久々に見るね!ここまでのバーストタイヤ

ここまで来ると怖いです!ここまでのバーストタイヤ

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

1.jpg

このバーストパターンは高速道路上ですね!

タイヤはバン用ラジアルだから

バーストすると一気にバラバラです。

2.jpg

このようになるのは、荷物の積み過ぎで

しかもタイヤのエアー圧が低く、荷重にタイヤが

耐えられない状態で、高速道路を走ると

タイヤ接地面の後ろ側が、元の円形に戻らず

変形しっぱなしで走ることにより

タイヤ自体に熱が発生し、高温になり過ぎて

ゴムの限界温度を超えると、このようにバラバラになります。

タイヤって路面と接触している大切なパーツです。

走る、曲がる、止まるはすべてこのタイヤを通してなんです。

タイヤの点検は、まめにしましょうね。

このオーナーさんは事故がなくてなによりでしたが

一つ間違えば、事故に繋がるので。

車の荷重を支えているのは、

タイヤ内に入っている、空気量なので

荷物を多く積んだ時は、タイヤの空気量を多くしないと

このようなことがおきます。

もちろん、空気量を多くするということは

空気圧が上がるということです!

コチラも参考にしてください。

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年06月20

久々に見るね!ここまでのバーストタイヤでした