アジアンタイヤ HIFLY(ハイフライ)スタッドレスの特徴と種類

安い冬タイヤならHIFLYスタッドレスタイヤ

HIFLYタイヤは、高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現し、

北米、ヨーロッパをはじめ世界各国で 販売されている人気ブランドです。

アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

HIFLYスタッドレスタイヤの特徴

HIFLY Win-Turi 212(ウィンツゥリ212)

win-turi-212

HIFLY Win-turi 212スタッドレスタイヤの特徴

HIFLY Win-turi 212(ウィンツゥリ212)は、低ノイズで、

冬季の濡れた路面でも安全性に優れているスタッドレスタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

インチサイズ(12インチ~18インチ)

ハイフライ Win-turi 212のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY Win-Turi 212

HIFLY Ice-Transit(アイス・トランジット)

ice-transit

Ice-Transitスタッドレスタイヤの特徴

Ice-Transit(アイス・トランジット)は、商用車用に設計されており、

持続したハンドリング性能、長距離の走行でも安定した

トラクション性能と雪上性能を発揮するスタッドレスタイヤです。

インチサイズ(14インチ)バン用スタッドレスタイヤ

ハイフライ Ice-Transitのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY Ice-Transit

HIFLY Win-Transit(ウィン・トランジット)

 

win-transit

Win-Transitスタッドレスタイヤの特徴

Win-Transit(ウィン・トランジット)は、

サイプが刻まれた大きなブロックで構成され、

安定したトラクション性能と雪上性能を発揮する、

商用車用のスタッドレスタイヤです。

インチサイズ(15インチ~16インチ)バン用スタッドレスタイヤ

ハイフライ Win-Transitのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY Win-Transit

HIFLYスタッドレスタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月09日

アジアンタイヤ HIFLY(ハイフライ)スタッドレスの特徴と種類でした。

 

タグ

2018年10月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ スタッドレスタイヤ

安くて評判の良い人気のHIFLY(ハイフライ)タイヤの種類と特長評価

安くて評判の良い人気のHIFLY(ハイフライ)タイヤに実際乗った感想をまとめました。

ハイフライタイヤは、アジアンタイヤの中でもタイヤの価格が安いですが、

高性能タイヤとして日本でも認知度が上がっているタイヤメーカーです。

低価格のタイヤですが、HIFLYタイヤを実際試乗してみると

どのタイヤもかなり快適性のあるタイヤだったのには、驚きました。

安くても良いタイヤってあるんだな~って思わされました。

◆HIFLY HF201

HIFLY HF201の試乗レビューは⇒コチラ

 

HIFLY HF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF201

 

◆HIFLY HP801

HIFLY HP801の試乗レビューは⇒コチラ

HIFLY HP801のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HP801

 

◆HIFLY HF805

HIFLY HF805の試乗レビューは⇒コチラ

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF805

 

◆HIFLY HT601

HIFLY HT601の試乗レビューは⇒コチラ

 

HIFLY HT601のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HT601

値段が安いからと言って、甘く見ないでくださいね!

試乗してみたらビックリです。

かなり高性能なタイヤでした。

日本人の悪いクセ!値段が安いと悪い商品という思い込みは

過去の考え方です!

アジアンタイヤと国産タイヤの性能差は

ここ数年で一気に縮まりました。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月09日

安くて評判の良い人気のHIFLY(ハイフライ)タイヤの種類と特長評価でした!

