ADVAN ネオバAD08RとプロクセスR1Rとの性能比較!

ランエボ専用、軽量ホイールのRPO3に、アドバンネオバAD08Rを組み付け

サーキットを走るので、軽量で強度のあるホイールを選びました。

車はランエボ6なので、ブレンボキャリパーのため、専用ホイールです。

タイヤは、グリップタイヤのヨコハマアドバンネオバAD08Rです。

日本もアジアなので、アジアンタイヤですね(笑)

量販店ではAD08Rは、もの凄く値段が高いタイヤですが・・・(汗)

ということで新品ホイールに、ネオバをセットして

ネオバAD08R

あとは、バランスを取って、ランエボ6に履かせます。

ネオバAD08RとプロクセスR1Rのタイヤ性能評価です。

サーキットでは、タイヤが低温でもある程度のグリップ力を発揮してくれます。

でも低温では、プロクセスR1Rの方が上のグリップ力です。

タイヤが高温になると本領発揮で、グリップ力は

プロクセスR1Rと同等のグリップ力を発揮してくれます。

ネオバAD08Rの方が、横剛性が高いので、初期応答性が良く

運転が上手くなったように感じますが、タイム的には

ほとんどR1Rと変わりません。

ですが、溶けるタイヤの温度になると、R1Rは熱ダレをおこし

ズルズル感が出てしまい、タイムがほんの少し落ちるんですが、

ネオバAD08Rは熱ダレをおこさず、タイムは安定します。

なので、休憩をはさむ走行会で20分程度の全開走行なら、

R1Rの方がタイムが出ますが

連続40分全開走行になると、ネオバAD08Rの方が

安定したタイムが出せますよ。

あとタイヤの摩耗ですが、R1Rの方が、圧倒的に減りは早いです。

ですので耐久面で見ると、ネオバAD08Rの方が上です。

とくに、1500キロぐらいの車重になると

R1Rはサーキットで4時間走行で

新品タイヤでも終わってしまうので

1日フリー走行なら、ネオバAD08Rを履いた方が

お財布に優しいです(笑)

ただ一つ問題が、ネオバAD08Rは値段が高いというところ(泣)

でも大丈夫です。もっとグリップしてくれて、激安なアジアン ハイグリップタイヤがあるんです。

値段が安いのにハイグリップなタイヤです。

コチラから⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

グリップタイヤ選びの参考にして頂けたら。うれしいです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月10

ADVAN ネオバAD08RとプロクセスR1Rとの性能比較でした。

タグ

2017年1月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

MRS、新品AD08Rネオバにタイヤ交換

MRSに新品AD08Rネオバを装着

スリップサインが出ていたので

新品のヨコハマタイヤのネオバに交換です。

1.jpg

サーキットを走るので、やはりハイグリップタイヤの

ネオバAD08Rをオーナーさんは選びました。

サクサク交換して、セット完了で~す。

2.jpg

さて、今日は完全ドライ路面で、気温も18度

といっても、新品タイヤなので

皮剥きをしないと、最大グリップはでないけど

これから、首都高を使って埼玉県に向かいます。

今回のコースは大外回りで行こう~と。

DSC_02991.jpg

足回りのセッティングは一般道ではバッチリ

あとは高速で予定の動きになってくれれば完成で~す。

高速域のトータルバランスをしっかり把握してきます。

そのあと、車検が待っているけどね。

それでは、花粉と戦いながら行ってきま~す。

 

ハイグリップタイヤなら、2016年に発売された

アジアンハイグリップタイヤがあります。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

更新日:2022年01月17

MRS、新品AD08Rネオバにタイヤ交換でした!

タグ

2013年3月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

R33スカイラインに、トーヨータイヤ プロクセスR1Rタイヤ装着

トーヨータイヤ プロクセスR1Rタイヤ装着

なんだか、いろいろパーツが送られてきているような

タイヤまで送られてきました。

送られてきたのは、グリップタイヤのプロクセスR1Rです。

R1R

これ足回りのセッティングをとるためです。

だって、いま履いているプロクセスR1Rのが、こういう状態なんだもん!

タイヤ

さてこのホイールはリバースホイールなので

ホイールを裏返して組みます。

すると、イヤ~なものを見てしまいました。

ホイールが曲がってる~!

