ダンロップディレッツァZⅡスタースペックのタイヤ性能評価レビュー

ダンロップディレッツァZⅡスタースペックのタイヤ試乗評価レビュー

車は懐かしのR32GTRです。サーキット仲間のR32GTR号です。

足回りのセッティングはもちろん黒70がセッティングしています。

この車に、ダンロップディレッツァZⅡスタースペックを履かせて

富士スピードウェイを走ってきてもらいました。

1.jpg

タイヤを見る限りでは

結構楽しんで来たんじゃないのかな~

タイヤを見ると・・・楽しさが分かっちゃうんだけど

これ左フロントタイヤ

2.jpg

そして右フロントタイヤ

DSC_09051.jpg

このディレッツァZⅡスタースペック、イイ溶け方しているな~(驚)

こういう溶け方って、かなりグリップ力あるんだよな~

サーキット仲間のオーナーさん

このタイヤは、最初からイケちゃうそうです。

これ、タイヤを暖めなくてもという意味ですよ(笑)

トーヨータイヤのR1Rも、

最初からイケちゃうタイヤの元祖ですけどね。

さてオーナーさんかなりディレッツァZⅡスタースペックが

気にいったみたい、めちゃグリップ力あるよ~って

久々にいいタイヤにを見つけたみたいです。

高温で溶ける温度になるとさらにグリップが上がる~って

喜んでいました。

DIREZZA Z2も今ではZ3に進化しています。

DIREZZA Z3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒DIREZZA Z3

値段が高いと思われた方、大丈夫です。

2015年から2016年にかけてアジアンタイヤから

グリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

価格が安くても、グリップするタイヤが買える時代です。

参考にして見てください。

コチラから⇒アジアンタイヤ・ハイグリップタイヤランキング

このグリップ力の性能の高さなのに、

そのあまりの値段の安さのギャップに驚きますよ。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月01

ダンロップディレッツァZⅡスタースペックのタイヤ性能評価レビューでした。

 

タグ

2015年7月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ダンロップタイヤ 国産タイヤ

ダンロップ ディレッツァZ2のタイヤ性能評価レビュー

ダンロップ ディレッツァZ2のタイヤ試乗性能評価レビュー

ダンロップのハイグリップタイヤの

ディレッツァZ2、サーキットで試乗してきました。

偶然、サーキット仲間が履いていたので(笑)

車は秘密ですが・・・・ちょっと乗せて~って・・・

OKをもらいました。

乗り初めは、タイヤが暖まっていないので???

なるほど、まだ低温なのにグリップあるね(驚)

この頃のハイグリップタイヤの特徴かも

となると、なんだか楽しくなってきました。

ホォ~、タイヤ自体の剛性もあるし

ブロックのヨレも感じさせない

このダイレクト感がイイね

流れても、コントロールしやすいし

ドッカン抜けは、まったくありません。

かなりイイ感じのグリップタイヤじゃん(驚)

やっぱり、タイヤって乗ってみないと

分からないよなァ~!

ちょっとフロントキャンバーが足りなかったのが

気になっていたけど

そこをタイヤがカバーしてくれたという感じ

Z2.jpg

さてタイヤを見てみると、ロールアンダーの減り方

これだとバネレートも足りな過ぎなんだよね。

でも、ディレッツァZ2というタイヤ

グリップ力はかなりあるのにはビックリ

ダンロップタイヤの種類は⇒コチラから

ダンロップ ディレッツァZ2の試乗評価レビューでした。

2015年から2016年にかけてアジアンタイヤから

グリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

価格が安くても、グリップするタイヤが買える時代です。

コチラから⇒アジアンタイヤ・ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月01

タグ

2015年7月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ダンロップタイヤ 国産タイヤ

ディレッツァZⅡが来ました。

ディレッツァZⅡが来ました。

とっても太いディレッツァZⅡが来たけど

1.jpg

しかも4本とも275/35R18

2.jpg

おいおいフロントに275なんて履ける車ってなに?

ブロックがデカイからグリップしそうですね!

