。

エンジンが掛かると充電が始まり電圧が上がるのか分からないけど

もの凄い加速力、縦のグリップ力も充分あるね。

ちょっとアウトランダーPHEVという車に感動しちゃってますが、

HIFLY HP801のタイヤ評価に戻ります

速度が上がってもパターンノイズは、多少大きくなりますが

とっても静か、おいおいこれSUVタイヤだよな~???

乗り心地もイイし、高速の突き上げ感もうまくおさまっています。

驚いたのは、直進性の良さ、これタイヤの横剛性があることを

意味しているんですよね!

これだとやはりこのまま首都高にGOです。

路面が新しいところや、古いところもあるし、

荒れた路面もあるし継ぎ目だらけなので、

タイヤ評価には最適な道路なので

用賀のゲートを過ぎて、首都高に入ると

ほォ~、やはり継ぎ目の突き上げのおさまりはイイです。

なので乗り心地がいいんですけどね。

さてコーナーの性能を試さないとね

コーナー入口は、めちゃクイックに反応してくれます。

コーナーのグリップ力もかなり高く

わざとアウトに膨らんでから、ステアリングを切り込んでも

素早く反応してくれます。

さらにタイヤをイジメてテスト、コーナー中に

ブレーキを踏んで、思いっきり前荷重にしてみても

まったく荷重負けしません、やはりかなり横剛性があるタイヤです

う~ん、なんだろう、今までSUVタイヤを評価してきたけど

SUVタイヤで、ここまで高次元でトータル性能をまとめたタイヤは

なかったかな!

このHIFLY HP801というタイヤ

SUVタイヤのプレミアムタイヤと言ってもいいくらいの性能を持っています。

ちょっと驚きでした。

国産SUVタイヤでも、ここまでのトータル性能のタイヤは出ていません。

特に静かさの面で、HIFLY HP801の方が上です。

アジアンタイヤと国産タイヤとの差は、SUVタイヤに関しては

もう逆転されていると、思い知らされました。

ハイフライ HP801のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>HIFLY HP801<<

コチラも参考に

評判の良い人気アジアンコンフォートタイヤランキング⇒コチラから

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月24

HIFLY(ハイフライ)HP801をアウトランダーPHEVに履かせて試乗テストでした!

タグ

2016年6月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ SUVスポーツタイヤ

HIFLY HT601 SUVタイヤ試乗 性能 評価レビュー

HIFLY HT601タイヤの特徴

HT601

 

HIFLY HT601(ハイフライ エイチティー ロクマルイチ)は、

ドライ・ウェットどちらの路面状況でも高いトラクション性能を発揮。

ロードノイズを抑え、快適なドライビングを実現します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(SUVスタンダードタイヤ)

インチサイズ(16インチ~17インチ)

HIFLY HT601のタイヤデザイン

HIFLY HT601のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

HIFLY HT601の実際のSUVタイヤ性能はどうなのでしょうか?

HIFLY HT601 SUVスタンダードタイヤの性能レビュー

車はハイラックスサーフです。

HIFLY HT601

タイヤ2本しか写っていませんが、4本新品に変えますよ。

HIFLYのロゴがしっかりと

DSC_0232[1]

そしてHT601のロゴも

DSC_0233[1]

タイヤを組み終えたら、バランス取りです。

さすがにこのタイヤサイズになると、重たいです(汗)

DSC_0236[1]

バランスを取り終えたら、ハイラックスサーフに取り付けて

ようやく試乗にお出かけです。

HIFLY HT601はどんなタイヤなのかな?

走り出し、やはりハイラックスサーフなので

車の揺れ方がゆっくりで大きい~

低速ではタイヤ自体がボヨンボヨンしているのか

足回りのストロークでそのような揺れになるのかの

判断が付きにくいです。

速度を上げて行くと、なるほど

HIFLY HT601は予想していたより静かなタイヤです。

コンフォートタイヤの静かさと言えば、そこまでの静かさはありませんが

スタンダードタイヤとしては、静かさは合格点です。

次にコーナーですが、まあコーナーを攻める車種ではないので

S字コーナーの切り返しなどを試してみます。

コーナー進入時は、やはり腰砕け感がありますね!

そしてS字の切り返し時も、グニャリ感はかなりあります。

コレだとちょっと、高速道向きではない感じですね。

結構な時間走り回りましたが

ウ~ン・・・コレと言った優れたところは

特に見当たりません。

と言っても悪いところもないけどね。

どちらかというと評価的にはすべてが標準性能レベルで、

収めたというタイヤでした。

でも静かさは結構いいレベルなので

特にタイヤ性能にこだわらない、タイヤが減ったから

交換するんだという方に、オススメなタイヤが

HIFLY HT601タイヤです。

ハイフライ HT601のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>HIFLY HT601<<

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月24

HIFLY HT601 SUVタイヤ性能評価レビューでした!

タグ

2016年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

HIFLY(ハイフライ)タイヤは大丈夫?価格が安過ぎるから不安?

HIFLY(ハイフライ)タイヤは安すぎるけど大丈夫?

