ATR SPORTとATR SPORT2 タイヤの性能 評価 感想 比較レビュー

ATR SPORT2タイヤの特徴

タイヤカテゴリー(スポーツタイヤ)

インチサイズ(16インチ~21インチ)

atr2

知人がATR SPORT2を履いてきてくれたので

ようやく試乗できる機会ができました。

ATR SPORT2(エーティーアールスポーツツー)は、

強力なグリップ力を発揮するスポーツタイヤです。

大人気の「ATR SPORT」タイヤの静粛性、ウェット性能、

ハンドリング性能、直進安定性を改善した

ニューフラッグシップタイヤです。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ATR SPORT2のタイヤデザイン

ATRSPORT2のトレッドパターンは、こんな感じ

 

サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです

ATR SPORT2の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ATR SPORT2タイヤの試乗性能 評価レビュー

一般道を乗ってみると、確かにATR SPORTより

静かで、乗り心地もイイです。

コーナーに入っても違和感なく

スパッと曲がってくれます。

下りコーナーを攻めてみると

なるほどATR SPORTとは

性格が違うようです。

さて高速道路へGO!

速度が上がると、このATR SPORT2の

良さがはっきり出ますね。

車の基本である直進性がもの凄く良いタイヤです。

静かさと、乗り心地もイイんだよなァ~

結構快適なタイヤなのかも・・・

さて首都高に入って

コーナーを攻めてみると???

ATR SPORTとATR SPORT2の性格の差がハッキリと!

ATR SPORTはコーナー入口で

ブロックヨレを感じるんだけど

ATR SPORT2はブロックヨレじゃなくて

サイドが柔らかい感じです。

その後のタイヤのグリップは、結構恐ろしいほど

グリップします!

コーナー中の接地感はATR SPORTより、

ATR SPORT2の方が上ですね。

しばらく走ってタイヤの温度が上がってくると

さらにグリップ力がアップします。

トータル性能は、静かさと乗り心地は良いのですが

プレミアムタイヤまでのトータル性能はありません。

でもこのトレッドパターンのブロックの大きさで

この静かさを出すんですから、さすがフラッグシップタイヤです。

グリップ力は

グリップタイヤとスポーツタイヤの中間といった感じです。

ここまでグリップが高いとは予想外でした。

メーカーさんのセールストークを読むと

コンフォートタイヤに振ったのかなァ~と

思いましたが、実際試乗してみると

全然、高性能スポーツタイヤでした!

ハイパワーのセダン車にもオススメできるタイヤです。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT2<<

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月09

ATR SPORT2 ATRスポーツ2タイヤの性能 評価 感想 比較レビューでした!

タグ

2016年5月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ スポーツタイヤ

ATR SPORTタイヤの種類とタイヤ性能評価

ATR SPORTタイヤの特徴と種類

アジアンタイヤの中で17インチ以上でもっとも支持されているタイヤが

ATR SPORTタイヤです。

低価格とは思えないグリップ力が評価されています。

◆ATR SPORT2タイヤ(スポーツタイヤ)

ATR SPORT2のタイヤ性能評価レビューはコチラ

atr2

ATR SPORT2のタイヤデザイン

ATRSPORT2のタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT2

 

◆ATR SPORTタイヤ(スポーツタイヤ)

ATR SPORTタイヤ性能評価レビューはコチラ

ATR

ATR SPORTのタイヤデザイン

ATR SPORTのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT

 

◆ATR SPORT 122(スタンダードタイヤ)

ATR SPORT 122タイヤ性能評価レビューはコチラ

ATR112

ATR SPORT 122のタイヤデザイン

ATR SPORT 122のタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT 122のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT 122

 

◆Economist+ATR-K(スタンダードタイヤ)

ATR SPORT Economist+ATR-Kタイヤ性能比較レビューはコチラ

ATRECO

Economist ATR-Kのタイヤデザイン

Economist ATR-Kのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

Economist+ATR-Kのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒Economist+ATR-K

