NEXEN(ネクセン)N9000のタイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

NEXEN N9000のタイヤ性能

N9000

NEXEN N9000は

タイヤカテゴリーはプレミアムタイヤですが

デザイン性、ハンドリング性能、高速安定性、ブレーキング性能にも

優れたグリップタイヤでもあります。

NEXENタイヤのフラッグシップタイヤです。

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイス(17インチ~20インチ)

NEXEN N9000のタイヤデザイン

NEXEN N9000のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEXEN N9000の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ネクセンN9000試乗タイヤ性能・評価・レビュー

試乗車はZ33のフェアレディZです。

純正18インチホイールに履かせました。

ネクセンタイヤシリーズの中で、一番グリップ力があるのが

NEXEN N9000タイヤです。でもプレミアムタイヤって

全く新しいトータル性能を求めたのでしょう。

まず乗り初めですが、乗り心地は悪くないですが

18インチなので、多少ゴツゴツ感はあります。

タイヤの横剛性が高いので、これは仕方がないところですね。

切り初めの反応はもの凄くよく、クリッピングを

数センチ単位でコントロールできちゃう程

コントロール性がありますね。

もちろんリヤが流れたドリフト時のコントロール性ではありませんよ(笑)

一般道を試乗しましたが、グリップがありすぎて

チョット評価がしづらいかな、

これは高速道路と首都高に行かないと

評価ができないレベルのタイヤということで

高速道路にのって、高速性能を評価してきました。

このタイヤ、直進安定性は抜群です。

タイヤが太いせいもあるんですが、

ステアリングから手を離しても、どこまでもまっすぐ走ってくれます。

さて静粛性ですが、う~ん、確かに静かなのですが

とても静かというタイヤではありません。

やはりブロックパターンが大きいので

プレミアムタイヤの静かさレベルから言うと

ギリギリの静かさかも知れません。

首都高に入ると路面の継ぎ目を通過する時の音は大きいですが

収まりはもの凄く早いです。

これタイヤが、つぶれてからタイヤ自体の反発力が強いことを意味します。

これってプレミアムタイヤにとっては、とても重要な性能なんですよね。

さてコーナーを攻めてみると、とてもクイックで気持ちのいい曲がり方

なんだか車とドライバーの一体感が感じられて楽しくなっちゃいます。

どちらかというとN9000タイヤって、プレミアムタイヤではなく

グリップタイヤと言ってもらった方があっているような感じです

このネクセンN9000、グリップ力はかなり高いタイヤでした。

Z33ってそこまで重量級の車ではないですが、軽くはない車

でもコーナー中、グリップが高いせいか、車が軽く感じられます。

フロントヘビーの車を、こんだけ簡単に曲げるとは

N9000結構あなどれないな~

ということで、街乗りから、高速道路、首都高を試乗してきましたが

グリップ力はメーカーが言っている通りの結果で充分ですね。

プレミアムタイヤですが、快適性を少し犠牲にして

グリップ力を向上させたタイヤでした。

残念ながらN9000は手に入らなくなってしまいました。

コチラを参考に⇒アジアンプレミアムタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月16日

アジアンタイヤ NEXEN N9000のタイヤ性能 評価 感想 比較レビューでした!

タグ

2016年2月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ プレミアムタイヤ

NEXEN(ネクセン) N3000タイヤのインプレ

NEXEN N3000のタイヤ性能 評価レビュー

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(16インチ~20インチ)

n3000

NEXEN N3000のタイヤデザイン

NEXEN N3000のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NEXEN N3000の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ネクセンタイヤは

とてもグリップがイイのが特徴で、日本でも大人気タイヤメーカーの一つです。

その中でもグリップ力があるのがN3000です。

しかもこのN3000タイヤは、サーキットでもグリップを発揮してくれます。

パターンを見ると、ただのウエット重視のタイヤかな?って思いました。

それほどグリップしないように見えますが

サーキットを走ってみると、マジかこのタイヤというほど

グリップします。

長時間走行でも、ブロック飛びも無く安定して走れますし

とにかく値段が安いので、サーキットを楽しむ方には

お勧めのタイヤです。

一般道や首都高は、あり余るグリップ力ですよ!

カテゴリーはスポーツですが、

ネクセンタイヤの中で安定したグリップを出してくれるのが

N3000です。

N3000が手に入らなくなってしまったので

コチラも参考に!

グリップするのに価格が安い⇒アジアンスポーツタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月16

ネクセンN3000のタイヤの性能・評価・レビューでした。

タグ

2016年1月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ スポーツタイヤ 韓国製タイヤ

【NEXEN】ネクセン韓国のタイヤメーカーNEXENの性能評価レビュー!

