FALKEN ZIEX ZE912のタイヤ性能評価レビュー

FALKEN ZIEX ZE912

インチサイズ(14インチ~18インチ)

コンフォートタイヤ

ZIEX ZE912

欧米を中心にタイヤの販売を行う日本のグローバルタイヤブランドFALKEN(ファルケン)。

「勝つためのタイヤ」として、サーキットで培った技術を市販タイヤに応用し、

日本を代表するブランドとして、新たな飛躍を遂げています。

ジークス ZE912は、高速性能と静粛性に優れたスポーティーコンフォートタイヤです。

というメーカーさんのセールストークです。

FALKEN ZIEX ZE912のタイヤ性能評価レビュー

ファルケン ジークス ZE912はタイヤの剛性があるため

ミニバンに人気があるタイヤです。

試乗してみると、乗り心地は、コンフォートタイヤとしては

硬い部類に入りますね、変な突き上げ感ではなく、剛性があって

多少ゴツゴツ感がある感じです。

ミニバンにはコンフォートタイヤとして通用しますが

セダンでこの硬さだと、ちょっとコンフォートタイヤの

乗り心地とは言えないかも知れません。

どちらかと言えば、スポーツタイヤの乗り心地ですね。

今回は70ヴォクシーなので、なかなかマッチングはイイ感じです。

コーナーを攻めてみると、腰がある感じでグニャリ感もありません。

さてETCゲートを抜けて高速道路へ

速度が上がっていくと、なるほどコンフォートですね。

とてつもなく静かという訳ではありませんが

パターンノイズは気にならないレベルで静かです。

レーンチェンジの時やの大型トラックを抜かす時も

フラツキはなく、やはりこのZE912は横剛性がありますね。

どちらかと言えば、ミニバンタイヤのカテゴリーで

出せば良かったのに~と思ってしまうほどです。

さてそのまま、継ぎ目の多い首都高に入ると

この硬さなのに、継ぎ目を超えると収まりがイイです。

街中のゴツゴツ感がウソのように収まってくれます(驚)

もしかし結構高速向きに作ってあるのかな?

首都高のコーナーを攻めてみると、切り初めの反応はとてもイイ感じ

コーナー中荷重が外側のタイヤに掛かっても

かなり踏ん張ってくれます。

ちょっとヤバイ速度で入ってみると、タイヤが泣き出し

左足ブレーキで前荷重にしてみると、あッ・・・

そこまでのグリップ力しかないのか~という感じです。

通常の運転では全く問題はありませんが

スポーツタイヤカテゴリーに入るグリップ力はありませんでした。

でもトータル性能は、ミニバンタイヤと言っても

まったく問題ないレベルでした。

このジークスZE912タイヤはタイヤカテゴリーが

コンフォートタイヤでしたが

コンフォートミニバンタイヤが正解なのかも知れません。

ファルケンタイヤの種類

コチラから⇒FALKEN

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月23

FALKEN ZIEX ZE912のタイヤ性能評価レビューでした!

タグ

2017年5月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ファルケンタイヤ

ダンロップ ディレッツァZ2のタイヤ性能評価レビュー

ダンロップ ディレッツァZ2のタイヤ試乗性能評価レビュー

ダンロップのハイグリップタイヤの

ディレッツァZ2、サーキットで試乗してきました。

偶然、サーキット仲間が履いていたので(笑)

車は秘密ですが・・・・ちょっと乗せて~って・・・

OKをもらいました。

乗り初めは、タイヤが暖まっていないので???

なるほど、まだ低温なのにグリップあるね(驚)

この頃のハイグリップタイヤの特徴かも

となると、なんだか楽しくなってきました。

ホォ~、タイヤ自体の剛性もあるし

ブロックのヨレも感じさせない

このダイレクト感がイイね

流れても、コントロールしやすいし

ドッカン抜けは、まったくありません。

かなりイイ感じのグリップタイヤじゃん(驚)

やっぱり、タイヤって乗ってみないと

分からないよなァ~!

ちょっとフロントキャンバーが足りなかったのが

気になっていたけど

そこをタイヤがカバーしてくれたという感じ

Z2.jpg

さてタイヤを見てみると、ロールアンダーの減り方

これだとバネレートも足りな過ぎなんだよね。

でも、ディレッツァZ2というタイヤ

グリップ力はかなりあるのにはビックリ

ダンロップタイヤの種類は⇒コチラから

ダンロップ ディレッツァZ2の試乗評価レビューでした。

2015年から2016年にかけてアジアンタイヤから

グリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

価格が安くても、グリップするタイヤが買える時代です。

コチラから⇒アジアンタイヤ・ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年12月24

タグ

2015年7月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ダンロップタイヤ 国産タイヤ

R33スカイラインに、トーヨータイヤ プロクセスR1Rタイヤ装着

トーヨータイヤ プロクセスR1Rタイヤ装着

なんだか、いろいろパーツが送られてきているような

タイヤまで送られてきました。

送られてきたのは、グリップタイヤのプロクセスR1Rです。

R1R

これ足回りのセッティングをとるためです。

だって、いま履いているプロクセスR1Rのが、こういう状態なんだもん!

タイヤ

さてこのホイールはリバースホイールなので

ホイールを裏返して組みます。

すると、イヤ~なものを見てしまいました。

ホイールが曲がってる~!

