SONAR SX-9のSUVタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

アジアンタイヤ SONAR SX-9のSUVタイヤ性能評価レビュー

sona sx9

SONAR SX-9のSUVタイヤ性能・評価・レビュー!

最新技術が搭載されたNEWモデルです!

どちらかというと、SUVが苦手とする高速域が得意なタイヤです。

グリップも十分あるし、コーナーでのクイック感も兼ね備えています。

あらゆる面で安定したパフォーマンスを発揮してくれますね。

SUVタイヤは、ボヨンボヨン、切り初めのクイックが無いと

イロイロ不満がでますが、このSONAR SX-9は

その不満を解消してくれるチョット珍しいタイヤです。

ビックサイズがメインですが、価格は国産タイヤの1/4なのが嬉しいです。

でも残念ながら、SONAR SX-9は手に入らなくなってしまいました。

そこでSUVタイヤの人気ランキングです。

こちらから⇒SUVタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月17

タグ

2016年3月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ソナータイヤ 台湾製タイヤ SUVスポーツタイヤ

SONAR SX608のタイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

SONAR SX608のタイヤ性能評価感想比較レビュー

sonasx608

SONAR SX608のタイヤ性能・評価・レビュー

ソナーは台湾の大手タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)の

ヨーロッパ向けブランド!それがSONAR(ソナー)です。

ソナーSX608のタイヤカテゴリーはスタンダードタイヤです。

さてSX608の性能です。

このパターン、国産タイヤのアレにそっくり

コンピューターシュミレーションで設計されたトレッドパターンが

走行音を抑え、縦溝がハイドロプレーニング現象を抑制、

ウェットシーンでも快適なハンドリング操作を実現しているとあります。

乗ってみると、確かに静かです。

乗り心地はとてもマイルドで、どちらかというと

コンパクトカーとのマッチングが良さそうです。

ミニバン、セダン系の重量のある車だと、

グニャリ感が出てしまうかも知れません。

とにかく価格が安いので、一般道がメインの

ユーザーさん向けのタイヤです。

ですが、SONAR SX608は

手に入らなくなってしまいました。

なのでコチラを参考にしてください。

静かで乗り心地の良いタイヤの人気ランキングです。

コチラから⇒コンフォートタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月17

SONAR SX608のタイヤ性能・評価・レビューでした。

タグ

2016年3月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:スタンダードタイヤ ソナータイヤ 台湾製タイヤ

NEXEN(ネクセン) N7000タイヤの試乗、性能 評価 感想 比較レビュー

NEXEN N7000タイヤの特徴

n7000

NEXEN N7000(ネクセンエヌナナセン)は、

静粛性、快適性に優れたコンフォートプレミアムに位置するタイヤです。

ウェット性能、燃費性能、高速安定性、ブレーキング性能、デザイン性にもすぐれた

高級車向けハイパフォーマンスタイヤです。

以前にもネクセンN7000タイヤ性能の評価をしました。

N7000がN7000Plusに進化、街乗りの静粛性がさらにアップしています。

今回は進化したN7000Plusを高速道路と首都高を走った評価をしています。

プレミアムコンフォートタイヤだと、やはり高速道路を走ってみないとね!

ということで、東名高速に乗ってそのまま、首都高テストです。

高速の直進安定性も抜群、そして高速での突き上げ感もしなやかに収まところは

やはりプレミアムタイヤの特徴なんだよなァ~!

結局プレミアムタイヤってトータル的に快適なので、

疲れないタイヤなんですよね!

次に首都高に入って、コーナーを攻めてみると、

切り初めから気持ちよく反応してくれます。

コーナー中、左足ブレーキを使って前荷重にして、

荷重をフロント外タイヤに掛けた時、

ちょっと剛性感が足りない感じを受けたけど

これはタイヤのエアー圧をもう少し上げれば

消えそうなレベルなので、問題はありません。

さすがN7000Plusはプレミアムコンフォートタイヤですね。

スポーツ性を兼ね備えた、静かで乗り心地がイイ贅沢なタイヤでした。

韓国のネクセンタイヤ、かなりプレミアムタイヤのレベルが高いことが分かりました。

静かさは、国産プレミアムタイヤの1世代前と言ったところまで

迫っているなァ~という感じを受けました。

ビックセダン向けですね。

ですが、N7000Plusは

手に入らなくなってしまいました。

なのでコチラを参考にしてください。

静かで乗り心地の良いタイヤの人気ランキングです。

コチラから⇒コンフォートタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月17

NEXEN N7000 ネクセンN7000タイヤ評価 感想 比較レビューでした。

タグ

2016年3月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NEXENタイヤ コンフォートタイヤ

アジアンタイヤ SUVタイヤ性能比較

SUVタイヤ性能比較の説明です。

今までSUVタイヤの性能評価をしてこなかった訳ではなく

たくさんSUV車とSUVタイヤを試乗して来ました。

ですがそのほとんどが国産タイヤだったんです(汗)