HIFLY(ハイフライ)タイヤは中国工場で生産し、北米、ヨーロッパをはじめ現在世界各国で

販売されている人気タイヤ商品、それがHIFLYタイヤです。

HIFLYタイヤは、アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

近年日本にも、HIFLYタイヤがアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって

日本輸入販売店の株式会社オートウェイから、販売されて人気になっているのがHIFLYタイヤです。

人気のきっかけになったのが、コンフォートタイヤのHF201

それとHF805の2種類のタイヤが大人気になり、HIFLYタイヤの認知度が一気に上がりました。

販売当初は、値段が安すぎて、このタイ大丈夫なの?という疑問があったようですが

口コミとネットで履いた方のレビューが高評価だったので、

人気が一気に上昇し、今では大人気タイヤになっています。

HIFLYタイヤの試乗タイヤ性能評価をしています。

HIFLYHF805

高速を得意とするコンフォートタイヤはコチラから⇒ HIFLY HF805

HIFLY HF201

街乗りコンフォートタイヤはコチラから⇒ HIFLY HF201

日本人の悪いクセ!価格が安過ぎるから、性能が悪いと決めつけないでください!

私も試乗テストをする前までは、安かろう悪かろうだと思ってしまいました。反省です。

特にアジアンタイヤは物価の違いで、そう感じる商品もたくさんあります。

HIFLYタイヤは、アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

もちろん安全基準をクリアできているので

各国の基準、規定に合格しているので、信頼性のあるタイヤがHIFLYタイヤです。

HIFLYタイヤの種類は⇒コチラから

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月24

HIFLY(ハイフライ)タイヤは大丈夫?価格が安過ぎるから不安?についてでした!

タグ

2016年5月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ コンフォートタイヤ 中国製タイヤ

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類とタイヤ性能評価

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類

ハイフライタイヤ、低価格でも高性能タイヤとして

認知度が上がっているタイヤメーカーがハイフライタイヤです。

HIFLYタイヤを試乗してみると

どのタイヤもかなり快適性のあるタイヤだったのには、驚きました。

◆HIFLY HF201

HIFLY HF201の試乗レビューは⇒コチラ

 

HIFLY HF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF201

 

◆HIFLY HP801

HIFLY HP801の試乗レビューは⇒コチラ

HIFLY HP801のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HP801

 

◆HIFLY HF805

HIFLY HF805の試乗レビューは⇒コチラ

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF805

 

◆HIFLY HT601

HIFLY HT601の試乗レビューは⇒コチラ

 

HIFLY HT601のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HT601

値段が安いからと言って、甘く見ないでくださいね!

試乗してみたらビックリです。

かなり高性能なタイヤでした。

日本人の悪いクセ!値段が安いと悪い商品という思い込みは

過去の考え方です!

アジアンタイヤと国産タイヤの性能差は

ここ数年で一気に縮まりました。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月24

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類 ラインナップでした!

 

タグ

2016年4月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)の特徴と評価

マックストレック

日本ではまだあまり聞かないタイヤメーカーですが

MAXTREK(マックストレック)は、中国のタイヤメーカーです。

中国バブル景気の真っ最中の2007年に大資本が投入され設立し、

まだ会社的には若い会社ですが、設備投資ももの凄い金額を注いで

世界基準のISO9001、ISO/TS16949を取得した開発生産ラインを持っています。

さらに世界中の認証も取得しています。

MAXTREK INGENS A1のタイヤデザイン

MAXTREK INGENS A1のトレッドパターンは、こんな感じ

 

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

MAXTREK INGENS A1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

MAXTREK INGENS A1タイヤ試乗性能レビュー

タイヤのトレッドパターンは、結構カッコイイパターンです。

乗ってみたいタイヤだったのですが、なかなか試乗できる機会がなく

伸び伸びだったのですが、ようやくMAXTREK INGENS A1に試乗することができました。

タイヤタイプのカテゴリーはスポーツです。

18インチだったので、かなり硬いイメージがありましたが

なかなかタイヤの反発力もあり、ショックの収まりは良いタイヤです。

静かさは、普通と言ったところで、国産の静かなタイヤとは

チョット比べられないレベルかな。

でもパターンノイズは、うるさくは感じません。

不満もなく、満足もせずと言ったところです。

さて首都高に入って速度が上がると

チョット気になるのが、直進安定性

18インチの幅広タイヤなのに、横剛性が足りない感じで

直進安定性がイマイチかな!

さてコーナーを攻めてみると、やはり横剛性が足りない感じ

確かにグリップはあるんだけど、コーナーの入り口と出口の

ステアリング修正はチョットという感じを受けます。

どちらかというと、荷重に負けている感じを受けますね。

標準エアー圧の15%増しでセットしておいたんですが、

これだともっとエアー圧を上げないと高速コーナーでは

走り辛いです。でも普通に走る分には、何も問題は起きないけどね!

カテゴリーがスポーツをうたっている以上、もう少し機敏に反応してほしいものです。

どちらかといえば、コンフォートタイヤと言われた方が合っている感じですね。

でも値段を聞いてビックリ・・・ウソでしょう!

まさかそこまで値段が安いとは・・・(驚)

評価の中に、値段を含めた性能だったら大満足のタイヤですよ。

MAXTREKのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ MAXTREKの種類

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月23

MAXTREK INGENS A1(マックストレックインジェンス A1)タイヤ性能・評価・レビューでした!

タグ

2016年4月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ 中国製タイヤ

このページの先頭へ