 

◆ATR-K SPORT(ハイブリップタイヤ)

ATR-K SPORTタイヤ性能比較レビューはコチラ

ATRK

ATR-K SPORTのタイヤデザイン

ATR-K SPORTのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR-K SPORT

 

◆ATR SPORT 123S(ハイグリップタイヤ)

ATR SPORT 123Sタイヤ性能比較レビューはコチラ

ATR SPORT123Sのタイヤデザイン

ATR SPORT123Sのタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT 123Sのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT 123S

 

◆ATR SPORT DESERT HAWK H/T(SUVタイヤ)

DESERT HAWK H/Tのタイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

ATRHT

DESERT HAWK H/Tのタイヤデザイン

DESERT HAWK H/Tのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT DESERT HAWK H/Tのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

◆ATR SPORT DESERT HAWK UHP(SUVタイヤ)

DESERT HAWK UHPのタイヤ試乗性能レビューは⇒コチラ

ATRUHP

DESERT HAWK UHPのタイヤデザイン

DESERT HAWK UHPのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT DESERT HAWK UHPのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT DESERT HAWK UHP

 

◆ATR SPORT Multivan(バン用タイヤ)

ATRMULTVAN

ATR SPORT Multivanタイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT Multivan

 

ATR SPORTタイヤ スタッドレスタイヤ 冬用タイヤ ラインナップ

◆ATR SPORT WINTER 101(スタッドレスタイヤ)

ATR101

ATR SPORT WINTER 101スタッドレスタイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT WINTER 101

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月09

ATR SPORTタイヤ ラインナップでした。

タグ

2016年5月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)メーカーの歴史

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)タイヤメーカーの歴史

ATR RDIAL

インドネシア、タイヤメーカーのATR RADIALタイヤメーカーの歴史

◆1991年:MASA(PT Multistrada Arah Sarana Tbk)設立

ピレリータイヤと3年間、1994年までタイヤ技術提携。

◆1994年:コンチネンタルと6年間、2000年までタイヤ技術提携。

◆2004年:新たな経営基盤が築かれ、ハイレベルな経営方針への見直し。

◆2005年:高性能タイヤ(UHP)の投入を実現。

その後、ブランド名のATR SPORTが登場。

2015年:ATR RADIALに統一され、

タイヤブランドのATR SPORTそしてCORSAのタイヤブランド名で展開しています。

atrrogo

「ATR RADIAL」は、全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)や

フォーミュラードリフトのスポンサーを務めるなど、

モータースポーツに力を注いでいるタイヤブランドです。

タイヤにとって厳しい使用環境でもあるドリフトにおいても優れた性能を発揮。

その品質の高さは日本人のドリフトユーザーだけでなく、一般のユーザーからも認められ、

多くのユーザーとファンを獲得し、シェア拡大中です。

ATRRADIALのタイヤ種類は

こちらから⇒ATRスポーツタイヤの種類

ATR RADIALのATR SPORTのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT

ATR RADIALのCORSAは

こちらから⇒CORSA

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)タイヤメーカーの歴史でした!

タグ

2016年5月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ

ATR SPORT 123Sタイヤのタイヤ試乗性能評価レビュー ハイグリップタイヤ

ATR SPORT 123Sはハイグリップタイヤ

ATR SPORT123Sタイヤの特徴

ATR SPORT 123S(エーティーアールスポーツ ワンツースリーエス)は、

走りを追求しドライグリップを重視したスポーツタイヤです。

スポーツ走行を想定して設計され、

強力なグリップ力で高いコーナリング性能とトラクション性能を発揮します。

というメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(ハイグリップタイヤ)

インチサイズ(15インチ~18インチ)

ATR SPORT123Sのタイヤデザイン

ATR SPORT123Sのトレッドパターンは、こんな感じ

サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ATR SPORT123Sの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ATR SPORT 123Sのサーキット走行評価レビュー

トレッドパターンは、見たことのない斬新なデザインです

車はヴィッツ1300RSなんですが、これが苦労して作り上げた

サーキット仕様です。

ハイカム4スロットル仕様 フルコンでコントロールしているので

とてもエンジン特性のクセのある仕様です。

前回のネオバとSタイヤのタイムデーターがあるので

それと比べればタイヤのグリップ性能が分かるからイイね!