SUV国産タイヤの性能評価を書いても、どうなのかな~と思って

SUVタイヤに関しては、書いていませんでしたが

これからSUV車乗りの知人の皆さんに協力を頂きながら

アジアンSUVタイヤの性能評価をしていきます。

連絡を取ったら、かなりの台数が協力してくれるということで

と言っても、20台ぐらいですよ(笑)

多いとは言えませんが、アジアンタイヤのことを伝えたら

その値段に興味を引かれたらしく・・・でも

マジ?まさかァ~?そんなに安くタイヤが手に入る訳ないだろォ~!

そんな値段で性能は大丈夫なのかァ~?そのタイヤ本当に大丈夫なの?

それ国産タイヤメーカーの1本分の値段で

もしかして4本買える値段だよな・・・大丈夫なのかァ~?

などなど、イロイロな事を言われました(汗)

知人にダメなタイヤ勧める訳ないでしょ!

最終的には教えて!教えて!という感じで皆さん興味深々でした(笑)

そんな値段だったら、協力するよという知人が多かったです(驚)

その車種の中で、一番多かったのがハリアーですが、そのほかにも

ランクル、ランクルプラド、ディアリス、アウトランダー、

エクストレイル、ハイラックスサーフ、レガシィアウトバック、

ヴェゼル、CX-5、CX-3、フォレスターなどです。

車が新しすぎて、まだタイヤ交換の時期じゃないだろうという車も

ありますが、う~ん、なんだかクロカン車も多いような~(汗)

ということで、これから皆さんのご協力を得て、

アジアンSUVタイヤをテストし評価していきます。

SUV車って何?

SUVとは

Sport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)の略で、

バブル時代後ではオフロード車、クロスカントリー(クロカン)車、

4WD車と呼ばれていましたが、

今ではクロカンやライトクロカン、4×4車、

そして一般車の車高を高くした

4WDのクロスオーバーモデルの総称としてSUV車と呼ばれています。

タイヤに戻りますが、

その前に、一般タイヤとはチョットカテゴリーが

違う呼び方をするので説明しておきますね!

SUVタイヤカテゴリーは大きく分けて4つ!

M/T(Mud Terrain)マッド・トレーン⇒ オフロード用タイヤ

A/T(All Terrain)オール・トレーン⇒ オールラウンドタイヤ

S/T(Street Terrain)ストリート・トレーン⇒ 街乗りメインのタイヤ

H/T(Highway Terrain)ハイウェイ・トレーン⇒ 街乗り+高速道路を重視したタイヤ

今の時代でM/Tタイヤを履く方は、ほとんどいません。

これは、ほとんど趣味でしかオフロードを楽しまなくなってしまったからです。

今では履いても、ジムニーぐらいかな!

そしてA/Tタイヤを履く方も、ほとんどいなくなりました。

オフロードも走れますが、タイヤのブロックが大きい・・・

タイヤのパターンノイズが大きいため、舗装路走行では

メチャクチャ、タイヤノイズがうるさいので、不人気になってしまいました。

今現在メインになるSUVタイヤは、S/Tタイヤと、H/Tタイヤの2種類です。

そのためSUVタイヤカテゴリーはSUVスタンダードタイヤと

SUVスポーツタイヤの2種類のみに絞り、

これからアジアンSUVタイヤを試乗し評価していきます。

どちらかというと、この頃は大口径アルミを履かせるのが支流なので

タイヤの性能をあまり気にされない方が多いのですが

大口径になれば、国産タイヤだと値段はもの凄い高くなるので

アジアンSUVタイヤを選ぶ方が増えています。

その中で、タイヤの性能も知って頂けたらと思います。

でもアジアンSUVタイヤをサーキットテストはしないので、

その点はご了承くださいね!

コチラも参考に⇒アジアンタイヤSUVタイヤ人気ランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月17

アジアンタイヤ SUVタイヤ性能比較でした!

タグ

2016年3月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

このページの先頭へ