あら、今どきタイヤのセパレーションって・・・

今どきタイヤのセパレーションって・・・

あるんだね!

しかもテンパータイヤで・・・

1

大型トラックでは、空気圧不足や過荷重によって

タイヤが異常変形を繰り返して、異常発熱をすると

セパレーションをおこすけど

一般乗用車、しかもテンパータイヤでは、見ることはないよな~

一番多いパターンは、タイヤにキズが入り

そこから水が浸入して、タイヤ内部の金属のベルトにサビがでて

セパレーションをおこすパターンなんだけど

テンパータイヤはそこまで長時間履かないでしょ

まあ、長年置いておくだけで、こうなるパターンかな

黒70もスタッドレスタイヤで4本とも見事にセパレーションを

おこしてことあるけどね。

倉庫からスタッドレスタイヤをだそうと思ったら

セパレーションをおこしていて

なんじゃコレ~って・・・でもそのタイヤを見て

もう笑うしかありませんでしたが!

まあ、走行中じゃなくて良かったと思うしかありませんね。

古いタイヤ、キズのあるタイヤ、ヒビのあるタイヤは

気をつけましょう。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤと国産タイヤ違いについての説明でした!

更新日:2021年10月21

あら、今どきタイヤのセパレーションって・・・でした。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年2月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 タイヤ用語説明

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