RADAR(レーダー) Dimax R8+タイヤの感想 アジアンタイヤ

アジアンタイヤ RADAR(レーダー)DimaxR8+タイヤの感想です。

今回はビッグサイズの255/40R18です。

前回は19インチの試乗でしたが

今回は18インチなので、19インチ同様

乗り心地は期待できませんが!

タイヤメーカーさんのセールストークです。

RADAR Dimax R8+(レーダー ディーマックス アールエイト プラス)は、

最先端の技術で製造され、非対称のトレッドデザインは

ドライとウェットに優れたグリップを提供します。

耐久性を高めるために配合されたコンパウンドがロングライフに貢献します。

ということです。

街中を試乗してみると

多少ゴツゴツ感はありますが

ここは18インチなので、当たり前かなというところです。

静かさに関しては、かなりレベルの高いタイヤです。

結構18インチぐらいになると、パターンノイズが

気になるのですが、RADAR(レーダー)DimaxR8+は

全くと言っていいほど気になりません。

RADARタイヤには、ミニバンに人気の RPX800というタイヤがあります。

これもレベルが高くて、低価格なので

アジアンタイヤの中で、ミニバンタイヤ支持率NO1のタイヤです。

そのようなRADARタイヤが生産しているDimaxR8+タイヤは

やはりレベルが高い性能を見せてくれています。

19インチでもレベルが高いタイヤだな~って思っていましたが

18インチのマッチングは車にとってもかなり良いです。

19インチの突き上げ感は、全くないし

コーナーでのクイックさとヨレない応答性は

かなり満足度が高いと思います。

どちらかというとビックサイズの車に

履いてもらいたいタイヤですね。

レーダーDimax R8+のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR Dimax R8+

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

RADAR(レーダー)DimaxR8+タイヤの感想でした。

タグ

2018年10月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:RADARタイヤ

RADAR(レーダー)スタッドレスタイヤの種類

RADARスタッドレスタイヤの種類

シンガポールのグローバルタイヤブランド激安タイヤのRADAR

もちろんスタッドレスタイヤも発売されています。

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得した

タイヤブランドがRADARです。

brand_find_rader

RADARスタッドレスタイヤの種類

RADAR RW-5 ICEの特徴

アジアンタイヤスタッドレス

インチサイズ(16インチ~17インチ)

RW-5 ICE(アールダブル5アイス) は、

超ソフトなトレッドコンパウンドを使用、

千鳥に配置したブロックと複数のマルチサイプにより、

雪上・氷上でも驚異的なグリップとハンドリング性能を発揮します。

冬の厳しい条件に適したスタッドレスタイヤです。

RADAR RW-5 ICE のタイヤデザイン

RW-5 ICEのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

RADAR RW-5 ICEのスタッドレスタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>RADAR RW-5 ICE

RADAR RW-5 ICE SUVの特徴

アジアンタイヤSUVスタッドレス

タイヤサイズ(16インチ~18インチ)

 

RW-5 ICE SUV(アールダブル5アイスエスユーブイ) は、

SUV専用設計のスタッドレスタイヤです。

超ソフトなトレッドコンパウンドを使用、

千鳥に配置したブロックと複数のマルチサイプにより、

雪上・氷上でも驚異的なグリップとハンドリング性能を発揮します。

冬の厳しい条件に適したスタッドレスタイヤです。

RADAR RW-5 ICE SUVのタイヤデザイン

RW-5 ICE SUVのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

RADAR RW-5 ICE SUVのスタッドレスタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>RADAR RW-5 ICE SUV

激安アジアンスタッドレスタイヤ&ホールセット特集⇒コチラから

スタッドレスタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤ スタッドレス RADARスタッドレスタイヤの特徴と種類でした!

タグ

2016年10月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:RADARタイヤ スタッドレスタイヤ

このページの先頭へ