ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)メーカーの歴史

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)タイヤメーカーの歴史

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

ATR RDIAL

インドネシア、タイヤメーカーのATR RADIALタイヤメーカーの歴史

◆1991年:MASA(PT Multistrada Arah Sarana Tbk)設立

ピレリータイヤと3年間、1994年までタイヤ技術提携。

◆1994年:コンチネンタルと6年間、2000年までタイヤ技術提携。

◆2004年:新たな経営基盤が築かれ、ハイレベルな経営方針への見直し。

◆2005年:高性能タイヤ(UHP)の投入を実現。

その後、ブランド名のATR SPORTが登場。

2015年:ATR RADIALに統一され、

タイヤブランドのATR SPORTそしてCORSAのタイヤブランド名で展開しています。

atrrogo

「ATR RADIAL」は、全日本プロドリフト選手権(D1グランプリ)や

フォーミュラードリフトのスポンサーを務めるなど、

モータースポーツに力を注いでいるタイヤブランドです。

タイヤにとって厳しい使用環境でもあるドリフトにおいても優れた性能を発揮。

その品質の高さは日本人のドリフトユーザーだけでなく、一般のユーザーからも認められ、

多くのユーザーとファンを獲得し、シェア拡大中です。

価格が安いのに高性能なアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技、

まだ読んでいない方は『国産タイヤとアジアンタイヤの違い』を読んでくださいね。

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

海外ブランドタイヤを直輸入しオンラインで販売してくれます。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年06月20

ATR RADIAL(エーティーアールラジアル)タイヤメーカーの歴史でした!