70スープラでピンソタイヤPS-91タイヤ性能評価感想レビュー

ピンソタイヤPS-91タイヤの性能評価感想レビュー

ピンソタイヤのPS-91のタイヤ性能は?

サーキットを走ってみましたが

このピンソタイヤ PS-91はサーキットでもイケちゃいます。

フロントにPS-91

PS91

リヤにフェデラル595RSという組み合わせで

走ってきました。

595RS

ピンソタイヤPS-91は切り初めにブロックヨレがありますが

横剛性は充分、S字の切り返しも国産グリップタイヤ並に

グリップしてくれます。

驚いたのは、縦のグリップにも優れているところです。

上りの130キロからのブレーキングでタイヤをロックさせ

ブレーキを抜いていくと、リヤに履いているフェデラル595RSの方が

悲鳴を上げ続けている状態です。

何度やっても同じ結果でした。

91

ピンソタイヤPS-91、摩耗は早いですがブロック飛びもなく

溶けてくるとグリップ力は上がっていきます。

これとてもいい感じです。

値段からしてみれば、大満足の高性能タイヤでした。

さて、走行し続けると、フェデラル595RSのグリップがダウン

なぜかフェデラル595RSって、溶けてくるとグリップダウンするんですよね。

そのため、走れば走るほどコーナーがカウンターだらけになっちゃって

タイムダウンでした。

ピンソタイヤPS-91で255/40R17が出ていれば良かったんだけど

発売されていなかったので!

ピンソタイヤPS-91のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ピンソタイヤPS-91

70

アジアンタイヤからグリップタイヤのカテゴリーに入る

グリップ性能のタイヤが発売されました。

価格が安くても、グリップするタイヤが買える時代です。

コチラから⇒アジアンタイヤ・ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月01

70スープラでピンソタイヤPS-91タイヤ性能評価感想レビュー!でした

タグ

2015年7月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:インドネシア製タイヤ スポーツタイヤ

アジアンタイヤのウエット性能が~

アジアンタイヤのサーキット走行ウエット性能評価レビューです。

今回サーキットでフルウエットをアジアンタイヤで

初めて走ったけど、国産タイヤとの性能の差が

ハッキリ分かりました。

ドライだと、性格の差はあったかな!

グリップには、それほど不満はさほど気にならなかったけど

ウエットになるとグリップ力の低下にビックリ

なんじゃコレ~曲がらない止まらない

えッ・・・なんで~

ドライグリップとウエットグリップの差がありすぎです

エアー圧もいろいろ変えてはみたけど

まったく変わらない、となると

トレッドパターンは関係ないんだ

そうか~そういうタイヤだったのか~

ウエットグリップは、5年前ぐらいの国産タイヤレベルじゃん!

これブラックカーボンは、かなりいいところまで来ているんだけど

低温時に威力を発揮する

シリカが入っていないのか、少なすぎるのか調べていないけど

ウエットがこれほど悪いとなるとそうなるね!

今の国産タイヤでは、ここまでドライとウエットの差が

出るタイヤは、ありません。

でも国産タイヤでも発売初期の

ECOタイヤは、ウエット性能は最悪でした。

なるほど・・・アジアンタイヤにも欠点があったとは

でも、ドライならまったく問題ないけどね!

ウエットは気をつけましょう。

しか~し・・・アジアンタイヤのウエット性能の欠点は

今では過去の話になりそうです。

2016年に新発売されたアジアンタイヤのウエット性能は

一気に上がっていたのにはビックリ、さらに

ドライグリップは国産タイヤを抜くほどのタイヤが発売されています。

安かろう、悪かろうは、アジアンタイヤには、もう通用しない時代になりました。

さらに、高性能タイヤが増えていることも確かです。

さらに2016年から発売されている、ハイグリップタイヤは

国産タイヤの性能を超えてきたのには驚きました。

ハイグリップタイヤをお探しなら

コチラから⇒アジアン ハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月01

アジアンタイヤのウエット性能が~でした!

タグ

2015年7月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中国製タイヤ 台湾製タイヤ 韓国製タイヤ

ヒーローしのいサーキット、雨の逆回り走行

ヒーローしのいの逆回り、しかもウェットでした。

さて、どこからコースインするんだろうと思ったら

ここからです。

通常はピットインするところから、逆回りなので

ピットアウトです。

1

なんだか逆に走るって変な感じ

2

そしてここからコースイン

4

コースインしたら即ヘアピンです。

ヘアピンでウエット、当然ドリフトで抜けます。

5

ヘアピンを過ぎると下り、

前荷重なのでアクセルを空けるとリヤが滑ります。

7

下り終えてブレーキングを終わらせてからS字の1個目

ドライだったら、そうとうな速度で入れそう。

8

S字の2個目を過ぎて横Gがかなり掛かるけど、

ここで失敗したら車の全損コース

プラス、ガードレール修理代になるので

気を付けましょう!

そしてストレートを全開で立ち上がり

ブレーキングをしてからダンスシケインへ

この侵入場所が思ったより広いので面白いです。

10

まずは1個目を通過し、ウヒャ~逆回りの方が侵入速度が速いので

忙しいですが、ココもリヤを流した方が

楽そうなので、アクセル操作でリヤを流して

2個目のコーナー角度を考えて、リヤの振り返し

をどの程度にするか探りながら

11

2個目を通過

12

そして3個目を目の前にすると

こんなに逆回りだと、コースが狭いのか~

これは大カウンターで抜けるしかないね!

