中国製タイヤの激安タイヤ性能はどのレベル?

中国製タイヤは、値段が安過ぎて大丈夫なのかという疑問があると思います。

中国タイヤメーカーは、驚くことに約1000社になります。

ほとんどの中国タイヤメーカーは知られていません。

なぜかというと、これ日本では考えられないことですが、

中国の政策が日本と全く違います

中国のやり方は、まず巨大工場を作ってしまい

工場の規模で国が年間の生産ノルマの数量を設定します。

これが日本と大きく異なるところですが、

ノルマを達成しなければ工場が閉鎖に追い込まれることになるので

新規参入を探し資本のある商社などに声を掛けタイヤ事業を始めてもらう。

そしてタイヤができあがり、タイヤを販売するという流れです。

中国はとりあえず生産して販売してしまおうというお国柄ということです。

これにより1工場に沢山のタイヤ会社ができてしまうということになり

タイヤ会社が増えて行ってしまう結果になっています。

その為どうしても良い商品なんてできる環境にないのは当たり前で

この流れを知っている方が中国製タイヤは粗悪品だという情報になったのだと思います。

なので、中国国内で販売されている認知度のないタイヤは

いまだに、低レベルのタイヤが作られていることも確かです。

でも現在日本で販売されている中国製タイヤは

日本のタイヤ商社によって吟味されたタイヤだけが輸入されているので信頼できます。

約1000社ある中国タイヤメーカーの数社程度しか日本に入ってきていません。

基本的に日本に輸入されているタイヤメーカーは

世界基準で規格されている検査をクリアしたタイヤしか輸入されていないので問題ありません。

すなわち中国製タイヤメーカーの中のTOPレベルのプレミアムタイヤしか

日本には入ってこれないということなんです。

中国のタイヤも企業努力によって生まれている良いタイヤも沢山あります。

お国柄だけで信頼性や安全性がないと思い込むのは、間違いですよ。

確かに2000年ごろの中国製タイヤは、プレミアムタイヤとしても

レベルが低すぎたことはありますが、その後も試乗し性能レビューを

していくうちに、中国製タイヤのレベルは2010年以降飛躍的に進歩し

今では、日本製タイヤに引けをとらない、レベルになってきています

その中国タイヤメーカーのTOPがTRIANGLE、世界の基準をクリアし日本にも

輸入されるようになりましたが、歴史は30年以上ですがようやく世界標準

といったところでしょうか。まだ高性能タイヤまでは差があるようです。

2位が中策ゴムで初の国外工場があります。

なぜ中国製タイヤが増えているのか?

実は中国タイヤメーカーが強いのではなく、中国で生産されている

中国製タイヤが増えているというのが正解です。

世界のタイヤメーカーが、中国のタイヤ工場で生産し

販売しているということなのです。

そのため、タイヤレベルは高性能に保たれています。

品質管理は各国のタイヤメーカー基準を満たし

生産ラインの機械も各国のタイヤメーカーの機械を使っているため

生産国が中国であるということだけなんです。

日本メーカータイヤでも、中国製やインドネシア製が

増えているのも、このような流れがあるからです。

ここで中国製タイヤのご紹介!中国タイヤメーカーではありませんよ。

生産国が中国ということです。

一番分かりやすいのが、イタリヤのMOMO

このMOMOタイヤも、中国工場で作られているので

中国製タイヤです。

 

コチラから⇒MOMOタイヤの種類と試乗レビュー

 

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX(ジーテックス)

これもタイヤの種類によってほとんどがインドネシア製ですが中国製もあります。

 

コチラから⇒ZEETEXタイヤの種類と試乗レビュー

 

アメリカのユニコーンタイヤ社のタイヤブランドHIFLY(ハイフライ)

こちらも日本の知名度が2015年ぐらいから一気に高くなっていますが

中国製タイヤです。

コチラから⇒HIFLYタイヤの種類と試乗レビュー

このように中国製タイヤだから悪いという評価は間違っていて

生産国が中国なだけで、技術と品質管理は各国のタイヤメーカーなんです。

このMOMOタイヤ、ZEETEXタイヤ、HIFLYタイヤ試乗してみると

高性能タイヤでした。

しかも値段が安いので、一気に認知されその品質と性能が

日本人にも評価されているのだと思います。

そのためリピートが増え、売れ続けていると思います。

ではトライアングルは残念ながら、値段が安く一度は履いてみたものの

評価が標準なため、高品質を求める日本人には

まだ認められていないのが、現状だと思います。

安くても高品質なタイヤなら、日本人も好むということなんですね!