曲がりホイール

このままタイヤを組むと、あとあとエアー漏れしちゃうよな~

エンケイ製ホイールか~、ウ~ン・・・なんとかなるかな

やってみます。

黒70の経験と技で・・・修正の仕方は書けないけどね。

修正してみました。

修正後

完全にはいかないけど、これでエアー漏れは大丈夫です。

さて、これでタイヤ交換できます。

タイヤ組み込み

あとはエアーを入れて、バランスをとれば完成で~す。

完成

もう1本のホイールは、問題なく交換できましたよ。

R33スカイライン号、あとは難問のウォーターポンプ交換があるんだよな~

ラジエーターから始まって

タイミングベルトまで外さないと、交換できないんだよな~

ちなみに、パワステ・ベーンポンプからもオイル漏れ

これを交換すると予算オーバーになるので

今回は見送りで~す。

プロクセスR1Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒プロクセスR1R

価格が高いと思われた方、大丈夫です。

アジアンハイグリップタイヤを参考にしてください。メチャ安です。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月16

R33スカイラインに、トーヨータイヤ プロクセスR1Rタイヤ装着でした。

タグ

2010年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ トーヨータイヤ 国産タイヤ

トーヨータイヤ プロクセスR1Rサーキットテスト タイヤ性能評価感想レビュー

サーキットでPROXES R1Rのタイヤ性能テスト 評価 グリップ力 感想レビュー

ヒーローしのいサーキットでテストしてきました。

車は管理人のサーキット仕様のJZA70スープラ号です。

まずは午前中走ったタイヤはプロクセスR1Rです。

午前中の走行時間はトータル2時間

タイムは50秒前半~49秒後半の走行でした。

 

私のお気に入りナンバー1の国産タイヤです。

一般道からサーキットまで楽しめます。

ショートサーキットでテストしました

さすがにSタイヤと比べると横剛性とグリップ力は落ちますが

一般グリップタイヤの中では群を抜いたグリップ力です。

サーキットでの性格はSタイヤに似ています。

ですが、R1Rはタイヤを暖めなくても、

最初からタイムアタックもイケちゃうところが凄いんです(驚)

でもサーキットではこのR1Rを使いこなすには、

実はコツがあるんですよね(驚)

この写真サーキットを走った後の写真なんですが

今までのタイヤの常識でサーキットを走ると

このようにR1Rって、キレイにタイヤは減りません。

R1Rって、使い方が難しいタイヤですよ!

なんといっても、グリップ力に比べて

横剛性ありませんから~(笑)

グリップ力がある分コーナースピードが上がり

横Gも多くなり、フロントタイヤ外側に荷重が移動するので

コーナー中タイヤが倒れちゃう。

なのでエアー圧を3キロスタートこれ冷間でね←これ重要ポイントです。

普通のタイヤだと、ここまでエアーを上げると

トレッドの真ん中が膨らみ、接地面が少なくなって

グリップが落ちるんですが、このR1Rは

トレッド面のベルトが強く作られているので

接地面に変化がないんです!

メチャクチャSタイヤ並みの横剛性で走れちゃいます。

グリップも最強だし、低温時からグリップするので

タイヤを暖めることを忘れてしまうタイヤです。

さらに、このR1Rはウエット性能は、最強のNO1ですね。

レースでウエットタイヤとして、使われているのも分かります。

プロクセスR1Rの実力はスゴイです。

でもグリップする分、減りは早いですよ(汗)

まずは価格を見てくださいね。

プロクセスR1Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>PROXES R1R<<

価格が高いと思われた方、でも大丈夫です。

アジアンタイヤからも2016年ハイグリップタイヤが発売されました。

アジアンタイヤからでもSタイヤに匹敵するタイヤがあります。

その値段の安さに驚きますよ。

コチラから⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月16

トーヨータイヤ プロクセスR1Rサーキットテストでした!

タグ

2008年11月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:トーヨータイヤ ハイグリップタイヤ 国産タイヤ

パルサーGT-IR アゼニスで足回りセッティング

パルサーGT-IRの足回りセッティング

3色パル号の足回りが煮詰まってきたところです。

ちょっと気になるところがあったので

タイヤを変えてテストしてみよう~と。

今履いているのがアゼニスの205/50-15で

標準タイヤの外径よりチョット大き目

アゼニス

このタイヤでセッティング

テストでネオバの195/50R15をセットして車の動きを調べます。

そのあと、さらにネオバの205/45R16もテストです。

ネオバ

ネオバの195を履いてテスト

パルサー

乗ってみると、外径が小さい分やはり加速力が凄い

気温が低いのでパワーも上がっているみたい

1速では4輪ホイールスピン、結構危ないぞ~

調べたいのは加速じゃなくてコーナー

かなりクイックだけど、やっぱり限界付近で

この現象がでてしまうのか~しかも予想通り195のほうがひどい

ロードインデックス不足でタイヤが限界付近で

荷重に負けてヨレてしまう。

ボディー剛性がないときは全く気づかなかったんだけど

今回の3色パル号はハッキリわかっちゃうんだよな~

205/45-16に履きかえてテスト

限界はかなり高くなったけど、やっぱり同じ現象がでちゃう。

この3色パル号フロントが790キロということは

フロント1輪395キロ、ショートサーキットだと最低でも1,5倍は必要

593キロに耐えられないとダメなんだよな~

となるとロードインデックス90以上のタイヤで

尚且つグリップタイヤでパルサーにおさまるタイヤをさがさないと~

でもただ一つの救いは、メーターがモーテックなので

速度計が簡単に補正できるので外径が変わっても

速度計を合わせられるところかな~

2016年、アジアンタイヤからハイグリップタイヤが発売されました。

アジアンタイヤでも、Sタイヤに匹敵するタイヤがあります。

その値段の安さに驚きますよ。

クリックしてね!

コチラから⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月16

タグ

2007年10月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