曲がりホイール

このままタイヤを組むと、あとあとエアー漏れしちゃうよな~

エンケイ製ホイールか~、ウ~ン・・・なんとかなるかな

やってみます。

黒70の経験と技で・・・修正の仕方は書けないけどね。

修正してみました。

修正後

完全にはいかないけど、これでエアー漏れは大丈夫です。

さて、これでタイヤ交換できます。

タイヤ組み込み

あとはエアーを入れて、バランスをとれば完成で~す。

完成

もう1本のホイールは、問題なく交換できましたよ。

R33スカイライン号、あとは難問のウォーターポンプ交換があるんだよな~

ラジエーターから始まって

タイミングベルトまで外さないと、交換できないんだよな~

ちなみに、パワステ・ベーンポンプからもオイル漏れ

これを交換すると予算オーバーになるので

今回は見送りで~す。

プロクセスR1Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒プロクセスR1R

価格が高いと思われた方、大丈夫です。

アジアンハイグリップタイヤを参考にしてください。メチャ安です。

コチラから⇒アジアンタイヤハイグリップランキング

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月16

R33スカイラインに、トーヨータイヤ プロクセスR1Rタイヤ装着でした。

タグ

2010年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ トーヨータイヤ 国産タイヤ

ヨコハマ アドバン ネオバ AD08Rのタイヤ性能評価レビュー!

YOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08Rタイヤ性能レビュー

グリップで定評のあるNEOVAの、ハイグリップタイヤ

とてもグリップ力が気になりますね!

はたして、プロクセスR1Rのグリップ力を

超えて来るのか?

ネオバAD08Rを触ってみると

サイドウォールがやけに硬く、横剛性を

大幅に上げてきたみたい。

これプロクセスR1Rとは、まったく逆で、

R1Rのサイドウォールは、グリップタイヤとは

思えないほど柔らかいです?

ヨコハマタイヤさんから資料を頂き、内容を読みましたが

資料を読んでも、タイヤの場合は実際試乗しなければ

性能は分からないので!

サーキットに持ち込んで、試乗です。

ヨコハマ アドバン ネオバ AD08Rのタイヤ試乗・性能・評価・レビュー

ヒーローしのいサーキットでテスト開始です。

気温は8度、かなりタイヤには不利な気温からのスタートです。

プロクセスR1Rなら、この気温でも最初から行けちゃうけどね!

さてネオバAD08Rはというと、1周目は以前のネオバより

低温からグリップしてくれるという感じです。

2周目に入ると、ほォ~かなりグリップ力が上がってきました。

2周目でグリップ力が上がってくるのは、かなり初期の

発熱性が良くなっている証拠で

AD08Rの特徴の一つですね。

4周目に入って、かなりグリップ力が上がってきました

これならイケる、5周目からタイムアタック開始

コーナー進入時のクイックさが、たまらなくイイです。

コーナー中の横剛性も凄く、ダイレクト感があり

なんだか、運転が上手くなったような感じさえ覚えますね!

ウヒャ~楽しい、8週目と9周目に49秒台が出たけど

かなり車の性能的には、危険な運転なので、完全グリップの範囲で

ドライビングすることに!

タイムも50秒前半で安定して周回できてしまいます。

熱ダレはほとんどありません、タイヤの内圧が上がり過ぎると

リヤのグリップが多少あれ???という場面もあったので、

タイムが落ちてきたらタイヤの空気圧調整をした方がイイですね。

と言っても、30分連続走行後の話ですけどね(笑)

さてトータル2時間のテストを終えての感想です。

グリップ力はR1Rよりほんの少し劣りますが

これ0.1秒以下の差です(驚)

ですが長時間走行になるとR1Rは熱ダレでタイムが

ほんの少し落ちるので、トータルすると

性能差はほとんどありませんでした

タイヤの温度が低い時は、圧倒的なグリップ力を持つ

R1Rの方が上ですが、それは最初の3~4周の事だけなので!

車をコントロールしてダイレクト感を楽しめるのが

今回のネオバAD08Rです。

R1Rは確かに、オーバースピードで

ヤバイ~という時に、滑りながらでもグリップしてくれるので

助けてくれますけどね!

そして、R1Rと今回のネオバAD08Rの最大の差

これは、タイヤの減りです。

R1Rと比べると、AD08Rの方が

減りが圧倒的に少ないということです。

ヨコハマタイヤの種類は⇒コチラから

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月16

ヨコハマ アドバン ネオバ AD08Rのタイヤ性能 評価レビューでした!

タグ

2009年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ ヨコハマタイヤ 国産タイヤ

このページの先頭へ