ハイブリッド(HV)車って?2つ以上の動力源を持つ車

ハイブリッドカーってどんな車?

ハイブリッドカーは2つ以上の動力源を持つ車のことで

HV(Hybrid Vehicle)ハイブリッド・ビークルと呼ばれています。

車種によっても違いがありますが、走行条件とバッテリー容量によって

モーターのみの走行、エンジンのみの走行、モーターとエンジンを

同時に使用して走行する車が、ハイブリッドカーです。

このほかHV車でも、直接ハイブリッドバッテリーを充電できる車を

PHV(Plugin Hybrid Vehicle)プラグインハイブリッドビークルと呼ばれています。

その他、ハイブリッドではありませんが

エンジンを使わず、モーターだけで走行する車を

EV(Electric Vehcle)車と呼んでいます。

エンジン特性とモーター特性

エンジンは低回転では、効率が悪く、トルクが出ない特性があります。

低回転が苦手ということです。逆に高回転は得意でトルクが出るのが

エンジンです。

モーターは全く逆の特性を持っていて、回転スタート時に

最大トルクを発生します。回転が上がれば上がるほど

逆起電力が発生するため、高回転になるほどトルクが落ちる特性があります。

モーターは低回転が得意で、高回転が苦手なんです。

cropped-DSC_0216.jpg

そこで考え出されたのが、低回転はモーターに任せ

高回転はエンジンに任せるという組み合わせです。

モーター駆動用のハイブリッドバッテリーを効率よく充電するため

エンジン駆動中の充電や、ブレーキをかけた時の減速エネルギーを

回生ブレーキによって、ハイブリッドバッテリーに蓄えています。

燃費を良くするには、どれだけエンジンを掛けずに走れるかにかかっています。

走行状態によって、エンジン、モーターの使い分けをして

効率よく走ることができるのが、今のハイブリッドカーです。

今のところ、ガソリンエンジンの約2倍の燃費で走れるのが

ハイブリッドカーです。

ハイブリッド車はバッテリーを2種類搭載しています。

ハイブリッドカーには、モーター駆動用の高電圧ハイブリッドバッテリーのメインバッテリーと

12Vのハイブリッド補機バッテリーを積んでいます。

メインバッテリーのハイブリッドバッテリーは寿命がメチャクチャ長いので

気にすることはありませんが、ハイブリッド車補機バッテリーは

液入りバッテリーなので、寿命が来ると交換しなければなりません。

ハイブリッド補機バッテリーは各コンピューターに電力を供給しハイブリッドシステムを動かす

電力になっています。その他にも、灯火装置や、車内の電装品など

12Vで作動させる装置はすべてハイブリッド車補機バッテリの役割です。

30%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9

ハイブリッド車補機バッテリーの寿命は、ガソリンエンジン車とは違い

エンジンを駆動させるバッテリーではないので寿命は長く約4~5年です。

交換目安として2回目の車検で新品バッテリーに交換するようにしましょう。

ハイブリッド車補機バッテリーは、

ハイブリッド車補器バッテリー⇒>>入口はコチラから<<

バッテリー激安情報です。

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

高性能・長寿命バッテリーが、より安く買えます。

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

チェックしてみる価値アリだと思います。

>>激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ<<

ハイブリッド車にお乗りの方の、バッテリー選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月17日

ハイブリッド(HV)車って?でした。

タグ

2014年1月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイブリッド車補機バッテリー

このページの先頭へ