NANKANG RX615タイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

NANKANG RX615タイヤ

NANKANG RX615(アールエックスロクイチゴ)は、

従来のナンカンのコンフォートタイヤよりも

静粛性と快適性を向上させた最新コンフォートタイヤです。

ウェット性能、燃費性能、ハンドリング性能、耐久性にも優れています。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(12インチ~17インチ)

NANKANG RX615のタイヤデザイン

NANKANG RX615のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG RX615の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG RX615タイヤ試乗性能評価レビュー

一般道で乗ってみると、おっと・・・これかなり静かなタイヤです。

ここまでの静粛性になると、国産タイヤに引けを取らないレベルですね、

それほど静かなタイヤに仕上がっています。

さてコーナーを攻めて外側のタイヤに荷重を掛けても

タイヤノイズが大きくならないところがイイね!

これだと高速でも静かかも知れません。

ということで・・・

高速道路にGOです

速度を上げても、う~ん・・・このRX615の静かさは

今までのナンカンタイヤには無かった静かなタイヤ

ちょっとこのレベルの高さには驚きです。

完全にこの快適性は国産タイヤレベルです。

首都高速ではどうなのでしょうか?

そのまま首都高に入っても、そうなんです、

首都高って路面の継ぎ目が多いから

静かさと乗り心地の評価がしやすい道路なんですよね!

さらにコーナーが多いので、グリップ性能が分かりやすいです。

NANKANG RX615のグリップ力はどうなのでしょう?

コーナーを攻めるタイヤではないことは分かっていますが

コーナーを攻めてみると、ちょっと進入時、グニャリ感がでちゃうけど

気になるレベルではないです。

それにしてもこれほど外側のタイヤに荷重をかけても

タイヤノイズが変わらないタイヤって、コンフォートタイヤのカテゴリーだと

ないんだよな~、ここまでのレベルになるとプレミアムタイヤの領域なんだけど

まあメーカーさんが、RX615はコンフォートタイヤですって言っていますが

カテゴリーはコンフォートですが、静粛性と乗り心地は

完全にコンフォートプレミアムタイヤレベルでした。

ナンカンタイヤもこの頃一気にレベルを上げてきたな~

静粛性タイヤを作るのって、とても大変な計算をしなければならないんです。

トレッド面のブロックの大きさも同じ大きさのものがあると、

ノイズが同調して、音が大きくなったり、高速になればなるほど

タイヤって、路面と接する時に、空気を圧縮して、

路面から離れる時に、圧縮された空気が膨張するんですが

その時にもノイズが発生するんです。

タイヤの縦溝は、イイんですが、他の横溝や斜めの溝の

空気の圧縮膨張とその時発するノイズの周波数まで考えて作らないと

静かなタイヤというのは、できないんです。

10年以上前のアジアンタイヤは、確かに低中速では

静かなタイヤでしたが、ある速度を超えると、

いきなりうるさくなるというタイヤがほとんどでした。

これが空気の圧縮、膨張によるノイズだったんです。

今の時代では、アジアンタイヤも高速でうるさくなるタイヤは、ほとんど無くなりました。

というより、そういうタイヤを作っていたら不満がでて、売れなくなりますからね。

それにしても、NANKANGタイヤさん一気にこの静かさのタイヤを

出してくるとは、驚きました。

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

NANKANG RX615 ナンカン RX615タイヤ性能評価感想比較・レビューでした!

タグ

2016年2月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ コンフォートタイヤ 台湾製タイヤ

NANKANG(ナンカン)AS-1タイヤの試乗性能 評価レビュー

NANKANG(ナンカン)AS-1タイヤの特徴

埋め込み画像への固定リンク

NANKANG AS-1(エーエスワン)は、ウェット性能とハンドリング性能に優れた

コンフォートタイヤです。

静粛性、燃費性能、耐久性、快適性にも優れています。

スポーティーな走行にも対応する運動性能も備えています。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(12インチ~21インチ)

NANKANG AS-1のタイヤデザイン

NANKANG AS-1のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG AS-1の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG AS-1タイヤの試乗性能評価レビュー

