NANKANG(ナンカン)ECO2タイヤをアルテッツァに履かせました。

NANKANG ECO2タイヤをアルテッツァに履かせました。

さてアジアンタイヤのECOタイヤは、どうなのか

まずはセットしないとね。

DSC_02611.jpg

今まで履いていたのは、ヨコハマタイヤのアース1

DSC_02621.jpg

2010年製です。

タイヤチェンジャーにセットして

上側のビードを落とします。

DSC_02641.jpg

次は下側のビードも落とします。

DSC_02651.jpg

そしてう上のビードをホイールから外します。

DSC_02661.jpg

上のビードが外れました。

DSC_02671.jpg

あとは、下のビードを外します。

DSC_02691.jpg

これでタイヤが外れました。

DSC_02701.jpg

お疲れタイヤはコレです。

DSC_02711.jpg

まだスリップサインは出ていませんが

古くなると、ゴム質が硬くなり走行音が

うるさいので交換です。

DSC_02721.jpg

タイヤ交換をする時は、エアーバルブも交換しましょう。

DSC_02741.jpg

バルブからのエアー漏れほど、

くだらない故障はないですからね。

この45偏平ぐらいになると、エアーが抜けても

気づかず走ってしまい、タイヤをダメにするパターンが

多いので!

DSC_02751.jpg

それでは、ナンカンECO2を組みます。

DSC_02761.jpg

下のビードを組んで、

DSC_02771.jpg

さて一番気を使う上のビードですね。

DSC_02791.jpg

ナンカンECO2って、サイドウォールが硬い~

なんだかスポーツタイヤ並みの硬さがあるね(驚)

DSC_02801.jpg

あとはエアーを入れて圧を合わせます。

XLなので、標準の1割アップなんだけど

このサイドウォールの硬さだと、どうなのかな?

まあしばらく走って、タイヤの減りを見てから

適正空気圧を見つけた方が良さそうです。

DSC_02811.jpg

おっと、このタイヤ、リムガードがないんだな~

2012年の16週目に製造されたタイヤでした。

DSC_02821.jpg

あとは、バランスですね。

ホイールは純正なのでホイール自体の

バランスはOKのハズ。

さてナンカンECO2のバランスはどうなのか?

振れもなく、キレイに回っています。

DSC_02851.jpg

さてどうなのかな?

DSC_02831.jpg

いいじゃん(驚)

DSC_02841.jpg

まさかここまで精度のあるタイヤとは(驚)

ということで、あとはアルテッツァに取り付けて

交換終了で~す。

DSC_02861.jpg

ナンカンECO2タイヤの性能は、

白101さんが通勤で使っているので

しばらくしてから、コメントを頂きます。

当然、首都高も走ってもらうので

評価の基準は、今まで履いていたアース1と比べてですね。

DSC_02871.jpg

ということで、評価待ってま~す。

よろしくです。

ナンカンECO-2は進化して

ECO-2+ になりました。

NANKANG ECO-2+のタイヤサイズと価格は

>>ナンカンECO-2+

アジアンECOタイヤならコチラも参考にしてください

コチラから⇒アジアンECOタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月22

ナンカンECO2タイヤをアルテッツァに履かせました。でした!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年6月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ECOタイヤ

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