ATR SPORTとATR SPORT2 タイヤの性能 評価 感想 比較レビュー

ATR SPORT2タイヤの特徴

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(16インチ~21インチ)

atr2

知人がATR SPORT2を履いてきてくれたので

ようやく試乗できる機会ができました。

ATR SPORT2(エーティーアールスポーツツー)は、

強力なグリップ力を発揮するスポーツタイヤです。

大人気の「ATR SPORT」タイヤの静粛性、ウェット性能、

ハンドリング性能、直進安定性を改善した

ニューフラッグシップタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ATR SPORT2のタイヤデザイン

ATRSPORT2のトレッドパターンは、こんな感じ

 

サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです

ATR SPORT2の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ATR SPORT2タイヤの試乗性能 評価レビュー

一般道を乗ってみると、確かにATR SPORTより

静かで、乗り心地もイイです。

コーナーに入っても違和感なく

スパッと曲がってくれます。

下りコーナーを攻めてみると

なるほどATR SPORTとは

性格が違うようです。

さて高速道路へGO!

速度が上がると、このATR SPORT2の

良さがはっきり出ますね。

車の基本である直進性がもの凄く良いタイヤです。

静かさと、乗り心地もイイんだよなァ~

結構快適なタイヤなのかも・・・

さて首都高に入って

コーナーを攻めてみると???

ATR SPORTとATR SPORT2の性格の差がハッキリと!

ATR SPORTはコーナー入口で

ブロックヨレを感じるんだけど

ATR SPORT2はブロックヨレじゃなくて

サイドが柔らかい感じです。

その後のタイヤのグリップは、結構恐ろしいほど

グリップします!

コーナー中の接地感はATR SPORTより、

ATR SPORT2の方が上ですね。

しばらく走ってタイヤの温度が上がってくると

さらにグリップ力がアップします。

トータル性能は、静かさと乗り心地は良いのですが

プレミアムタイヤまでのトータル性能はありません。

でもこのトレッドパターンのブロックの大きさで

この静かさを出すんですから、さすがフラッグシップタイヤです。

グリップ力は

グリップタイヤとスポーツタイヤの中間といった感じです。

ここまでグリップが高いとは予想外でした。

メーカーさんのセールストークを読むと

コンフォートタイヤに振ったのかなァ~と

思いましたが、実際試乗してみると

全然、高性能スポーツタイヤでした!

ハイパワーのセダン車にもオススメできるタイヤです。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT2<<

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月17

ATR SPORT2 ATRスポーツ2タイヤの性能 評価 感想 比較レビューでした!

タグ

2016年5月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ スポーツタイヤ

NANKANG(ナンカン)NS-20タイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

NANKANG NS-20タイヤの特徴

NS20

NANKANG NS-20は、ナンカンのニューフラッグシップモデルです。

ドライグリップ性能、ウェット性能、ハンドリング性能、

静粛性、快適性に優れ、高いレベルで燃費性能、耐久性も兼ね備えた

スポーツプレミアムタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(13インチ~22インチ)

NANKANG NS-20のタイヤデザイン

NANKANG NS-20のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG NS-20の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ナンカンNS-2の後継と思ったらタイヤカテゴリーが違いました。

NS-2はスポーツタイヤ、NS-20はプレミアムタイヤでした。

NS20

パターンはこんな感じ

NS20

スポーツと静かさを両立したようなパターンです。

縦ミゾが多いので、排水性も良さそう。

NS20

この真ん中のマークは何???

もしかして雪に対応しているということなのかな?

じゃなくて、オールシーズンタイヤを狙ったのか・・・

NANKANG NS-20タイヤ性能評価レビュー

さて一般道を試乗してみると、とっても静かなタイヤです。

どちらかというと、NS-2タイヤに

高級感を与えたプレミアムな感じです。

コーナーを攻めても、NS-2同様

グリップ力もあるね!

高速道路を走ってみました

速度が上がっても静かなタイヤ、しかも直進安定性が抜群です。

速度が上がると結構パターンノイズが大きくなるのが当たり前なんですけど

NANKANG NS-20は、静かさを保ってくれます。

そのまま首都高に入って、大きな継ぎ目を通過しても

しなやかに乗り越えてくれる感じで乗り心地もイイです。

さてコーナーですが、スポーツタイヤの性格ですね。

切り初めから反応が良く、グリップ力もかなりありますが

コーナーを攻めてみると、グリップ力はNANKANG NS-2の方が

少し上という感じでした。

このNANKANG NS-20というタイヤ

かなりハイレベルのトータルバランスの優れた性能を持っていたのにはビックリ

う~ん・・・このNANKANG NS-20は

完全にプレミアムタイヤレベルのタイヤでした。

今回、新品状態のNS-20に試乗しましたが、

かなりハイグレードなタイヤですね。

値段からすると、高性能すぎるのが

NANKANG NS-20というタイヤでした。

値段が安いからと言って、あなどれないタイヤですね!

満足度が高いタイヤということは、試乗テストで分かりました。

NS20

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-20

プレミアムタイヤで、この安さには、驚きますよ。

アジアンプレミアムタイヤランキング⇒コチラから

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月16

NANKANG NS-20タイヤ性能 評価レビューでした!

 

タグ

2015年7月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ プレミアムタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