街乗りでは、かなり静かで乗り心地の良いタイヤです。

コーナー入口でもクリックに反応してくれますし

グリップ力もありますね。

NANKANG AS-1の高速道路 性能レビュー

ETCゲートを抜けてインターのキツイコーナーを攻めてみると

やはりスポーツタイヤまでのグリップ力はありません。

さて高速道路に合流し速度が上がっても

パターンノイズは気にならないほど静かです。

レーンチェンジは、切り初めの反応が少し鈍い感じです。

一般道の速度ではクイックに反応してくれましたが

速度が上がると、タイヤの横剛性が少し足りない感じの

反応です。

NANKANG AS-1の首都高 性能レビュー

さて路面の継ぎ目の多い首都高はどうなのでしょう

乗り心地はイイですね。乗り越えた後の収まりも早いので

突き上げ感もありません。

いよいよコーナーテスト、コーナーを攻めてみると

やはりスポーツタイヤのようにクイックには曲がってくれません

ちょっと 限界グリップが低いので、スポーツ走行を楽しむのは無理かな!

攻めなければ静かで乗り心地の良いタイヤというところです。

どちらかと言うと、静かで乗り心地の良いタイヤが欲しい方

首都高は滅多に使わないという方にオススメです。

高速道も、普通に走る分には、なんの問題もありませんよ

あくまでもコーナーを攻めた時の走りの話なので!

とにかくサイズが豊富なところがグッドですね!

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AS-1

コチラも参考に

静かで乗り心地が良く価格が安い⇒アジアンコンフォートタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年12月24

NANKANG AS-1タイヤの試乗性能評価レビューでした。

タグ

2016年1月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ コンフォートタイヤ 台湾製タイヤ

NANKANG(ナンカン)タイヤメーカーの歴史

NANKANGタイヤメーカーの歴史

【NANKANG】はナンカン台湾の

世界的大手タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)

台湾最高の栄誉である「台湾精品大賞」受賞メーカーです。

nankang

NANKANG(ナンカン)タイヤメーカーの歴史です。

◆1940年: ナンカンタイヤの前身である台灣護膜株式會社がゴム製造会社として設立。

◆1945年: 台灣工礦股份有限公司南港橡膠廠(Nankang Rubber )となる。

◆1959年: 南港輪胎股份有限公司(Nankang Rubber Tire Corp., Ltd. )として創業。

◆1963年: 株式市場への上場。

◆1973年:ヘリコプター のタイヤの製造。同年、新豊(新豐)の工場も操業を開始。

◆1974年:ラジアルタイヤの製造法を確立。

◆1976年:飛行機 用タイヤの製造を開始。

◆1980年:トラックやバス向けのラジアルタイヤの製造を開始。

◆1989年: 日本のタイヤメーカーによる技術指導が行われ、

 タイヤの品質改善が行われたこれは1996年まで行われました。

◆1991年: E-MARK(欧州への製品輸出許可証)を取得し、ヨーロッパ向けの輸出を開始。

◆1994年:【ISO 9001】を取得。

◆1997年: 輸出向けにスタッドレスタイヤの製造を開始。【ISO 14001】を取得。

◆2001年:【ISO 16949】を取得。

NANKANG ナンカンタイヤの性能は大丈夫?

NANKANGタイヤメーカーは、ラジアルタイヤを製造して40年以上が経つ、

歴史あるタイヤメーカーです。

その歴史の中で、1989年から1996年までの間

日本タイヤメーカーの技術指導により

タイヤ品質改善をし、飛躍的にタイヤ性能がアップしました。

ナンカンタイヤは、低価格でありながら

夏タイヤは日本タイヤメーカーに引けを取らない性能に、

ドライ路面のグリップは、ほとんど国産タイヤに引けを取らないレベルになってきています。

静粛性の面で、まだ2~3年の開きがあるのかなと思っていましたが

プレミアムコンフォートタイヤを発売してきたことで

一気に差が縮まりました

国産タイヤとの価格の差を見れば、充分性能差は納得のいくタイヤですが、

良いところだけではありません。

ウエット路面の性能は、まだ国産タイヤと比べて

5年ぐらい遅れているかもしれません。

ウエット路面は本当に滑りますね!

