フェデラルタイヤの性能テスト結果!グリップ力・評価・感想・比較レビュー

アジアンタイヤ フェデラルSS595評価レビュー

アジアンタイヤのフェデラルタイヤ

最初にテストしたのがフェデラルSS595です。

このタイヤはグリップタイヤではなくスポーツタイヤです。

サーキットでも試しましたが

結構いいタイムで走れてしまったのには驚きました。

一般ラジアルタイヤなのに、ここまでタイムが出るとは・・・

フェデラルSS595のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒フェデラルSS595

フェデラル595RS性能・評価・レビュー

CRzbpmCUwAAmmZ8

ということで、次回の耐久走行会のタイヤチョイスは

フェデラル595RSをチョイスしてサーキットを走行しました。

結果はこれまたスポーツタイヤでは、出せないタイムを

たたき出して、ビックリです。

しかもこのフェデラル595RSは、減りが少ないです。

これほどのタイムで。これだけ減らないタイヤは初めてですね!

フェデラル595RS-R性能・評価・レビュー

次にテストしたのが、フェデラル595RSの進化版の

595RS-Rを試すことに、

これはもはやスポーツタイヤの域を超えたグリップタイヤになっていました。

これもまた簡単にタイムアップして、国産グリップタイヤに

引けを取らないタイムが出てビックリ

価格は1/3なのにね(驚)

フェデラル595RS-Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒フェデラル595RS-R

フェデラル595RS-RR性能・評価・レビュー

 

そしてチョット期間は空きましたが

595RS-Rの進化版が発売されました。

595RS-RRというタイヤです。

 

このタイヤは各地の日本のサーキットでテストを繰り返し

誕生したタイヤです。

実際、ブログには書いていませんでしたが

発売と同時に実はサーキットを走ってきました。

ここまでグリップすると、もはやグリップタイヤの頂点の争いですね!

ネオバとR1Rのグリップにまったく引けを取らないグリップ力です。

これを書いてしまうと、国産グリップタイヤが

売れなくなってしまうかもと言うことを踏まえて

評価を控えていましたが、発売から時間が経っているので

そろそろ書いても問題ないかな~と思い

フェデラル595RS-RRの評価を書いてみました。

595RS-Rのグリップ力にも驚きましたが

この595RS-RRのグリップはさらに強烈です。

ここまで性能が進化すると、国産勢のグリップタイヤも

早く進化しないと、売れなくなりますね。

逆に言うと、ユーザーから

選ばれなくなるということです。

あまり書きたくはなかったのですが

グリップタイヤだけは、実力はタイムに現れてしまうので

サーキットを走ってしまえば

その実力はタイムでハッキリ分かってしまいます。

グリップタイヤはどれだけタイムを縮めることができるかです。

サーキットの限界付近の0.1秒というのは本当に大きいし

タイヤ性能が大きく左右するのがサーキットタイムです。

静粛性や乗り心地の評価は全く関係ありません。

ということで、フェデラルタイヤは

国産タイヤより日本をターゲットに進化スピードが

もの凄く早いタイヤメーカーであり、ユーザーさんからの声を

しっかり受け止め開発しているところが凄いメーカーさんだな~と

思います。この価格でここまでのグリップ力が欲しい声が

おそらく多かったのでしょう。

もはや価格が安いからと言っただけでは

判断が付かない程、グリップ性能差はなくなってきています。

もし同じタイムで走れるなら、ユーザーさんは

安い方のタイヤを選ぶと思いますよ!

フェデラル595RS-RRのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒FEDERAL595RS-RR

さらに凄いグリップ力を持つアジアンタイヤが発売されました。

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月17

フェデラルタイヤの性能テスト結果!グリップ力・評価・感想・比較レビューでした!

タグ

2016年4月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ スポーツタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

フェデラルタイヤSS595をサーキットでテスト!タイヤ性能・評価・感想・レビュー

アジアンタイヤ フェデラルタイヤSS595をサーキットでテスト!

フェデラルSS595タイヤ、サーキットではどうなんでしょう。

さてサーキットではどんな性能が出るのでしょうか!

といってもサーキット用には作られていませんけけどね(笑)

サーキットも初めての参加者です。

S13シルビア2000ccNAをドライビングすることに、

S13シルビア、もう乗ることは無いと思っていましたが

ノーマルのS13がまだあるなんて、驚きです。

S13シルビアのオーナーさんを助手席に乗せての同乗走行で~す。

足回りはドノーマルでアライメントもノーマルです。

フェデラルSS595ってサーキットではどうなんでしょう?

気温は9度、タイヤ的にはなかなか温まらない気温ですね。

ピットアウトして1周目は、車の性格を知らないと危ないのでそれなりの走りで(笑)

2周目から速度をアップしていきま~す。

3周目から全開走行スタート、コーナーを思いっきり攻めてみます。

ウ~ン、グリップがイマイチ、上りのS字でリヤが一気に滑りだし、大カウンター大会、

3回振り返してコースにとどまりました!チョットやばかった~(笑)

気を取り直して再び全開走行で~す。

5周を過ぎたあたりからグリップが上がって来たぞ~!

おッ・・・なかなかグリップ力あるじゃん、やっぱりスポーツタイヤ以上の性能がありますね!

横のグリップもあるしそれ以上縦のブレーキング時のグリップがいい、

このタイヤの特徴の一つかも、10周走ったところでピットに戻ってタイムを見ると、マジ・・・

このノーマル車でここまでタイムが出ちゃうんだ~フェデラルSS595って(驚)

ハッキリいって、価格を考えたらこのSS595って性能高すぎです。

全く国産タイヤに引けをとっていません。確かに国産グリップタイヤと比較すると

グリップ性能は及ばないけど、間違いなく国産スポーツタイヤよりグリップ性能が高いですね。

私のイメージはすっかり変わりました!

このフェデラルSS595っていうタイヤ、かなりいいタイヤでした。

価格からしてみれば、大満足タイヤです。

フェデラルSS595のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

FEDERAL SS595

価格が安くてもっとグリップするタイヤもあります。

ハイグリップタイヤなら、2016年に発売された

アジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月15

フェデラルタイヤSS595をサーキットでテストでした!

タグ

2008年12月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スポーツタイヤ フェデラルタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