ATR SPORTタイヤの種類とタイヤ性能評価

ATR SPORTタイヤの特徴と種類

アジアンタイヤの中で17インチ以上でもっとも支持されているタイヤが

ATR SPORTタイヤです。

低価格とは思えないグリップ力が評価されています。

◆ATR SPORT2タイヤ(スポーツタイヤ)

ATR SPORT2のタイヤ性能評価レビューはコチラ

atr2

ATR SPORT2のタイヤデザイン

ATRSPORT2のタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT2

 

◆ATR SPORTタイヤ(スポーツタイヤ)

ATR SPORTタイヤ性能評価レビューはコチラ

ATR

ATR SPORTのタイヤデザイン

ATR SPORTのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT

 

◆ATR SPORT 122(スタンダードタイヤ)

ATR SPORT 122タイヤ性能評価レビューはコチラ

ATR112

ATR SPORT 122のタイヤデザイン

ATR SPORT 122のタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT 122のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT 122

 

◆Economist+ATR-K(スタンダードタイヤ)

ATR SPORT Economist+ATR-Kタイヤ性能比較レビューはコチラ

ATRECO

Economist ATR-Kのタイヤデザイン

Economist ATR-Kのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

Economist+ATR-Kのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒Economist+ATR-K

 

◆ATR-K SPORT(ハイブリップタイヤ)

ATR-K SPORTタイヤ性能比較レビューはコチラ

ATRK

ATR-K SPORTのタイヤデザイン

ATR-K SPORTのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR-K SPORT

 

◆ATR SPORT 123S(ハイグリップタイヤ)

ATR SPORT 123Sタイヤ性能比較レビューはコチラ

ATR SPORT123Sのタイヤデザイン

ATR SPORT123Sのタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT 123Sのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT 123S

 

◆ATR SPORT DESERT HAWK H/T(SUVタイヤ)

DESERT HAWK H/Tのタイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

ATRHT

DESERT HAWK H/Tのタイヤデザイン

DESERT HAWK H/Tのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT DESERT HAWK H/Tのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

◆ATR SPORT DESERT HAWK UHP(SUVタイヤ)

DESERT HAWK UHPのタイヤ試乗性能レビューは⇒コチラ

ATRUHP

DESERT HAWK UHPのタイヤデザイン

DESERT HAWK UHPのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ATR SPORT DESERT HAWK UHPのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT DESERT HAWK UHP

 

◆ATR SPORT Multivan(バン用タイヤ)

ATRMULTVAN

ATR SPORT Multivanタイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT Multivan

 

ATR SPORTタイヤ スタッドレスタイヤ 冬用タイヤ ラインナップ

◆ATR SPORT WINTER 101(スタッドレスタイヤ)

ATR101

ATR SPORT WINTER 101スタッドレスタイヤのタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ATR SPORT WINTER 101

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月15

ATR SPORTタイヤ ラインナップでした。

タグ

2016年5月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ インドネシア製タイヤ

NANKANG(ナンカン)タイヤの種類とタイヤ性能評価

NANKANGタイヤの種類と特徴

高性能タイヤでありながら、低価格なので絶大に支持されているのが

NANKANG(ナンカン)タイヤです。

特に2016年に発売されたハイグリップタイヤは、

日本製タイヤのグリップ力を超えるタイヤも発売され

さらに人気上昇中のNANKANGタイヤです。

NANKANGタイヤの種類

◆NANKANG NS-25タイヤ(プレミアムタイヤ)

ナンカンNS-25タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

 

NANKANG NS-25のタイヤデザイン

NANKANG NS-25のタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

 

タイヤの横、サイドウォールです。

 

タイヤの角、ショルダー部です。

 

ナンカンNS-25のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS25

◆NANKANG NS-2タイヤ(スポーツタイヤ)

ナンカンNS-2タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NS-2

NANKANG NS-2のタイヤデザイン

NANKANG NS-2のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS-2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2

 

◆NANKANG AS-1タイヤ(コンフォートタイヤ)

ナンカンAS-1タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

AS-1

NANKANG AS-1のタイヤデザイン

NANKANG AS-1のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンAS-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG AS1

 

◆NANKANG ECO-2 +(Plus)(ECOタイヤ)

ナンカンECO-2+(プラス)タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

ECO-2+

NANKANG ECO-2+のタイヤデザイン

NANKANG ECO-2+のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンECO-2+(プラス)のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG ECO2+

 

◆NANKANG NS-20(プレミアムタイヤ)

ナンカンNS-20タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

NS-20

NANKANG NS-20のタイヤデザイン

NANKANG NS-20のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS20

◆NANKANG NS-2R(ハイグリップタイヤ)

ナンカンNS-2Rタイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

管理人のJZA70スープラにも履いています。

すごいグリップ力に感動するタイヤです。

NS-2R

NANKANG NS-2Rのタイヤデザイン

NANKANG NS-2Rのタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンNS-2Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS2R

