トーヨータイヤ プロクセスR1Rサーキットテスト タイヤ性能評価感想レビュー

サーキットでPROXES R1Rのタイヤ性能テスト 評価 グリップ力 感想レビュー

本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

ヒーローしのいサーキットでテストしてきました。

車は管理人のサーキット仕様のJZA70スープラ号です。

まずは午前中走ったタイヤはプロクセスR1Rです。

午前中の走行時間はトータル2時間

タイムは50秒前半~49秒後半の走行でした。

 

私のお気に入りナンバー1の国産タイヤです。

一般道からサーキットまで楽しめます。

ショートサーキットでテストしました

さすがにSタイヤと比べると横剛性とグリップ力は落ちますが

一般グリップタイヤの中では群を抜いたグリップ力です。

サーキットでの性格はSタイヤに似ています。

ですが、R1Rはタイヤを暖めなくても、

最初からタイムアタックもイケちゃうところが凄いんです(驚)

でもサーキットではこのR1Rを使いこなすには、

実はコツがあるんですよね(驚)

この写真サーキットを走った後の写真なんですが

今までのタイヤの常識でサーキットを走ると

このようにR1Rって、キレイにタイヤは減りません。

R1Rって、使い方が難しいタイヤですよ!

なんといっても、グリップ力に比べて

横剛性ありませんから~(笑)

グリップ力がある分コーナースピードが上がり

横Gも多くなり、フロントタイヤ外側に荷重が移動するので

コーナー中タイヤが倒れちゃう。

なのでエアー圧を3キロスタートこれ冷間でね←これ重要ポイントです。

普通のタイヤだと、ここまでエアーを上げると

トレッドの真ん中が膨らみ、接地面が少なくなって

グリップが落ちるんですが、このR1Rは

トレッド面のベルトが強く作られているので

接地面に変化がないんです!

メチャクチャSタイヤ並みの横剛性で走れちゃいます。

グリップも最強だし、低温時からグリップするので

タイヤを暖めることを忘れてしまうタイヤです。

さらに、このR1Rはウエット性能は、最強のNO1ですね。

レースでウエットタイヤとして、使われているのも分かります。

プロクセスR1Rの実力はスゴイです。

でもグリップする分、減りは早いですよ(汗)

アジアンタイヤからも2016年ハイグリップタイヤが発売されました。

アジアンタイヤからでもSタイヤに匹敵するタイヤがあります。

街乗りからサーキットまでこなす、NANKANG CR-S

ナンカンCRSのタイヤサイズと値段は⇒コチラから

私もリピート4回の意気に入りナンカンNS-2R

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

アジアンタイヤ最強のグリップのナンカンAR-1

NANKANG AR-1

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

価格が安いのに高性能なアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技、

まだ読んでいない方は『国産タイヤとアジアンタイヤの違い』を読んでくださいね。

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

海外ブランドタイヤを直輸入しオンラインで販売してくれます。

コチラも参考にしてください。

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

グリップ力欲しいならコチラ⇒スポーツタイヤランキング

快適性無視、圧倒的なグリップ力ならコチラ⇒ハイグリップタイヤランキング

ミニバンをもっと快適に⇒ミニバンタイヤランキング

大口径でも高性能しかも低価格⇒SUVタイヤランキング

ECOタイヤを選ぶならコチラ⇒ECOタイヤランキング

軽自動車も種類が豊富コチラから⇒軽自動車タイヤランキング

オールシーズンタイヤのラインナップはコチラから⇒アジアンオールシーズンタイヤ

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2024年05月11日

トーヨータイヤ プロクセスR1Rサーキットテストでした!