パルサーGT-IR アゼニスで足回りセッティング

パルサーGT-IRの足回りセッティング

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

3色パル号の足回りが煮詰まってきたところです。

ちょっと気になるところがあったので

タイヤを変えてテストしてみよう~と。

今履いているのがアゼニスの205/50-15で

標準タイヤの外径よりチョット大き目

アゼニス

このタイヤでセッティング

テストでネオバの195/50R15をセットして車の動きを調べます。

そのあと、さらにネオバの205/45R16もテストです。

ネオバ

ネオバの195を履いてテスト

パルサー

乗ってみると、外径が小さい分やはり加速力が凄い

気温が低いのでパワーも上がっているみたい

1速では4輪ホイールスピン、結構危ないぞ~

調べたいのは加速じゃなくてコーナー

かなりクイックだけど、やっぱり限界付近で

この現象がでてしまうのか~しかも予想通り195のほうがひどい

ロードインデックス不足でタイヤが限界付近で

荷重に負けてヨレてしまう。

ボディー剛性がないときは全く気づかなかったんだけど

今回の3色パル号はハッキリわかっちゃうんだよな~

205/45-16に履きかえてテスト

限界はかなり高くなったけど、やっぱり同じ現象がでちゃう。

この3色パル号フロントが790キロということは

フロント1輪395キロ、ショートサーキットだと最低でも1,5倍は必要

593キロに耐えられないとダメなんだよな~

となるとロードインデックス90以上のタイヤで

尚且つグリップタイヤでパルサーにおさまるタイヤをさがさないと~

でもただ一つの救いは、メーターがモーテックなので

速度計が簡単に補正できるので外径が変わっても

速度計を合わせられるところかな~

2016年、アジアンタイヤからハイグリップタイヤが発売されました。

アジアンタイヤでも、Sタイヤに匹敵するタイヤがあります。

その値段の安さに驚きますよ。

クリックしてね!

街乗りからサーキットまでこなす、NANKANG CR-S

ナンカンCRSのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

私もリピート4回の意気に入りナンカンNS-2R

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

アジアンタイヤ最強のグリップのナンカンAR-1

NANKANG AR-1

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

価格が安いのに高性能なアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技、

まだ読んでいない方は『国産タイヤとアジアンタイヤの違い』を読んでくださいね。

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

海外ブランドタイヤを直輸入しオンラインで販売してくれます。

コチラも参考にしてください。

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

グリップ力欲しいならコチラ⇒スポーツタイヤランキング

快適性無視、圧倒的なグリップ力ならコチラ⇒ハイグリップタイヤランキング

ミニバンをもっと快適に⇒ミニバンタイヤランキング

大口径でも高性能しかも低価格⇒SUVタイヤランキング

ECOタイヤを選ぶならコチラ⇒ECOタイヤランキング

軽自動車も種類が豊富コチラから⇒軽自動車タイヤランキング

オールシーズンタイヤのラインナップはコチラからアジアンオールシーズンタイヤ

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年05月13