完全にサーキット向けのグリップタイヤです。

今ではディレッツァZ2からZ3に進化しています

ディレッツァZ3のタイヤサイズと値段は

コチラから⇒ディレッツァZ3

2015年から2016年にかけてアジアンタイヤから

グリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

価格が安くても、グリップするタイヤが買える時代です。

コチラから⇒アジアンタイヤ・ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月01

タグ

2015年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ダンロップタイヤ 国産タイヤ

オートウェイからディレッツァDZ101が来ました。

ディレッツァDZ101タイヤ性能評価レビュー

ディレッツァDZ101、タイヤのカテゴリーはスポーツタイヤです。

さて乗り始めは、なかなか静かなタイヤという印象です。

この頃のスポーツタイヤは、静かさも追求しているみたいですね!

初期の応答性はいいタイヤ、

スパッとフロントの向きが変わるし

コーナーを攻めてもなかなかいい感じ、

一般道では十分なグリップ力です。

ショートサーキットを走る機会があったので走行テストしてみました。

低温時のグリップはなかなかいい、

さてタイヤが温まって全開走行、

高速コーナーを限界で攻めてみたけど、ウヒョ・・・???

限界が低い、しばらく周回を続けてみたけど、

グリップ力は上がらず逆に熱ダレでズルズル状態。

ウ~ン、ちょっとこのディレッツァDZ101のグリップ力だと、

サーキットには向いていないタイヤだなァ~。

あまりにもサーキットではグリップ力がなさ過ぎ。

やはりグリップタイヤとは比べ物にならない。

一般道なら十分なタイヤだけどサーキットでは、

楽しめないタイヤでした。

DZ101

このディレッツァDZ101は『静かなスポーツタイヤ』

一般平均スポーツタイヤと比べても、多少グリップ力が上のタイヤという感でした。

サーキット走行は、高温で溶け始めるとグリップ力が落ちるタイヤで

サーキットは苦手なタイヤでしたね。

一般公道なら静かでグリップがあるので、満足できると思います。

ディレッツァDZ101のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ディレッツァDZ101

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤからグリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

価格が安くても、グリップするタイヤが買える時代です。

コチラから⇒アジアンスポーツタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月01

タグ

2015年7月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ ダンロップタイヤ 国産タイヤ

ダンロップタイヤのプレミアムタイヤ VEURO(ヴューロ)VE303 試乗レビュー

ダンロップのプレミアムタイヤ VEURO(ヴューロ)VE303

ヴューロVE303、プレミアムタイヤです。

トレッドパターンには、あまり特徴がないような?

なんだか普通~

1.jpg

当然、吸音スポンジ付き

このスポンジが段差や継ぎ目を乗り越える時

メチャ静かなんだよな~

2.jpg

さて、タイヤを組んでも、特にこれといった

特徴もなく、サイドが硬くもないし、柔らかくもなく

普通です。

3.jpg

バランスもイイね。

車に取り付けて、乗らせて頂きました。

ヴューロVE303試乗レビュー

なるほど、そうか~

VE301は以前履いたけど

このVE303は、まったくの別物

この静かさはなに?

速度が上がってくると、さらに静か

VE302から吸音スポンジが付いて

その時の静かさも驚いたけど

VE303はさらに静かです。

そして初期の応答性もメチャいいし

直進性もバツグン、切りたした時の

ブロックのヨレ感も感じさせないし

悪いところが、全く見当たらない。

なんじゃこのタイヤは

まあ限界走行をするようなタイヤではないので

ここまでにしておきます(笑)

もう一度トレッドパターンを見てみると

なるほど、真ん中の3本のトレッド

これブロックになっていなくて、

全部つながっているので、

ブロックのヨレ感がないのか~

プレミアムタイヤって

サイドのブロックが細かいのが

特徴だけど横溝がやけに細く作られている

この頃サイドトレッドには

スタッドレス技術を使って

細かいブロックの場合

ブロックがブロックで互いに

支えるようになっているみたい。

とにかくこのVE303って

見た目は、なんだか普通のタイヤに見えるけど

とてつもなく、高次元の静かさとハンドリングを

兼ね備えたタイヤでした。

まずは価格を見てくださいね!

ヴューロVE303のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ヴューロVE303

価格が高いと思われた方、でも大丈夫です。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年06月30

ダンロップタイヤのプレミアムタイヤ ヴューロVE303でした!

タグ

2013年4月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダンロップタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