マイルドハイブリッド車ってなに?エンジンパワーをアシストするシステム

マイルドハイブリッドシステムって?

軽自動車の燃費競争と加速性能の両立で話題になっているシステムが

マイルドハイブリッドですが、

2002年10月にトヨタ車のクラウンに初めて搭載されたシステムです。

なので、マイルドハイブリッドシステムって、意外に歴史は古いんです。

この頃の日本は、エンジンパワー競争で、エンジンパワーが上がれば

車が売れた時代です。

ターボ車、スーパーチャージャーの時代に、トヨタさんは

マイルドハイブリッドシステムを完成させて、市販していたんですね!

マイルドハイブリッドシステムとは?

マイルドハイブリッドは、充電するオルタネーターを、駆動モーターとして、

エンジンパワーをアシストするシステムです。

排気量の大きいエンジンには、不向きですが、軽自動車等の排気量には

とても有効なシステムなんです。

なぜか?車体重量に対して、エンジンパワーが小さいためです。

そのため、オルタネーター負荷をコントロールする充電制御でも

燃費が大幅に伸びてしまうんです。

さてこのオルタネーターを加速時にモーターとして使い、エンジンパワーを

アシストする訳ですが、ココで一つ問題が?

モーターは回転が上がれば上がるほど、逆起電力が発生し

効率が落ちるということです。

モーターの最大トルクは、回転し始めが最大トルクを発生する特性があるので

ただでさえ回転数の高いエンジンに、プーリ比で回転を高めているオルタネーターを

モーターで使うのは、回転数的にはとても非効率というところが問題点なんです。

ココが、開発技術者の悩みどころです。

なら単純に、駆動モーターにワンウエイクラッチを付けて、

取り付けちゃえばいいじゃん・・・・なんて発想もでるのでは?

でもこれは、車重増し、スペースの問題、制御プログラムの開発

最後に価格の問題等で考えると、軽自動車では難しい発想です。

1000cc以上で、車重1トン未満なら効率がイイのかもしれません。

エンジンルームスペースもあるしね!

一番ベストは、オルタネーターとプーリーの間に、超小型化されたCVTを搭載して、

回転を制御できればイイんだけどね!

その他にも、小型プラネタリーギヤで同じような制御ができるかな?

これだと、スムーズさが問題になるかもね!

なら同軸上にオルタネーターとモーターを置き

プラネタリーギヤとクラッチを使って、切り替えるとか

イロイロな発想もできるよね!

コレだと、スーパーチャージャー並みの、スペースが

必要になっちゃうけどね(笑)

マイルドハイブリッドの歴史は古いけど、

これから急激に進化していくシステムだから

目が離せません。楽しみですね!

ちょっと余談ですが(笑)

発想は新たな気づきの発見からです。

コロンブスの卵ですね。

結果を見れば、そんなこと知っていたけど、

でもやらなかったら、何も生まれません。

風の強い日、なんで扇風機の羽根がスイッチオフなのに

逆に回っている?羽根に角度が付いているから

風が当たれば、逆回転するでしょと思うのは、当たり前ですが

これに、気づいて、発想して

液体クラッチが開発され、今のAT(オートマチックトランスミッション)

に至っているんですよ(驚)

もしかすると、身近なところに、

新たな発想って、転がっているのかも知れませんね!

バッテリー激安情報です。

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

高性能・長寿命バッテリーが、より安く買えます。

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

チェックしてみる価値アリだと思います。

>>激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ<<

バッテリー交換の参考にしていただけたら、うれしいです。

更新日:2020年09月17日

マイルドハイブリッド車ってなに?でした。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年12月18日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マイルドハイブリッド

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