タグ

2018年6月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ

アジアンタイヤ メーカーの種類 人気の10メーカー

アジアンタイヤメーカー10選 激安輸入タイヤ

アジアンタイヤメーカーの中から、人気のタイヤメーカー

試乗評価した中から、激安タイヤでありながら

高性能なタイヤを厳選し紹介します。

ネット通販で売れている人気メーカーです。

おすすめアジアンタイヤメーカー10選のご紹介

NANKANG(ナンカン)タイヤ

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞しています。

世界170ヶ国での販売実績が証明するキングオブアジアンタイヤが

NANKANG(ナンカン)タイヤです。

タイヤの種類が豊富で、一般タイヤから、サーキットタイヤまで揃っている

タイヤメーカーです。

NANKANGタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

 

 

ATR RADIALタイヤ

世界のレースシーンで、その高いパフォーマンスを証明し続ける

インドネシアのATRradial。

ドリフトユーザーから一般ユーザーまでを魅了する品質とラインナップは、

世界100ヶ国で愛用されています。

欧州サッカーのトップチームであるPSG(パリサンジェルマン)の

オフィシャルタイヤパートナーとしても有名です。

ATR SPORTタイヤは、スポーツタイヤを得意とするタイヤメーカーです。

ATR SPORTタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MOMO(モモ)タイヤ

ステアリングをはじめ、長年のレース経験で培われた技術と経験を取り入れた

自動車パーツで有名なイタリアのブランドMOMO(モモ)。

MOMOタイヤはサイドウオールの美しさまで追及している

タイヤメーカーがMOMOタイヤです。

MOMOタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

ROADSTON(ロードストーン)タイヤ

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤは、

韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、

主に欧米市場に販売されているタイヤで

ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

アメリカで販売されるタイヤは、規格がとても厳しいです。

即裁判になるのがアメリカだからです。これだけでも

アメリカで販売しているROADSTONEタイヤが高品質であるという証です。

低価格でありながら高性能なタイヤがROADSTONEタイヤです。

ROADSTONタイヤタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

SUPERIA(スーペリア)タイヤ

高い設計力、開発力によりSUPERIA(スーペリア)は、

ヨーロッパへの流通が多くヨーロッパのエンジニアとの共同開発により、

国際的なクオリティと性能基準を満たしながら規格認定を受けているタイヤメーカーです。

SUPERIAタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

HIFLY(ハイフライ)タイヤ

高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現し、

北米、ヨーロッパをはじめ世界各国で 販売されている人気ブランドHIFLY。

アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

低価格でありながら、高性能な実力をもつタイヤメーカーで

日本で人気急上昇中のタイヤメーカーがハイフライタイヤです。

HIFLYタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX。

乗用車からトラック・バス用まで幅広いラインナップを

世界85ヶ国以上で販売しているのがジーテックスタイヤです。

ZEETEXタイヤの種類は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MINERVA(ミネルバ)タイヤ

ヨーロッパで愛されて100年。

ベルギー発の歴史的グローバルタイヤブランドMINERVA。

ヨーロッパをはじめアジアなど世界52ヶ国以上で

販売されているのがミネルバタイヤです。

MINERVAタイヤの種類は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MAXTREK(マックストレック)タイヤ

MAXTREK(マックストレック)は中国のタイヤメーカーです。

顧客満足度を追求しているタイヤメーカーが

マックストレックタイヤです。

MAXTREKタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

 

 

Radar(レーダー)タイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR。

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドが

レーダータイヤです。

RADARタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NEXEN(ネクセン)タイヤ

韓国を代表する大手タイヤメーカーNEXEN。

革新的な技術と品質の高さが評価され世界の自動車メーカーが

純正装着タイヤに採用しています。

欧州サッカーのトップチームであるマンチェスターシティの

オフィシャルパートナーとしても有名です。

ネクセンタイヤは、タイヤ性能はもちろんですが

タイヤのデザインまでこだわるタイヤメーカーがネクセンタイヤです。

NEXENタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月06日

アジアンタイヤメーカー10選 おすすめ激安輸入タイヤでした!

 

タグ

2017年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アジアンタイヤメーカー

中国製タイヤの激安タイヤ性能はどのレベル?