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月06日

中国製タイヤの激安タイヤは大丈夫なのか?でした。

 

タグ

2017年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中国製タイヤ

MINERVA(ミネルバ)タイヤの種類とタイヤ性能評価

MINERVAタイヤの特徴

アジアンタイヤメーカーではありませんが、

ベルギーの技術を中国で生産することで低価格を実現しているタイヤです。

ヨーロッパで愛されて100年。

ベルギー発の歴史的グローバルタイヤブランドMINERVAタイヤです。

ヨーロッパをはじめアジアなど、世界52ヶ国以上で販売されています。

MINERVAタイヤ ミネルバタイヤの種類

◆EMI ZERO HP

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)

インチサイズ(13インチ~17インチ)

EMI ZERO HPタイヤの試乗レビューは⇒コチラ

emi-zero-hp

ミネルバのイーエムアイ HPタイヤサイズと価格は

こちらから⇒EMI ZERO HP

 

◆EMI ZERO SUV

タイヤカテゴリー(SUVコンフォートタイヤ)

インチサイズ(16インチ~19インチ)

emi-zero-suv

EMI ZERO SUV(イーエムアイ ゼロ SUV)は、

静粛性を高め、乗り心地を向上させると共に、

偏摩耗の抑制も計算されたトレッドパターンを採用。

経済的でロングドライブも楽しくなるタイヤです。

ミネルバのイーエムアイ ゼロ  SUVタイヤサイズと価格は

こちらから⇒EMI ZERO SUV

 

◆EMI ZERO UHP

タイヤカテゴリー(SUVコンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~19インチ)

emi-zero-uhp

EMI ZERO UHP(イーエムアイ ゼロ UHP)は、

幅の広い縦溝が高い排水性を実現。

ウェット時の路面でも安定した走行が可能なSUVタイヤです。

非対称に設計されたトレッドパターンが

コーナリング時の安定性を向上させていますので、

スポーティなドライブを楽しむことができるタイヤです。

イーエムアイ UHPのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒EMI ZERO UHP

 

◆EMI ZERO VAN

タイヤカテゴリー(バン用スタンダードタイヤ)

インチサイズ(12インチ~16インチ)

emi-zero-van

EMI ZERO VAN(イーエムアイ ゼロ VAN)は、

静粛性と乗り心地に優れた商用車用タイヤです。

イーエムアイ VANのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒EMI ZERO VAN

 

M109.WSW

タイヤカテゴリー(ホワイトリボン・コンフォートタイヤ)

タイヤサイズ(15インチ)

m%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%99-wsw

MINERVA M109.WSW(ミネルバ M109ホワイトリボン)は、

偏摩耗しにくい構造・トレッドデザインでロングライフを実現。

スムーズな乗り心地に加え、オンロードからオフロードまで

高い走破性も兼ね備えているタイヤです。

M109 VANのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒MINERVA M109.WSW

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月06日

MINERVAタイヤ ミネルバタイヤの種類でした!

 

 

タグ

2016年10月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ベルギー製タイヤ

HIFLY(ハイフライ) HF805のタイヤ性能の高さにはビックリ

HIFLY HF805タイヤ

HF805

アジアンタイヤの中でコストパフォーマンスに優れたタイヤで

アメリカ、ヨーロッパを始め、

日本でも人気急上昇のブランドHIFLY(ハイフライ)

中国製タイヤです。

HF805(エイチエフ ハチマルゴ)は、

シリカを配合することで高速走行時でも

安定した直進性能とコーナリング性能を発揮

それだけでなく、高い静粛性で快適な乗り心地も提供してくれます。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~20インチ)

