HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ試乗 性能 評価レビュー SUVタイヤ

HIFLY(ハイフライ)HP801の20インチタイヤ試乗レビュー

HIFLY HP801タイヤ

HIFLY HP801(エイチピー ハチマルイチ)は、

新たにSUV、クロスオーバー車用に設計され、

高い運性能はもちろん、ウェット性能や低燃費性能にも配慮しました。

耐摩耗性と静粛性を追求し、高速走行で安定した走りができます。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(SUVスタンダードタイヤ)

インチサイズ(16インチ~22インチ)

HIFLY HP801のタイヤデザイン

HIFLY HP801のトレッドパターンはこんな感じ

サイドウォールはこんな感じ

タイヤのかど、ショルダー部はこんな感じ

HIFLY HP801の実際の性能はどうなのでしょうか?

HIFLY HP801試乗性能レビュー

今回HIFLY HP801を試乗するのは20インチ

なんだかインチ的には乗り心地と静かさは、期待できない予感です。

なにしろインチが上がれば上がるほど乗り心地は悪く

しかもうるさくなるのは当然なので・・・

さて走り出しは、アレ???

ちょっと予想していたのと、違った感じ

あれ?20インチでここまで静かなタイヤってあったっけ???

HIFLY HP801は予想に反して、とても静かです(驚)

乗り心地も、予想していた突き上げ感もなく

どちらかというと19インチの乗り心地と言ったところです。

ほォ~、これだったら20インチも悪くないな~

今まで20インチをベルファイアとアルファードで乗り

ハリアーの22インチも試乗してきましたが

どうしてもインチが大きくなると

パターンノイズと突き上げ感が多少気になったのですが

このHIFLY HP801は、静かでいい感じです。

ちょっとこのビッグサイズのSUVタイヤ、あなどれないかも!

一般道のコーナーを攻めてみると

さすがに20インチタイヤです。よれることなく

スパッと曲がってくれます。

ステアリングの切り初めから、即、車が反応してくれるので

とても扱いやすいです。

なんだか20インチタイヤのイメージが

チョット変わってしまいました。

さて次に高速道路へGO

インターのキツイコーナーを抜けて

速度を上げて行くと、なるほど

HIFLY HP801は高速でも

静かなんですね!

直進安定性も抜群です。

このHIFLY HP801はSUVタイヤカテゴリーでは

スタンダードタイヤなんですが、

タイヤのレベル的にはコンフォートタイヤと言ってもイイでしょう

次に首都高に入って、コーナー性能です。

その前に、首都高は継ぎ目が多いので、継ぎ目の通過時はというと

多少突き上げ感は出ますが、20インチのタイヤを考えれば

乗り心地はイイですね!

さてコーナーに入ると、切り初めから反応はイイです。

コーナー中もグリップ力もありすんなり曲がっていきます。

何度かコーナーを確かめてから、ちょっとオーバースピードで

コーナーに侵入して、コーナー中、左足ブレーキをかけて

思いっきり前荷重にしてみると

あッ・・・なんだかグニャリ感が出ますね。

この動き、タイヤのエアーが足りない動きです。

荷重負けをすると、この動きになるんだよな~

エアーは300kpaに合わせていたんだけど

コーナーを攻めるなら、320kpa~340kpaまで

エアー圧を上げないとダメみたいです。

インチが大きくなるほど、タイヤのエアー管理は

しっかりやらなければいけません。

車の重量がとても関係してくるので!

HIFLY HP801という20インチタイヤを

今回試乗して、結構20インチでも快適なんだな~って思いました。

アルファード、ヴェルファイア、エルグランドの重量級の車の

インチアップには、最適だと思いました。

タイヤによっては、ここまでのインチアップになると

パターンノイズが気になるタイヤもありましたが

このHIFLY HP801はとても快適でした。

20インチで人気上昇中というのも納得させられました。

最大の魅力は価格の安さだと思いますが

ハイフライHP801のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>HIFLY HP801<<

20インチのタイヤ選びの参考になればうれしいです。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月07日

HIFLY(ハイフライ)HP801のタイヤ試乗 性能 評価レビューでした。

タグ

2016年7月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

HIFLY HT601 SUVタイヤ試乗 性能 評価レビュー

HIFLY HT601タイヤの特徴

HT601

 

HIFLY HT601(ハイフライ エイチティー ロクマルイチ)は、

ドライ・ウェットどちらの路面状況でも高いトラクション性能を発揮。

ロードノイズを抑え、快適なドライビングを実現します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(SUVスタンダードタイヤ)

インチサイズ(16インチ~17インチ)

HIFLY HT601のタイヤデザイン

HIFLY HT601のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

HIFLY HT601の実際のSUVタイヤ性能はどうなのでしょうか?

HIFLY HT601 SUVスタンダードタイヤの性能レビュー

車はハイラックスサーフです。

HIFLY HT601

タイヤ2本しか写っていませんが、4本新品に変えますよ。

HIFLYのロゴがしっかりと

DSC_0232[1]

そしてHT601のロゴも

DSC_0233[1]

タイヤを組み終えたら、バランス取りです。

さすがにこのタイヤサイズになると、重たいです(汗)

DSC_0236[1]

バランスを取り終えたら、ハイラックスサーフに取り付けて

ようやく試乗にお出かけです。

HIFLY HT601はどんなタイヤなのかな?