サーキットの限界走行時の経験ですよ

サーキットを走ると、タイムに出るので

ウエット性能の弱さがハッキリ、タイムに出てしまいます。

でも一般道の通常走行では全く問題がないレベルです(笑)

ドライグリップは、すごいレベルになってきています。

2016年に発売されたNANKANGハイグリップタイヤは

国産ハイグリップタイヤを超えるグリップ力を持ったタイヤです。

コレには本当に驚きました。

NANKANG ナンカンタイヤの種類と試乗レビューは

コチラから⇒NANKANGタイヤの種類と試乗レビュー

アジアンタイヤ性能研究室では、

ナンカンタイヤを試乗した時のタイヤ性能・感想を

書いていますのでタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

新しいナンカンタイヤが発売されたら

もちろん試乗テストしていきますので、

試乗性能評価レビューをお楽しみに!

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月06

NANKANGタイヤメーカーの歴史でした!

タグ

2016年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ

NANKANG(ナンカン)NS-2Rが来たので、ホイールにセットしました。

NANKANG NS-2Rタイヤが来たので

さっそく、AE101レビンにセットしてみました。

ディレッツァDZ101を外して

ナンカンNS-2Rを組みます。
しか~し・・・
サイドがメチャクチャ硬い~
これSタイヤ並の硬さです。

DSC_0004
なんだか、イイ感じ
DSC_0005
これだけサイドが硬いと
サーキットではエアーを下げられるってことになります。
DSC_0006
トレッド剛性もありそうですね。
期待大です。
DSC_0008
バランスもイイね!
DSC_0009
ということで、AE101レビンに履かせて
DSC_0014

作業終了で~す。

DSC_0016
さて、ナンカンNS-2R

どんな性能を見せてくれるか、楽しみです。

車が弟の車なので、一般公道のレビューをすぐにしますね!

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ナンカンNS-2R

サイズも豊富ですよ!

試乗テストに行ってきました。

AE101レビンで一般道、高速道路、首都高

タイヤ試乗評価レビューは⇒コチラ

コチラも参考になると思います⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月17

タグ

2015年7月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ハイグリップタイヤ

NANKANG(ナンカン)NS-2 20インチタイヤ ジャガーXKクーペに取付

アジアンタイヤ ナンカンNS-2 20インチタイヤ ジャガーXKクーペに取付

20インチなので、ちょっと大変

DSC_15841.jpg

でもコルギー製のレバーレス タイヤチェンジャーなら大丈夫です。

このタイヤチェンジャー、タイヤが硬い方が

なぜか使いやすい(笑)

DSC_15851.jpg

タイヤサイズはコレ285/30R20

DSC_15861.jpg

普通のタイヤチェンジャーだと

2人掛かりでやらないと無理なサイズ

ホイール内側にもキズが付くしね。

さて、サクッと交換して

バランスを取って、取付です。

タイヤはNANKANG NS-2(スポーツタイヤ)です。

 

DSC_15871.jpg

さて、このサイズになると

たいやの偏平が凄いので

ホイールの剛性を上げるため

ホイールの肉厚があるので

超重たい~・・・・(泣)

無事取付を終えて

作業終了で~す。

オーナーさんいわく

イロイロなところを回ってきたみたい

20インチということで

断られて、ようやくたどり着きましたと!

このサイズぐらいになると

ノーマルチェンジャーだとホイールに傷をつける

リスクが高過ぎて普通断りますよ。

かなり剛性のあるタイヤチェンジャーじゃないと

タイヤチェンジャーのアームがしなってしまい

ホイールを傷つけちゃうからね

17インチのランフラットタイヤ交換が

出来るぐらいのタイヤチェンジャーの

剛性がないと無理ですね(汗)

NANKANG NS-2タイヤの試乗 性能評価レビューは⇒コチラ

ナンカンタイヤNS-2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月17

NANKANG NS-2 20インチタイヤ ジャガーXKクーペに取付でした。

タグ

2015年7月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ プレミアムタイヤ

このページの先頭へ