NANKANGタイヤ ATR SPORTタイヤ 特選輸入ブランドタイヤランキング

人気のナンカンタイヤ ATR SPORTタイヤのみの特選輸入タイヤランキング

アジアンタイヤの中で、高品質でかつ低価格で買える人気ブランドNANAKNG(ナンカン)タイヤとATR RADIAL(エーティーアールラジアル)ブランドの中でもっとも人気なATR SPORT(エーティーアールスポーツ)のインチ別人気ランキングです。

ナンカンタイヤはタイヤの種類とサイズバリエーションが豊富でしかも高性能でありながら、低価格を実現している人気タイヤメーカーです。

ATR RADIALタイヤの中でもっとも人気なのが、ATR SPORTタイヤ、17インチ以上のタイヤサイズが特に人気で、低価格でありながら、グリップ性能が高い特徴があることが支持されています。

輸入ブランドタイヤランキングは

コチラから⇨特選輸入ブランドタイヤランキング

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANGタイヤ ATR SPORTタイヤ 特選輸入ブランドタイヤランキングでした。

 

タグ

2017年3月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング ナンカンタイヤ ATRスポーツ

NANKANGタイヤメーカーの歴史!

NANKANG(ナンカン)タイヤメーカーの歴史!

【NANKANG】はナンカン台湾の

世界的大手タイヤメーカーNANKANG(ナンカン)

台湾最高の栄誉である「台湾精品大賞」受賞メーカーです。

nankang

NANKANG(ナンカン)タイヤメーカーの歴史です。

◆1940年: ナンカンタイヤの前身である台灣護膜株式會社がゴム製造会社として設立。

◆1945年: 台灣工礦股份有限公司南港橡膠廠(Nankang Rubber )となる。

◆1959年: 南港輪胎股份有限公司(Nankang Rubber Tire Corp., Ltd. )として創業。

◆1963年: 株式市場への上場。

◆1973年:ヘリコプター のタイヤの製造。同年、新豊(新豐)の工場も操業を開始。

◆1974年:ラジアルタイヤの製造法を確立。

◆1976年:飛行機 用タイヤの製造を開始。

◆1980年:トラックやバス向けのラジアルタイヤの製造を開始。

◆1989年: 日本のタイヤメーカーによる技術指導が行われ、

 タイヤの品質改善が行われたこれは1996年まで行われました。

◆1991年: E-MARK(欧州への製品輸出許可証)を取得し、ヨーロッパ向けの輸出を開始。

◆1994年:【ISO 9001】を取得。

◆1997年: 輸出向けにスタッドレスタイヤの製造を開始。【ISO 14001】を取得。

◆2001年:【ISO 16949】を取得。

NANKANG ナンカンタイヤの性能は大丈夫?

NANKANGタイヤメーカーは、ラジアルタイヤを製造して40年が経つ、

歴史あるタイヤメーカーです。

その歴史の中で、1989年から1996年までの間の日本タイヤメーカーの技術指導のより

タイヤ品質改善により、飛躍的にタイヤ性能がアップしました。

ナンカンタイヤは、低価格でありながら

夏タイヤは日本タイヤメーカーに引けを取らない性能になってきています。

ドライ路面のグリップは、ほとんど国産タイヤに引けを取らないレベルになってきています。

静粛性の面で、まだ5~6年の開きがあるのかなと言ったところです。

国産タイヤとの価格の差を見れば、充分性能差は納得のいくタイヤですが、

でも良いところだけではありません。

ウエット路面の性能は、まだ国産タイヤと比べて

10年ぐらい遅れているかもしれません。

ウエット路面は本当に滑りますね!

サーキットを走ると、タイムに出るので

ウエット性能の弱さが出てしまいます。

でもドライグリップは凄いレベルになってきています。

NANKANG ナンカンタイヤの種類と価格は

こちらから⇒ ナンカンタイヤ

アジアンタイヤ性能研究室では、

ナンカンタイヤを試乗した時のタイヤ性能・感想を

書いていますのでタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

新しいナンカンタイヤが発売されたら

もちろん試乗テストしていきますので、お楽しみに!

タグ

2016年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ナンカンタイヤ 台湾タイヤ

NANKANG NS-20 ナンカンNS-20タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

ナンカンNS-20タイヤ性能・評価・感想・比較・レビュー

NS20

NANKANG NS-20という新しいタイヤが発売されました。

ナンカンNS-2の後継と思ったら違いました。

NS20

パターンはこんな感じ

NS20

スポーツと静かさを両立したようなパターンです。

縦ミゾが多いので、排水性も良さそう。

NS20

この真ん中のマークは何???

もしかして雪に対応しているということなのかな?

じゃなくて、オールシーズンタイヤを狙ったのか・・・

さて乗ってみると、とっても静かです。

どちらかというと、NS-2タイヤに

高級感を与えたプレミアムな感じです。

コーナーを攻めても、NS-2同様

グリップ力もあるね!

高速道路を走ってみました。

速度が上がっても静かなタイヤ、しかも直進安定性が抜群です。

そのまま首都高に入って、コーナーを攻めてみると

このナンカンNS-20というタイヤ

かなりハイレベルのトータルバランスの性能を持っています。

う~ん・・・このNANKANG NS-20は

完全にプレミアムタイヤレベルのタイヤでした。

今回、新品状態のNS-20に試乗しましたが、

かなりハイグレードなタイヤでした。

ちょっとこのNS-20というタイヤ

あなどれないですね!

満足度が高いタイヤということは、試乗で分かりました。

NS20

ナンカンNS-20のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ NANKANG NS-20

ナンカンNS-20タイヤ性能・評価・レビューでした!

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

 

タグ

2015年7月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:プレミアムタイヤ 韓国製タイヤ

このページの先頭へ