【NEXEN】ネクセン韓国のタイヤメーカーNEXENの性能

ネクセンのタイヤはとてもグリップがイイのが特徴で

非常に品質が良く日本でも大人気タイヤメーカーの一つです。

N3000、N7000Plus、N8000、N9000がありますが

高性能でトータルバランスなら私のオススメはN8000です。

グリップ力も充分あり、さらに速度が上がってもとても静かです。

マジか~なんだかヨコハマのアドバンスポーツに性格そっくりでした。

この低価格でこのパフォーマスンスは本当に驚きです。

低価格で快適そしてグリップを求める方には超お勧めですよ!

そしてNEXENタイヤには欧米向けブランドのロードストーンがあります。

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ROADSTONE N8000

コチラも参考に

プレミアムタイヤなのに価格が安い⇒アジアンタイヤ プレミアムタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月16

【NEXEN】ネクセン韓国のタイヤメーカーNEXENの性能評価レビューでした!

タグ

2016年1月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ スポーツタイヤ 韓国製タイヤ

NEXENN9000タイヤ サーキット走行テスト評価レビュー N9000タイヤ性能評価レビュー

ネクセンN9000で1日フリー走行のサーキット評価レビュー

n9000

ちょっと一般的ではない1日フリー走行の

サーキットのレビューなので

あくまでもこの評価は一般道ではありませんので!

サーキットでのNEXEN N9000タイヤ性能

NEXEN N9000はプレミアムタイヤですが

グリップ力は強烈です。

タイムも国産Sタイヤまでは行きませんがSタイヤと比べて

ベストタイムは2秒落ち、サーキットではこの2秒と言うのは

とても大きい数字ですけどね。

でも国産ハイグリップタイヤと肩を並べるタイムでした(驚)

これがプレミアムタイヤと言うんだから

プレミアムタイヤの中では、異質な性格を持ったタイヤです。

普通に走れば、静かで乗り心地もイイんだけど

グリップ力はハイグリップタイヤの部類に入ります。

普通のグループ分け1回20~30分単位の走行会なら

充分行けるタイヤですが、

フリー走行会で走行時間トータル2時間を越え、

その後連続50分走ったら

ブロックが飛びました(泣)

まあ一般的にはサーキットを50分も連続走行はしないと思うのでイイのかな(笑)

フリー走行会の場合、30分走ったら

タイヤを冷やさないと、ブロックが飛んで行っちゃうので

その辺は注意が必要ですね!でもかなりのタイムを連発しないと

ブロックが飛ぶまでは行きませんよ!

一般道では、満足いくグリップ力を持つタイヤです。

タイムアタックならN9000です。

なんでこのタイヤがプレミアムタイヤなのかは

分かりませんが、半端ではないグリップ力を持っています。

DSC_17991.jpg

タイヤ自体は2014年製だけど

サーキットを連続50分ぐらい

タイヤが高温になって走り続けちゃうと

戻ってきてから、あァ~やっちゃった~ってことになるんだよね。

DSC_18001.jpg

昔のポテンザのように、ブロックが

DSC_18041.jpg

ちぎれて、いなくなってしまいます。

カタログや性能比較では、大丈夫みたいなこと書いてあるんだけど

1日フリーの走行会は、楽しくてどうしても、

1回コースに入ると30~40分は軽く走り続けちゃうから

ブロックが高温になりすぎて、ちぎれちゃうんだよね。

普通の20~30分で走行時間を区切っている

サーキット走行会なら全く問題はありません!

どちらかと言うと一般公道向けのタイヤなので、峠道とか首都高などの

コーナーならグリップ性能は充分にあるタイヤがネクセンN9000と言うタイヤです。

普通に履くのならグリップ力でまず不満は出ないほどのグリップ力を持っています。

さらにこの大きなトレッドパターンで、静かなのにも驚きます。

1日フリー走行のサーキット走行だけは、30分走ったら

タイヤを冷やしましょう。

でも値段が安いから、1回で終わっても

全然OKですけどね(笑)

ちょっとテスト評価が特殊な条件なので

あくまでもサーキットの長時間走行の評価です。

峠道で、どんなに頑張ってもブロックが飛ぶようなことはありませんよ!

n9000

ネクセンN9000でサーキット性能・評価レビューでした。

実はNEXEN N9000は手に入らなくなってしまいました。

今ではNEXENのセカンドブランドROADSTONEタイヤが人気になり認知度が上がっているためです。

ROADSTONEタイヤの種類は⇒コチラから

サーキットを走るのが好きな方、サーキットで実力を発揮するアジアンタイヤは

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月22

NEXENN9000タイヤ サーキット走行テスト評価レビューでした

タグ

2015年7月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ プレミアムタイヤ 韓国製タイヤ

このページの先頭へ