カーバッテリー適合表!車種名ごとにカーバッテリー検索できます。

カーバッテリー適合検索!

自動車メーカーから、車種名ごとに適合バッテリーが検索できます。

自分の車にどんな形式のカーバッテリーが搭載されているのか?

国産車適合バッテリー検索、欧州車適合バッテリー検索、米国車適合バッテリ検索で

簡単にあなたの車の適合バッテリーが調べられます。

車種名しか分からない場合、車検証をご確認いただき、

車両型式、エンジン型式でバッテリー適合が確認できます。

注、車種・年式・エンジン型式が同じ場合でも、車種によっては搭載バッテリーが異なる場合があります。(寒冷地仕様等)

バッテリー購入時は、実際に搭載されているバッテリー型式をご確認いただくことをお勧めいたします。

国産車(日本車)カーバッテリー適合表

◆トヨタ車適合バッテリー
◆レクサス車適合バッテリー
◆ホンダ車適合バッテリー
◆ニッサン車適合バッテリー
◆マツダ車適合バッテリー
◆スバル車適合バッテリー
◆ミツビシ車適合バッテリー
◆ダイハツ車適合バッテリー
◆スズキ車適合バッテリー
◆三菱ふそう車適合バッテリー
◆UD車適合バッテリー
◆いすゞ車適合バッテリー
◆HINO車適合バッテリー

逆輸入車カーバッテリー適合表

◆トヨタ逆輸入車適合バッテリー
◆レクサス逆輸入適合バッテリー
◆日産逆輸入車適合バッテリー
◆ホンダ逆輸入車適合バッテリー
◆スバル逆輸入車適合バッテリー
◆マツダ逆輸入車適合バッテリー
◆三菱車逆輸入車適合バッテリー

欧州車カーバッテリー適合表

◆ベンツ適合バッテリー

◆BMW適合バッテリー

◆ボルボ適合バッテリー

◆Vワーゲン適合バッテリー

◆プジョー適合バッテリー

◆アウディ適合バッテリー

◆ポルシェ適合バッテリー

◆アルファロメオ適合バッテリー

◆スマート適合バッテリー

◆オペル適合バッテリー

◆ジャガー適合バッテリー

◆フィアット適合バッテリー

◆フェラーリ適合バッテリー

◆ベントレー適合バッテリー

◆サーブ適合バッテリー

◆シトロエン適合バッテリー

◆ルノー適合バッテリー

◆ローバー適合バッテリー

◆ランドローバー適合バッテリー

◆ダイムラー適合バッテリー

◆ランチア適合バッテリー

◆トライアンフ適合バッテリー

◆マイバッハ適合バッテリー

◆マセラティ適合バッテリー

◆モーガン適合バッテリー

◆TVR適合バッテリー

◆ランボルギーニ適合バッテリー

◆ロールスロイス適合バッテリー

◆ケーターハム適合バッテリー

北米車カーバッテリー適合表

◆GM適合バッテリー
◆キャデラック適合バッテリー
◆クライスラー適合バッテリー
◆ジープ適合バッテリー
◆ダッジ適合バッテリー
◆フォード適合バッテリー
◆リンカーン適合バッテリー
◆ハマー適合バッテリー
◆シボレー適合バッテリー
◆GMC適合バッテリー
◆ポンティアック適合バッテリー
◆ビュイック適合バッテリー
◆サターン適合バッテリー

カーバッテリー選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年01月30日

カーバッテリー適合表!車種名ごとにカーバッテリーが検索できます。でした。

タグ

2016年3月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:自動車メーカーバッテリ適合表

車バッテリーの説明 カーバッテリーの基礎知識

カーバッテリーを詳しく説明しています

%e5%85%85%e9%9b%bb%e5%88%b6%e5%be%a1%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%aa%e3%83%bc1

カーバッテリーの基礎説明

車のバッテリーの役割

車のバッテリーは、車載システムの電源として用いられている電池です。

一般的に電池というと、使い捨ての乾電池が思い浮かぶと思いますが

使い切り電池は【一次電池】と呼ばれています。

車のバッテリーは、電力を化学エネルギーとして蓄えるとともに、

必要に応じて蓄えた化学エネルギーを電力として

取り出すことができる【2次電池】が使われています

車のバッテリーは【鉛畜電池】と呼ばれています。

2次電池と呼ばれるものには他に、ニッカド電池(Ni-Cd)、

ニッケル水素電池(Ni-MH)、リチウムイオン電池などがあります。

でも、とっても高価な2次電池です。

車のバッテリーはなぜ鉛蓄電池が使われているのか?

こんな特徴があります。

◆エンジン始動時に必要な、短時間で大電流を放電する性能

◆材料が豊富で容易に確保でき、安価

◆さまざまな環境下(温度)で安定した性能を発揮

◆取り扱い(メンテナンス含む)が容易

◆衝突時などに加わる外力や、異常発生時のリスク(爆発・火災)が低い

このような特徴を持っているため、安全面に優れ、車には最適な鉛畜電池が

車に搭載されています。一番のメリットは、安価であるということでしょう。

日本で初めて鉛バッテリーが試作されたのは1895年です。

その後100年以上も、基本構造が大きく変わることなく、

現在でも自動車のバッテリーとして使用されています。

余談になりますが、車で一番進化していないのが、バッテリーとワイパーです。

バッテリー激安情報です。

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

高性能・長寿命バッテリーが、より安く買えます。

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

チェックしてみる価値アリだと思います。

>>激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ<<

バッテリー交換の参考にしていただけたら、うれしいです。

更新日:2021年04月21日

車のバッテリーの説明を詳しくしています!でした。

タグ

2013年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:バッテリー説明

このページの先頭へ