HIFLY HF805のタイヤデザイン

HIFLY HF805のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

HIFLY HF805のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

タイヤの性能を飛躍的に上げてくれる高価なシリカを配合することで

高性能タイヤにしてくれてます。

このシリカという物質、実はタイヤにとって

とてもベストな性能アップをさせてしまう成分です。

このシリカの配合比率をある比率にすることによって

低温からグリップを発揮し、ウエット路面でももの凄いグリップ力を

発揮してくれるタイヤに変貌してしまいます。

このシリカをおいしい比率で混合しているのが

トーヨータイヤのプロクセスR1Rという、とてつもないグリップ力を

低温から生み出す性能を誇っていますし、

レース用のウエットタイヤとしても有名です。

このシリカの配合比率はもちろん企業秘密ですけどね。

今回のHIFLY HF805はこのシリカを使い

かなりハイレベルなタイヤに仕上げてきました。

値段は本当に驚くほど安いんですが

これは物価の違いが大きく関係しています。

性能は、この値段では考えられないほどの性能を

発揮してくれたのには驚きました。

国産タイヤ1本分の価格で

4本買えて、性能がここまであると

ちょっと国産タイヤが押されてしまうような危機感もありますね。

このHF805タイヤ、トータルレベルがかなり高いタイヤです。

静粛性の面で、国産タイヤとかなり差があったのですが

今回のHF805は、突然のレベルアップをしてきたなァ~

という感想です。

値段が安すぎて、本当に大丈夫なのかと

思っていましたが、試乗してからは、

そのタイヤ性能の高さには驚きました。

この性能なら、値段を2倍にしても

充分満足できるタイヤなんですどね!

とにかく値段が安すぎます。

ここまで安いと、日本人の悪いことろですが

安すぎると、ダメ商品というイメージが、

どうしてもあるんですよね。

HF805の性能は、シリカを配合したことにより

かなりレベルアップしています。

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF805

更新日:2019年11月03日

激安タイヤ HIFLY HF805のタイヤ性能・評価・レビューでした!

タグ

2016年2月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ コンフォートタイヤ 中国製タイヤ

持込みですがZETA ALVENTIタイヤを組みました。

ZETA ALVENTIタイヤ

こんな感じのトレッドパターン・・・

なんだか見たことのあるパターンだな??

これフロントで245/40R19

DSC_1884.JPG

リヤが275/35R19

DSC_1883.JPG

車はベンツのS500です。

今まで付いていたタイヤを外して

DSC_1885.JPG

どうなのかな?このタイヤ

DSC_1886.JPG

全く問題なく組めました。

バランスも悪くないね。

中国製タイヤだけど、

かなりタイヤ技術の進歩が見られます。

トレッドパターンも国産のヴューロにそっくりだけどね。

昔は日本も、マネから始まって

今があるのだから、どうこう言える立場ではありませんよね!

コチラも参考に!

激安タイヤならオートウェイ

大人気のアジアンタイヤ

ここでアジアンタイヤの価格を確かめてください。

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月11日

持込みですがZETA ALVENTIタイヤを組みました。でした!

タグ

2015年7月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中国製タイヤ

ジーテックスHP103でサーキット走行レビュー

ジーテックスHP103サーキット評価レビュー

そういえば、サーキット走行後の

ジーテックスHP103のタイヤの状態写真を

載せていなかったような?

アジアンタイヤ激安のオートウェイから

フロント245/40R17、リヤ255/40R17

4本送料込で30000円で、

お釣りがきちゃうんだから

このサイズでは、激安ですね(笑)

感想は以前書いたので・・・

まずコレが新品時のタイヤ

1

そしてサーキット走行、1時間走行後のジーテックスHP103の状態です。

2

ゴム質はとても柔らかいけど、減らないです(驚)

2

温度が上がる初期のグリップは良かったですよ。

溶ける温度になる前に、グリップ力は落ちます。

エアーを抜いても、同じでした。

静かなスポーツタイヤといった分類ですね。

一般道なら、乗り心地、静かさは

とてもいい快適に走れるタイヤでした

サーキットで、ドリフトを楽しむ方には

オススメですよ!

ドリフトのコントロール性は抜群なタイヤです。

初期応答性は1テンポ遅れるけどね(笑)

中国製ジーテックスHP103サーキット評価レビューでした。

ZEETEX(ジーテックス)タイヤの種類と性能レビューは

コチラから⇒ZEETEX性能レビュー

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月11日

ジーテックスHP103でサーキット走行レビューでした!

 

タグ

2015年7月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ 中国製タイヤ

このページの先頭へ