 

◆NANKANG AR-1(ハイグリップタイヤ)

ナンカンAR-1タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

AR-1

NANKANG AR-1のタイヤデザイン

NANKANG AR-1のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG AR1

 

◆NANKANG RX615(SUVタイヤ)

ナンカンRX615タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

RX615

NANKANG RX615のタイヤデザイン

NANKANG RX615のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンRX615タイヤのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG RX615

 

◆NANKANG XR611(SUVタイヤ)

ナンカンXR611タイヤの性能評価レビューは⇒コチラ

NANKANG XR611のタイヤデザイン

NANKANG XR611のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンXR611のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG XR611

 

◆NANKANG CW-25タイヤ(バン用ラジアル)

CW-25バンラジ

NANKANG CW25のタイヤデザイン

NANKANG CW25のタイヤ正面、トレッドパターンです。

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカンCW-25のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG CW25

 

◆NANKANG FT-7 (スタンダードタイヤ)

NANKANG FT-7のタイヤデザイン

NANKANG FT-7のタイヤ正面、トレッドパターンです。

 

タイヤの横、サイドウォールです。

タイヤの角、ショルダー部です。

ナンカン FT-7のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG FT7

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月15

NANKANGタイヤ ナンカンタイヤの種類でした!

タグ

2016年5月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ 台湾製タイヤ

軽自動車用アジアンタイヤ 155/65R13 売れ筋ランキング

 アジアンタイヤの中で軽自動車サイズの155/65R13の売れている順ランキングです

新車装着車種:ライフ、ekワゴン、MRワゴン、アルト、パレット、

ラパン、ワゴンR、オッティー、モコ、ルークス、ミラ、ムーヴ等

軽自動車用155/65R13タイヤ人気売れ筋ランキング

軽自動車のタイヤサイズは外径(直径)から分けると、2タイプになります。

155/65R14タイヤ155/65R13タイヤです。

軽自動車タイヤサイズ155/65R14はコチラ⇒155/65R14売れ筋ランキング

アジアンタイヤ155/65R13人気売れ筋ランキング

1位 NANKANG(ナンカン) RX615

軽自動車にも静かなタイヤが人気のようです。

NANKANG RX615のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

RX615

価格はコチラ>>NANKANG RX615

 

2位 HIFLY(ハイフライ) HF201

HIFLY HF201のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

HF201

価格はコチラ>>HIFLY HF201

 

3位 MOMO OUTRUN M-1

MOMO OUTRUN M-1タイヤ性能評価レビューは⇒コチラ

OUTRUN M1

価格はコチラ>>MOMO OUTRUN M-1

 

4位 MAXTREK SU810

申し訳ありません。試乗していないため

タイヤ性能評価をまだしていません。

SU810

価格はコチラ>>MAXTREK SU810

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月15

公開日:2016年05月15日

アジアンタイヤ155/65R13人気売れ筋ランキングでした

タグ

2016年5月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤサイズ別ランキング

軽自動車タイヤサイズ!軽自動車タイヤサイズの大きさ計算!

軽自動車タイヤサイズ!軽自動車のタイヤサイズ直径計算!

燃費面と小回りが利く人気の軽自動車ですが

新車純正タイヤサイズは、あまり多くはありません。

タイヤの直径から分けると、2タイプになります。

155/65R14タイヤと155/65R13タイヤです。

何が違うの?と思われた方に

タイヤサイズ説明

タイヤサイズの155というのはタイヤの総幅でタイヤの太さです。

この場合のタイヤの太さは155mmです。

タイヤサイズの65というのは偏平率と呼ばれ、

タイヤ総幅(太さ)に対して65%の高さという意味です。

その後のRはラジアル構造という意味なので無視して構いません。

ですから、この数字が70、80等、大きくなれば、タイヤの直径も大きくなります。

逆に数字が45、40等、小さくなればタイヤの直径も小さくなります。

タイヤサイズ最後の数字の14、13はホイール直径をインチサイズで表しています。

14インチ、13インチという事です。

1インチは25.4mmなので、14インチの方が直径が大きいことになります。

これが分かれば、タイヤの直径を計算できますね!