中国製タイヤは、値段が安過ぎて大丈夫なのかという疑問があると思います。

中国タイヤメーカーは、驚くことに約1000社になります。

ほとんどの中国タイヤメーカーは知られていません。

なぜかというと、これ日本では考えられないことですが、

中国の政策が日本と全く違います

中国のやり方は、まず巨大工場を作ってしまい

工場の規模で国が年間の生産ノルマの数量を設定します。

これが日本と大きく異なるところですが、

ノルマを達成しなければ工場が閉鎖に追い込まれることになるので

新規参入を探し資本のある商社などに声を掛けタイヤ事業を始めてもらう。

そしてタイヤができあがり、タイヤを販売するという流れです。

中国はとりあえず生産して販売してしまおうというお国柄ということです。

これにより1工場に沢山のタイヤ会社ができてしまうということになり

タイヤ会社が増えて行ってしまう結果になっています。

その為どうしても良い商品なんてできる環境にないのは当たり前で

この流れを知っている方が中国製タイヤは粗悪品だという情報になったのだと思います。

なので、中国国内で販売されている認知度のないタイヤは

いまだに、低レベルのタイヤが作られていることも確かです。

でも現在日本で販売されている中国製タイヤは

日本のタイヤ商社によって吟味されたタイヤだけが輸入されているので信頼できます。

約1000社ある中国タイヤメーカーの数社程度しか日本に入ってきていません。

基本的に日本に輸入されているタイヤメーカーは

世界基準で規格されている検査をクリアしたタイヤしか輸入されていないので問題ありません。

すなわち中国製タイヤメーカーの中のTOPレベルのプレミアムタイヤしか

日本には入ってこれないということなんです。

中国のタイヤも企業努力によって生まれている良いタイヤも沢山あります。

お国柄だけで信頼性や安全性がないと思い込むのは、間違いですよ。

確かに2000年ごろの中国製タイヤは、プレミアムタイヤとしても

レベルが低すぎたことはありますが、その後も試乗し性能レビューを

していくうちに、中国製タイヤのレベルは2010年以降飛躍的に進歩し

今では、日本製タイヤに引けをとらない、レベルになってきています

その中国タイヤメーカーのTOPがTRIANGLE、世界の基準をクリアし日本にも

輸入されるようになりましたが、歴史は30年以上ですがようやく世界標準

といったところでしょうか。まだ高性能タイヤまでは差があるようです。

2位が中策ゴムで初の国外工場があります。

なぜ中国製タイヤが増えているのか?

実は中国タイヤメーカーが強いのではなく、中国で生産されている

中国製タイヤが増えているというのが正解です。

世界のタイヤメーカーが、中国のタイヤ工場で生産し

販売しているということなのです。

そのため、タイヤレベルは高性能に保たれています。

品質管理は各国のタイヤメーカー基準を満たし

生産ラインの機械も各国のタイヤメーカーの機械を使っているため

生産国が中国であるということだけなんです。

日本メーカータイヤでも、中国製やインドネシア製が

増えているのも、このような流れがあるからです。

ここで中国製タイヤのご紹介!中国タイヤメーカーではありませんよ。

生産国が中国ということです。

一番分かりやすいのが、イタリヤのMOMO

このMOMOタイヤも、中国工場で作られているので

中国製タイヤです。

 

コチラから⇒MOMOタイヤの種類と試乗レビュー

 

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX(ジーテックス)

これもタイヤの種類によってほとんどがインドネシア製ですが中国製もあります。

 

コチラから⇒ZEETEXタイヤの種類と試乗レビュー

 

アメリカのユニコーンタイヤ社のタイヤブランドHIFLY(ハイフライ)

こちらも日本の知名度が2015年ぐらいから一気に高くなっていますが

中国製タイヤです。

コチラから⇒HIFLYタイヤの種類と試乗レビュー

このように中国製タイヤだから悪いという評価は間違っていて

生産国が中国なだけで、技術と品質管理は各国のタイヤメーカーなんです。

このMOMOタイヤ、ZEETEXタイヤ、HIFLYタイヤ試乗してみると

高性能タイヤでした。

しかも値段が安いので、一気に認知されその品質と性能が

日本人にも評価されているのだと思います。

そのためリピートが増え、売れ続けていると思います。

ではトライアングルは残念ながら、値段が安く一度は履いてみたものの

評価が標準なため、高品質を求める日本人には

まだ認められていないのが、現状だと思います。

安くても高品質なタイヤなら、日本人も好むということなんですね!