このダンスシケインとヘアピンまでが、

逆回りで一番楽しいラインを見つけました

久々に・・・・忙しい~って感じです。

さて、ヘアピン手前までドリフトでつなぎ

ヘアピンもドリフトで抜けると出口の

路面が変わってメチャ滑ります。

通常回りだと、フルブレーキポイントなので

ラバーがたっぷり、ウエットだと

このラバー(ゴムの層)が

グリップしないんだよな~

ワァ~ここまで滑るのか~・・・

って、スピン寸前でしたが

なんとか立て直し次のコーナーへ

13

チョットびっくりしたのが

通常回りの2コーナーがこんなにきつかったのか~

軽くリヤを流してカウンターで抜けます。

そして高速コーナーだけど、逆回りだと

こんなにコース幅があったんだ~と感動

しかも、逆回りだと徐々に、広くなるんだよね。

さて、高速コーナー出口なんだけど

ここで失敗したら、車の全損だけでは済みません

ケガどころか、大事故につながる速度

絶対に失敗したらヤバイです。

外側はコンクリートの壁ですから

16

メインストレートに入ると、下りなので一気に速度が乗ります。

ウエットなのに130キロ、ドライだったら

プラス50キロになるだろうね。

お~コントロールタワーが左に

17

通常のコースイン場所を通過し

コントロールラインを超えてからフルブレーキング

18

そして、シケインに侵入

19

いつもなら、最終シケインなんだけど

どこまで縁石に乗っていいのかという感じです。

20

シケインはトータルの繋がりと

出口スピードなんだけど

上りなので走りやすい

3個目を超えると、結構辛いライン

失敗するとジャンプ台が外側に・・・

横転するかもしれないなァ~

ここも気をつけないといけません。

22

いつもなら、3速全開で入りてくる下りを

上っていくのは、なんだか楽しいような

23

逆回りコースイン場所を超えて

逆回り1周です。

サーキットの逆回りがこんなに面白いとは

思ってもみませんでした。

でも、安全面は全くありません(笑)

ラインを探る楽しさって

本当に、新鮮で楽しいですね!

ヒーローしのいのスタッフさん、

ご無理を聞いて頂いてありがとうございます。

とても楽しかったです。

コチラも参考になると思います。

ハイグリップなのに価格が安い⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月01

ヒーローしのいサーキット、雨の逆回り走行でした!

タグ

2015年7月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

NANKANG(ナンカン)NS-2 20インチタイヤ ジャガーXKクーペに取付

アジアンタイヤ ナンカンNS-2 20インチタイヤ ジャガーXKクーペに取付

20インチなので、ちょっと大変

DSC_15841.jpg

でもコルギー製のレバーレス タイヤチェンジャーなら大丈夫です。

このタイヤチェンジャー、タイヤが硬い方が

なぜか使いやすい(笑)

DSC_15851.jpg

タイヤサイズはコレ285/30R20

DSC_15861.jpg

普通のタイヤチェンジャーだと

2人掛かりでやらないと無理なサイズ

ホイール内側にもキズが付くしね。

さて、サクッと交換して

バランスを取って、取付です。

タイヤはNANKANG NS-2(スポーツタイヤ)です。

 

DSC_15871.jpg

さて、このサイズになると

たいやの偏平が凄いので

ホイールの剛性を上げるため

ホイールの肉厚があるので

超重たい~・・・・(泣)

無事取付を終えて

作業終了で~す。

オーナーさんいわく

イロイロなところを回ってきたみたい

20インチということで

断られて、ようやくたどり着きましたと!

このサイズぐらいになると

ノーマルチェンジャーだとホイールに傷をつける

リスクが高過ぎて普通断りますよ。

かなり剛性のあるタイヤチェンジャーじゃないと

タイヤチェンジャーのアームがしなってしまい

ホイールを傷つけちゃうからね

17インチのランフラットタイヤ交換が

出来るぐらいのタイヤチェンジャーの

剛性がないと無理ですね(汗)

NANKANG NS-2タイヤの試乗 性能評価レビューは⇒コチラ

ナンカンタイヤNS-2のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月01

NANKANG NS-2 20インチタイヤ ジャガーXKクーペに取付でした。

タグ

2015年7月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ プレミアムタイヤ

オートウェイからNANKANG(ナンカン)NS-2Rが来ました。

オートウェイからナンカンNS-2Rが到着!

白101さんのレビン号のタイヤです。

DSC_0013

ナンカンNS-2R

サーキットでも使えるということで

これは履いてテストしないとね。

コンパウンドはSタイヤのゴムを使っているらしいです。

まだ、走行してないので

評価はできませんが(汗)

ナンカンNS-2Rのトレッドパターンを見ると

DSC_0016

ナンカンNS-2Rパターン

ブロックがでかく

トレッドパターン的にはSタイヤ部類で、

サイドもメチャ固いです(驚)

なんだか、かなりイケそうなパターンです。

白101さんに、ナンカンNS-2Rという

タイヤが発売されたよと、紹介しただけで

注文でしたから、よっぽど気に入ったんでしょう。

サイズも豊富なので、これから

ナンカンNS-2R流行ると思います。

サーキットで使えるアジアンタイヤの順位に

変動が有るかも知れません。

サイズが豊富なのがうれしいです。

NANKANG NS-2Rを履いたAE101サーキット仕様で

一般道、高速道路、首都高タイヤテストに行ってきました。

コチラから⇒NANKANG NS-2R一般道、高速道、首都高テスト

ハイグリップ ナンカンNS-2Rタイヤ

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2R

その値段の安さに驚きます。

サーキットで使えるアジアンタイヤです!
NS-2R

サイズも豊富なところが嬉しいです。

コチラも参考になると思います⇒アジアンハイグリップタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2022年08月01

タグ

2015年7月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ハイグリップタイヤ

このページの先頭へ