タイヤサイズの直径計算

ではタイヤの直径を計算してみましょう。

まずは155/65R14

タイヤ幅=155mm

偏平率が65ですから155×65%=100.75mm

この偏平率高さは、ホイールに対してゴムの部分が

タイヤの上の高さと下の高さがあるので×2になります。

ですので、100.75×2=201.5mmになります。

これがタイヤ部分の高さになります。ゴムの部分の高さです。

それに14インチの直径を足せばタイヤ全体の直径がでます。

1インチは25.4mmなので×14=335.6mmが14インチの直径です。

それでは、タイヤサイズ155/65R14の直径は

201.5mm+335.6mm=557.1mmになります。

次に155/65R13の直径を計算してみましょう。

タイヤ幅=155mm

偏平率65%なので155mm×65%=100.75mm

タイヤのゴムの部分は、ホイールの上下にあるので×2でしたね。

100.75×2=201.5mmがゴムの部分の高さです。

それにホイールの13インチは1インチは25.4mm×13=330.2mmなので

足してみましょう、201.5+330.2=531.7mmになります。

ということで

155/65R14サイズの直径は557mm、センチに直すと55.7cm

155/65R13サイズの直径は531mm、センチに直すと53.1cm

という事で155/65R14と155/65R13との直径は

約2.6cm直径で違うことになります。

直径で2.6cmだとタイヤの外周だとかなり大きさが変わってしまいます。

このタイヤ直径の差が2.6cmなので×円周率の3.14を掛ければ

タイヤの外周のタイヤが1回転する差がでますね。

2.6×3.14=8.164cm

タイヤが1回転する間に約8cmも差があるという事になります。

なのでタイヤは新車装着タイヤのサイズの直径に合わせることが必要になります。

もちろんインチアップ時もね

なぜか???

タイヤの外周がくるえば、スピードメーターがくるってしまうからです。

スピードメーターがくるえば、車検時スピードメーターの検査をするので

NGになって、車検が受からないという事になるからです。

新たな車検証が発行されなければ、公道を走ることはできませんよね!

ということにならないように、タイヤサイズはしっかり合わせましょう。

タイヤの直径が計算出来たところで

軽自動車のタイヤサイズは大きく分けて2タイプあります。

155/65R13タイプと、155/65R14タイプです。

155/65R13タイプは他にも

165/55R14

135/80R12

があります。

155/65R14タイプは他にも

165/55R15

145/80R13

があります

タイヤサイズ選びはタイヤの直径を合わせることが基本ですので

間違えないようにしましょう。

そうしないと車検時、買い替えないといけないの?痛い出費になりますからね!

タイヤサイズの直径を簡単に計算できるサイトがあるので

こちらです⇒タイヤサイズ外径計算機

ちょっと間違いやすいので補足です。

タイヤ業界ではタイヤの直径を外径と言っていますので・・・

逆に言うとタイヤの外径はタイヤの外周ではなくタイヤの直径の事なので

間違えないようにしてください!

軽自動車13インチはコチラから⇒155/65R13売れ筋ランキング

軽自動車14インチはコチラから⇒155/65R14売れ筋ランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月15

軽自動車タイヤサイズ!軽自動車のタイヤサイズ大きさ計算!でした!

タグ

2016年5月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ用語説明

アジアンコンフォートタイヤランキング コンフォートタイヤ性能比較

アジアンタイヤ コンフォートタイヤランキング

コンフォートタイヤは、静粛性と乗り心地を重点に作られているタイヤです。

コンフォートタイヤとは⇒『快適なタイヤ』という意味になります。

コンフォートタイヤランキングでは、タイヤ性能評価の中の静粛性乗り心地の2に重点をおき

試乗評価ランキングしています。

もちろんプレミアムコンフォートタイヤも含みます。

タイヤは低中速では静かで乗り心地が良くても、高速になると

走行ノイズが突然うるさくなるタイヤもあるので、

その点も、タイヤ試乗で高速道路でも評価しています。

それぞれのタイヤのリンクは、一般道、高速道路、首都高を試乗し性能を評価した

タイヤ性能評価にリンクしています。

コンフォートタイヤは、静かさと乗り心地を重視したタイヤです。

街乗りメインで、静かで乗り心地が良いタイヤをお望みなら、

コンフォートタイヤがオススメです。

コンフォートタイヤランキング アジアンコンフォートタイヤ性能比較!

1位 DAVANTI DX390

試乗感想レビューはコチラ⇒DAVANTI DX390

DAVANTI DX390のタイヤサイズと値段は⇒コチラから

2位 MOMO OUTRUN M3

試乗感想レビューはコチラ⇒ MOMO OUTRUN M3

MOMO OUTRUN M-3

MOMO OUTRUN M3のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

3位 NANKANG RX615

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG RX615

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

位 HIFLY HF805

試乗感想レビューはコチラ⇒ HIFLY HF805

hiflyhf805

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

5位 NANKANG AS-1

試乗感想レビューはコチラ⇒ NANKANG AS-1
nankangas1

NANKANG AS-1のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

6位 RADAR Dimax R8+

試乗感想レビューはコチラ⇒ RADAR Dimax R8+

RADAR Dimax R8+

RADAR Dimax R8+のタイヤサイズと価格は⇒コチラから

静粛性と乗り心地に重点をおいたコンフォートタイヤの試乗評価ランキングです。

それぞれのコンフォートタイヤは、あくまでも新品時に試乗した時のタイヤ性能比較です。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年07月15

公開日:2016年05月11日

アジアン コンフォートタイヤ性能ランキング!アジアン コンフォートタイヤ性能比較でした。

タグ

2016年5月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ タイヤランキング

このページの先頭へ