NANKANG NS-2とNANKANG NS-20の性能比較レビュー

NANKANGタイヤのNS-2とNS-20の性能比較

NANKANG NS-2はスポーツタイヤでNANKANG NS-20は

NANKANGタイヤのフラッグシップのプレミアムタイヤです。

NANKANG NS-2のタイヤデザイン

NANKANG NS-20のタイヤデザイン

両方回転方向があるタイヤのトレッドパターンです。

NANKANG NS-2とNS-20の一般道比較レビュー

低速域では、ほとんど性能性格の違いは分かりないレベルですが

乗り心地面に関しては、NS-20の方がマイルドです。

コーナーは50キロぐらいの速度だと、ほとんど変わらない感じですが

切り始めのレスポンスは、ほんの少しNS-2の方が早いです。

一般道の速度域だと、どちらも同じレベルといった印象です。

NANKANG NS-2とNS-20の高速道路比較レビュー

高速道路ではどうなのでしょう?

速度が100キロになると、タイヤの性格がもろに出ます。

静かさと乗り心地では、NS-20の方が上です。

速度が上がれば上がるほど静かさの差が広がる感じですね。

直進性は、NS-2とNS-20は、ほとんど変わりませんが

レーンチェンジの切り始めから、レーンチェンジが終わった時の

切り戻しの安定感はNS-2の方が走りやすいです。

高速道路を快適に走るなら、NS-20の方が上ですね。

NANKANG NS-2とNS-20の首都高比較レビュー

継ぎ目の多く、コーナーが多い首都高での性能比較です。

一番タイヤ性能が分かる道路です。

継ぎ目の通過ですが、これは圧倒的にNS-20の方がマイルドで

静かに通過してくれます。

荒れた路面もNS-20の方が静かで乗り心地もイイです。

コーナーですが、ココでは性能が逆転、切り始めのクイックさ

切り足したときの反応は、NS-2の方が上です。

NS-20はスポーツタイヤ並のグリップ力はありますが

NS-2までのグリップ力はありません

逆に言うと、NS-2のグリップ力がかなり高いレベルと言えますね。

NANKANG NS-2とNS-20の比較トータル評価

コーナーを楽しく走るなら、NS-2です。

高速道路を快適に走るなら、NS-20でしょう。

どちらのタイヤも、ドライグリップはスポーツタイヤの性能を持っています。

ただしウエットに関しては、NS-2は要注意です。

ウエット路面になったら、速度を落として、走行しましょう。

NANKANG NS-2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2

NANKANG NS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS20

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月24

NANKANG NS-2とNS-20のタイヤ性能比較でした。

タグ

2018年4月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ

NANKANG(ナンカン)NS-20タイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

NANKANG NS-20タイヤの特徴

NS20

NANKANG NS-20は、ナンカンのニューフラッグシップモデルです。

ドライグリップ性能、ウェット性能、ハンドリング性能、

静粛性、快適性に優れ、高いレベルで燃費性能、耐久性も兼ね備えた

スポーツプレミアムタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(13インチ~22インチ)

NANKANG NS-20のタイヤデザイン

NANKANG NS-20のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG NS-20の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ナンカンNS-2の後継と思ったらタイヤカテゴリーが違いました。

NS-2はスポーツタイヤ、NS-20はプレミアムタイヤでした。

NS20

パターンはこんな感じ

NS20

スポーツと静かさを両立したようなパターンです。

縦ミゾが多いので、排水性も良さそう。

NS20

この真ん中のマークは何???

もしかして雪に対応しているということなのかな?

じゃなくて、オールシーズンタイヤを狙ったのか・・・

NANKANG NS-20タイヤ性能評価レビュー

さて一般道を試乗してみると、とっても静かなタイヤです。

どちらかというと、NS-2タイヤに

高級感を与えたプレミアムな感じです。

コーナーを攻めても、NS-2同様

グリップ力もあるね!

高速道路を走ってみました

速度が上がっても静かなタイヤ、しかも直進安定性が抜群です。

速度が上がると結構パターンノイズが大きくなるのが当たり前なんですけど

NANKANG NS-20は、静かさを保ってくれます。

そのまま首都高に入って、大きな継ぎ目を通過しても

しなやかに乗り越えてくれる感じで乗り心地もイイです。

さてコーナーですが、スポーツタイヤの性格ですね。

切り初めから反応が良く、グリップ力もかなりありますが

コーナーを攻めてみると、グリップ力はNANKANG NS-2の方が

少し上という感じでした。

このNANKANG NS-20というタイヤ

かなりハイレベルのトータルバランスの優れた性能を持っていたのにはビックリ

う~ん・・・このNANKANG NS-20は

完全にプレミアムタイヤレベルのタイヤでした。

今回、新品状態のNS-20に試乗しましたが、

かなりハイグレードなタイヤですね。

値段からすると、高性能すぎるのが

NANKANG NS-20というタイヤでした。

値段が安いからと言って、あなどれないタイヤですね!

満足度が高いタイヤということは、試乗テストで分かりました。

NS20

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-20

プレミアムタイヤで、この安さには、驚きますよ。

アジアンプレミアムタイヤランキング⇒コチラから

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年11月26

NANKANG NS-20タイヤ性能 評価レビューでした!

 

タグ

2015年7月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ プレミアムタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