ということで、今回はATR SPORT 123Sをチョイスして

サーキット走行タイヤテストです。

その前に一般道の評価ですが、タイヤのパターンノイズは

うるさいし、乗り心地もかなり硬いので、快適性はありません

どちらかというと、グリップ力オンリーのタイヤです。

サーキットでは、このATR SPORT 123S 本領発揮

タイヤが冷えているスタート時は、高速コーナーでリヤが出てしまいますが

4周目を超えた当たりから、グリップ力がアップして

タイムがグングン上がってきました。

行ける・・次の周からタイムアタック開始

コーナー入口のシャープさはスゴイです。

ヘアピンのグリップ力も凄く、どちらかというと

エンジンのパワー負けするぐらいのグリップ力

5周タイムアタックをしてピットに戻ってみると

なんだかサーキット仲間がザワザワ・・・?

そしてタイムを見たらビックリ

ベストタイムは、これSタイヤ並のタイムじゃん(驚)

まさかATRSPORT 123Sってここまでの性能を

持っていたとは、驚きを隠せません

乗る前は、こんな安いタイヤ~なんて思っていましたが

乗ったら、そのグリップの凄さが楽しくなってしまって

思いっきり攻めることができました。

間違いなくハイグリップタイヤです。

安くても、こんなにグリップするタイヤって

あるんですね。

街乗りの快適性は全くありませんが

サーキット好きには、オススメのタイヤです。

ATR SPORT 123Sのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT 123S<<

サイズラインナップがまだ少ないですが

これから増えることを期待したいタイヤです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

ATR SPORT 123Sタイヤのタイヤ試乗性能評価レビュー ハイグリップタイヤでした。

タグ

2016年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ サーキットタイヤ ハイグリップタイヤ

ATR SPORT 122のタイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

ATR SPORT 122タイヤの特徴と評価

ATR122

ATR SPORT 122(エーティーアールスポーツ イチニーニ)は、

マルチサイプデザインによりウェットな路面でも

安定した走りができ、高速安定性のある

ハイドロプレーニングを低減したスタンダード(標準)タイヤです。

というメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)標準タイヤ

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ATR SPORT 122のタイヤデザイン

ATR SPORT 122のトレッドパターンは、こんな感じ

サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

ATR SPORT 122の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ATR SPORT 122のタイヤ試乗性能 評価レビュー

人気上昇中のATR SPORT122のタイヤ性能は

どうなのか、試乗してみました。

DSC_0082[1]

DSC_0083[1]

乗ってみると

スタンダード(標準)タイヤとしては、かなり剛性感がある感じを受けます。

パターンノイズは、うるさいのかな~と思っていましたが

実際乗ってみると、静かです。

これもアジアンタイヤの特徴ですね。

新品時はどれを履いても静かなんですが

アジアンタイヤって、摩耗が進めば進むほど、パターンノイズが

大きくなる傾向があります。

国産タイヤはこの点をシビアに考えているみたい!

スタンダード(標準)タイヤなので、コーナーを攻めたりはしませんが

トータル性能をうまくまとめたタイヤと言った方がイイのかもしれません。

特別満足もなく、不満もなくというタイヤに仕上がっていますね。

コンパクトカーにはオススメのタイヤです。

ATR SPORT122のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT 122<<

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年01月08

ATR SPORT 122のタイヤ性能・評価・レビューでした!

タグ

2016年4月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ スタンダードタイヤ

このページの先頭へ