アイドリングストップ(ISS)車って?燃料消費を抑えるシステムです。

アイドリングストップ車ってなに?

車が無用なアイドリングを行なわないように、エンジンを停止し

燃料消費を抑える車です。

カーメーカーや車種により動作基準は違いますが、車速の低下(減速)を

検知して、車速がゼロになった時、信号待ち等の時、エンジンを停止し

ドライバーの発進操作を検知し、エンジンを再始動する機能を持った車です。

エンジン始動のためのスターターモーターをリングギヤに常時かみ合いさせ

エンジン始動までの時間を短縮させる機構や、オルタネーターを

スターターモーターとして、エンジン始動させる機構も開発されています。

マツダのエンジン再始動の機構だけは、独自の再始動の仕方です。

スターターモーターを補助として用い、停止しているエンジンの

シリンダー内に燃料を噴射して燃焼させ、エンジンを始動させる

技術を開発しました。

各カーメーカーが独自の開発で進化が、これからも続くでしょう。

車メーカーのアイドリングストップの名称

トヨタ自動車: TOYOTA Stop & Start System(トヨタ・ストップ・アンド・スタート・システム)、SMART STOP(スマートストップ)

◆日産自動車:PURE DRIVE(ピュアドライブ) アイドリングストップ

◆マツダ:i-stop(アイ・ストップ)

◆三菱自動車:オートストップ&ゴー(AS&G、Auto Stop & Go)

◆ダイハツ:エコアイドル(eco IDLE)

◆スズキ:アイドリングストップシステム

◆メルセデスベンツ: ECOスタートストップ

アイドリングストップ車のデメリットもあります。

初期のアイドリングストップ車は、車が信号待ちで停止、

アイドリングストップが働きエンジン停止、次にブレーキペダルを離すと

エンジンが再始動し、走行できるタイミングでした。

ですがこれだとどうしても、ドライバーさんの意思とは、

約1秒程度のギャップがあり右折のタイミングが取れず、

とても走り辛いところがありました。

ですが、検知方法も進化して、ブレーキペダルの離し始め

ブレーキの油圧が下がり始めるとると、エンジン再始動することで

かなり、エンジンが再始動タイミングが早くなり、

右折でもほとんど気にならないレベルに改善されています。

その他でも右折待ちの時、ハンドルをほんの少し直進位置から

ズラすことで、アイドリングストップしない機構も登場しています。

坂道発進のデメリットも!

通常AT車は、エンジンが掛かっいて、Dレンジに入っていると

車がゆっくり前に進む、クリープ現象というものがあります。

アイドリングストップ車は、上り坂でも信号待ち等で、

エンジンが停止するので、AT車のクリープ現象が発生しません。

ブレーキペダルを離すと、上り坂なので当然バックしてしまいます。

そこで、開発されたのが坂道発進の場合、ブレーキペダルから足を離して、

アクセルペダルを踏むまでの数秒間、車が後退しないようにクリープ現象や

ブレーキ力(制動力)を残す補助調整機能があります。

それがブレーキアシスト機能です。

ブレーキに「ヒルアシスト」として坂道停車ができるよう改良を加え、

坂道でも安心してアイドリングストップができるようになっています。

アイドリングストップ車のデメリットは、夏場のエアコン!

エアコンのコンプレッサーはエンジンの動力で動いているため

エンジンが停止してしばらくすると、夏場、冷風が出なくなってしまいます。

エンジンの停止時間が短ければいいのですが、信号待ちが長い、

または渋滞路を走行すると暖かい風になってしまうデメリットがあります。

そのため、夏場はアイドリングストップ機能を停止させて

使用している方が多いのが現状です。

アイドリングストップ車のメリットは燃費???

平均で約10%燃費が良いとされています。

ですが、使う(走る)場所によって、アイドリングストップ車は

メリットがないこともあります。

あくまでもアイドリングの時に、エンジンを停めて、

燃費を稼ぐ機構なので、毎日高速道路通勤や

信号機が少ない地域は、アイドリング時間が少ないので

メリットが少ないとも言えます。

2016年はまだ発展途上なのが、アイドリングストップ車という訳です。

しかもアイドリングストップ車は、機構分、車両価格も高い設定になっています。

そして搭載されているバッテリーがアイドリングストップ車専用バッテリーで

かなり高性能で充電受入性能が高く、しかもバッテリー容量が大きい

ISS専用バッテリーが積まれています。

iss batery-saech

このISS専用バッテリー交換時、バッテリーの価格を見たら

その値段の高さに、ビックリすることでしょう。

とても純正バッテリーを簡単に買える金額ではありません。

コツコツ燃費で貯めたガソリン代も、バッテリー代で放出ということも!

iss batery-saech

高性能で価格がお手頃バッテリーをご紹介!

アイドリングストップ車対応バッテリー⇒>>入口はコチラから<<

バッテリー激安情報です。

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

高性能・長寿命バッテリーが、より安く買えます。

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

チェックしてみる価値アリだと思います。

>>激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ<<

カーバッテリー選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月17日

アイドリングストップ車のバッテリー選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アイドリングストップ(ISS)車って?でした。

タグ

2015年12月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アイドリングストップ

このページの先頭へ