走り出し、やはりハイラックスサーフなので

車の揺れ方がゆっくりで大きい~

低速ではタイヤ自体がボヨンボヨンしているのか

足回りのストロークでそのような揺れになるのかの

判断が付きにくいです。

速度を上げて行くと、なるほど

HIFLY HT601は予想していたより静かなタイヤです。

コンフォートタイヤの静かさと言えば、そこまでの静かさはありませんが

スタンダードタイヤとしては、静かさは合格点です。

次にコーナーですが、まあコーナーを攻める車種ではないので

S字コーナーの切り返しなどを試してみます。

コーナー進入時は、やはり腰砕け感がありますね!

そしてS字の切り返し時も、グニャリ感はかなりあります。

コレだとちょっと、高速道向きではない感じですね。

結構な時間走り回りましたが

ウ~ン・・・コレと言った優れたところは

特に見当たりません。

と言っても悪いところもないけどね。

どちらかというと評価的にはすべてが標準性能レベルで、

収めたというタイヤでした。

でも静かさは結構いいレベルなので

特にタイヤ性能にこだわらない、タイヤが減ったから

交換するんだという方に、オススメなタイヤが

HIFLY HT601タイヤです。

ハイフライ HT601のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>HIFLY HT601<<

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです

更新日:2020年09月15日

HIFLY HT601 SUVタイヤ性能評価レビューでした!

タグ

2016年5月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ SUVスタンダードタイヤ

アジアンタイヤ SUVタイヤ性能比較

SUVタイヤ性能比較の説明です。

今までSUVタイヤの性能評価をしてこなかった訳ではなく

たくさんSUV車とSUVタイヤを試乗して来ました。

ですがそのほとんどが国産タイヤだったんです(汗)

SUV国産タイヤの性能評価を書いても、どうなのかな~と思って

SUVタイヤに関しては、書いていませんでしたが

これからSUV車乗りの知人の皆さんに協力を頂きながら

アジアンSUVタイヤの性能評価をしていきます。

連絡を取ったら、かなりの台数が協力してくれるということで

と言っても、20台ぐらいですよ(笑)

多いとは言えませんが、アジアンタイヤのことを伝えたら

その値段に興味を引かれたらしく・・・でも

マジ?まさかァ~?そんなに安くタイヤが手に入る訳ないだろォ~!

そんな値段で性能は大丈夫なのかァ~?そのタイヤ本当に大丈夫なの?

それ国産タイヤメーカーの1本分の値段で

もしかして4本買える値段だよな・・・大丈夫なのかァ~?

などなど、イロイロな事を言われました(汗)

知人にダメなタイヤ勧める訳ないでしょ!

最終的には教えて!教えて!という感じで皆さん興味深々でした(笑)

そんな値段だったら、協力するよという知人が多かったです(驚)

その車種の中で、一番多かったのがハリアーですが、そのほかにも

ランクル、ランクルプラド、ディアリス、アウトランダー、

エクストレイル、ハイラックスサーフ、レガシィアウトバック、

ヴェゼル、CX-5、CX-3、フォレスターなどです。

車が新しすぎて、まだタイヤ交換の時期じゃないだろうという車も

ありますが、う~ん、なんだかクロカン車も多いような~(汗)

ということで、これから皆さんのご協力を得て、

アジアンSUVタイヤをテストし評価していきます。

SUV車って何?

SUVとは

Sport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)の略で、

バブル時代後ではオフロード車、クロスカントリー(クロカン)車、

4WD車と呼ばれていましたが、

今ではクロカンやライトクロカン、4×4車、

そして一般車の車高を高くした

4WDのクロスオーバーモデルの総称としてSUV車と呼ばれています。

タイヤに戻りますが、

その前に、一般タイヤとはチョットカテゴリーが

違う呼び方をするので説明しておきますね!

SUVタイヤカテゴリーは大きく分けて4つ!

M/T(Mud Terrain)マッド・トレーン⇒ オフロード用タイヤ

A/T(All Terrain)オール・トレーン⇒ オールラウンドタイヤ

S/T(Street Terrain)ストリート・トレーン⇒ 街乗りメインのタイヤ

H/T(Highway Terrain)ハイウェイ・トレーン⇒ 街乗り+高速道路を重視したタイヤ

今の時代でM/Tタイヤを履く方は、ほとんどいません。

これは、ほとんど趣味でしかオフロードを楽しまなくなってしまったからです。

今では履いても、ジムニーぐらいかな!

そしてA/Tタイヤを履く方も、ほとんどいなくなりました。

オフロードも走れますが、タイヤのブロックが大きい・・・

タイヤのパターンノイズが大きいため、舗装路走行では

メチャクチャ、タイヤノイズがうるさいので、不人気になってしまいました。

今現在メインになるSUVタイヤは、S/Tタイヤと、H/Tタイヤの2種類です。

そのためSUVタイヤカテゴリーはSUVスタンダードタイヤと

SUVスポーツタイヤの2種類のみに絞り、

これからアジアンSUVタイヤを試乗し評価していきます。

どちらかというと、この頃は大口径アルミを履かせるのが支流なので

タイヤの性能をあまり気にされない方が多いのですが

大口径になれば、国産タイヤだと値段はもの凄い高くなるので

アジアンSUVタイヤを選ぶ方が増えています。

その中で、タイヤの性能も知って頂けたらと思います。

でもアジアンSUVタイヤをサーキットテストはしないので、

その点はご了承くださいね!

コチラも参考に⇒アジアンタイヤSUVタイヤ人気ランキング

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月13日

アジアンタイヤ SUVタイヤ性能比較でした!

タグ

2016年3月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:SUVスタンダードタイヤ SUVスポーツタイヤ

このページの先頭へ