RE050Aランフラットタイヤ BMW ブリヂストンのランフラットタイヤ交換 

BMW ブリヂストンのランフラットタイヤ交換 RE050A RFTタイヤ

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

アジアンタイヤじゃないけど?

あッ・・・日本もアジアでした!

さて、もっとも交換が大変なランフラットタイヤ

普通のタイヤチャンジャーだと

どうしてもビート部を持ち上げる時

ホイールに当たってしまうので

タイヤレバーレスのコルギー製の

タイヤチャンジャーで交換です。

1.jpg

ランフラットタイヤって、

日本では必要ではないと思うんだけどね。

パンクしたら、タイヤ交換になっちゃうし

お財布に全然やさしくないタイヤです。

空気が抜けてもある程度の距離なら

内部構造が徐々に壊れながら走れるタイヤ

そのため、パンク修理不可なんです(泣)

普通のパンクならある程度走れるけど

サイドを切ったりしたら走れないし

スペアータイヤも積んでいないので

ローダーで移動するしかありません。

いざという時、スペアータイヤって

必要だと思うんだけどね!

2.jpg

さてタイヤ交換です。

サイズは255/40R17

3.jpg

やっぱりとてつもなく硬いですね。

4.jpg

タイヤを外して

5.jpg

エアーバルブを交換してランフラットタイヤを組みます。

6.jpg

もちろん人間の手では組めないので

機械まかせで

7.jpg

エアーを入れてバランスをとって

車に取り付けて終了で~す。

それにしても、ランフラットタイヤって

重たすぎ、取り付けるのも一苦労ですよ!

ブリヂストンタイヤの種類は⇒コチラから

価格が安いのに高性能なアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技、

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

海外ブランドタイヤを直輸入しオンラインで販売してくれます。

コチラも参考にしてください。

安いランフラットタイヤはコチラからランフラットタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年06月03