アジアンコンフォートタイヤランキング コンフォートタイヤ性能比較

アジアンタイヤ コンフォートタイヤランキング

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

コンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に作られているタイヤです。

コンフォートタイヤとは⇒『快適なタイヤ』という意味になります。

コンフォートタイヤランキングでは、タイヤ性能評価の中の静粛性乗り心地の2に重点をおき

試乗評価ランキングしています。

もちろんプレミアムコンフォートタイヤも含みます。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価しています。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしています。

コンフォートタイヤは、静かさと乗り心地を重視したタイヤです。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

コンフォートタイヤランキング アジアンコンフォートタイヤ性能比較!

1位 NANKANG AS2+

試乗感想レビューはコチラ⇒ナンカンAS2+

NANKANGAS2+のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

2位 MOMO OUTRUN M3

試乗感想レビューはコチラ⇒ MOMO OUTRUN M3

MOMO OUTRUN M3のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

3位 NANKANG AS2+

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS2+

NANKANG AS2+のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

位 HIFLY HF805

試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF805

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

5位 NANKANG AS-1

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1

NANKANG AS-1のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

6位 RADAR Dimax R8+

試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR Dimax R8+

RADAR Dimax R8+のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価ランキングです。

それぞれのコンフォートタイヤは、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

価格が安いのに高性能なアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技、

まだ読んでいない方は『国産タイヤとアジアンタイヤの違い』を読んでくださいね。

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年05月20日

公開日:2016年05月11日

アジアン コンフォートタイヤ性能ランキング!アジアン コンフォートタイヤ性能比較でした。