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月06日

中国製タイヤの激安タイヤは大丈夫なのか?でした。

 

タグ

2017年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中国製タイヤ

HIFLY(ハイフライ)HF805タイヤ試乗性能 評価レビュー

HIFLY(ハイフライ)HF805タイヤ

hiflyhf805

HIFLY HF805(エイチエフ ハチマルゴ)は、

シリカを配合することで高速走行時でも安定した直進性能とコーナリング性能を発揮します。

それだけでなく、高い静粛性で快適な乗り心地も提供します。

というメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

タイヤサイズ(15インチ~20インチ)

HIFLY HF805のタイヤデザイン

HIFLY HF805のトレッドパターンは、こんな感じ

サイドウォールは、こんなデザイン

タイヤのかど、ショルダー部はこんな感じ

HIFLY HF805の実際のタイヤ性能はどうなのでしょう。

HIFLY(ハイフライ) HF805タイヤの試乗 性能 評価レビュー

ハイフライHF805タイヤを試乗!タイヤサイズは215/45R17で

もっとも17インチでは多いサイズです。

ミニバンで試乗して見たかったのですが

今回はアテンザワゴンに履いて試乗です。

しかも珍しいM/T車です。

試乗にGOです。まず走り出しは、とってもソフトで静かです。

215/45R17という偏平タイヤは通常突き上げ感がある程度ありますが

このハイフライHF805は、タイヤ自体で突き上げを緩和してくれるタイヤです。

以前にも試乗し性能を書きましたが、このタイヤ、シリカを配合して

すべての性能をアップしているタイヤなんです!

余談のシリカの説明になりますが

タイヤを作る生ゴムの色は、輪ゴムの色です!

何を混ぜて生成するかで

タイヤのゴムの性質、性格が変わるので

基本はブラックカーボンです!

で・・・タイヤは黒くなるんですが・・・・

日本のタイヤでは、このシリカを混ぜる比率が

タイヤゴム性能のノウハウになっています。

シリカと言ってもケイ素すなわちガラスなんですけどね(驚)

ちょっと話が専門的になってしまいましたが

シリカがタイヤ性能にとって重要ということが

分かって頂けたらと少し書いてみました。

ハイフライのHF805はこのシリカを配合することにより

飛躍的にタイヤ性能をアップさせたタイヤです。

もはや、日本のタイヤに引けを取らない

タイヤ性能をしめしてくれてます。

タイヤ性能は特に静かさは、タイヤの温度

すなわち、接地面のゴムの温度が重要です。

低温では硬くなるゴムの性質、コレをシリカを混ぜることにより

分子間の摩擦・運動エネルギーを熱エネルギーに変換してしてくれる

性質を持っているのがシリカです。

タイヤ性能にとっては、とっても役に立つのがシリカの性質です。

ということで、HF805の試乗に、戻りますが

タイヤが低温でも静かなタイヤという特徴があります。

冬の気温になると、もっと静かさを体感できますよ!

さて静かさだけでなく、一般道のコーナーを攻めてみても

このグリップ力と安定感は、日本のタイヤに引けを取らない性能をしめしてくれます。

もう少し横剛性があれば、完全にプレミアムタイヤなんですけどね!

アジアンタイヤとして、コンフォートタイヤでランキングするなら

かなり上位に食い込むタイヤ性能です。

前回、高速道路と、首都高の性能を評価しているので

今回は走っていませんが、やはりコンフォートタイヤとしての

性能はHF805はピカイチですね!

この価格より高くても充分売れるタイヤだと思いますが・・・

ハイフライHF805タイヤの価格とサイズは

コチラから⇒HIFLY HF805

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

タイヤアルミセットは⇒コチラから

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月06日

アジアンタイヤ HIFLY HF805試乗レビューでした!

 

タグ

2016年10月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ コンフォートタイヤ 中国製タイヤ

このページの先頭へ