NANKANG NS-2RのコンパウンドTREAD80のタイヤサイズラインナップ

NANKANG(ナンカン)NS-2RのコンパウンドTREAD80のタイヤサイズラインナップ

ナンカンタイヤ最強グリップタイヤNANKANG AR-のコンパウンドはTREAD80

NANKANG NS-2RのコンパウンドはTREAD120なのですが

NANKANG NS-2Rにもタイヤサイズによっては、

コンパウンドがTREAD80が発売されています。

ラインナップも徐々に増えていくと思います。

TREAD120でもスゴイグリップ力ですが、TREAD80はさらに

低温からグリップ力があるコンパウンドです。

試乗した感じは、TREAD120は気温4度以下になると

グリップ力は出ませんが、ちょっと暖めるだけで、グリップ力は

充分出てきます。減りはSタイヤのHM(ハードミディアム)と言ったところです。

温度性格はMS(ミディアムソフト)です。

TREAD80はタイヤが冷えていても最初からイケちゃいます。

減りはSタイヤでたとえると、MS(ミディアムソフト)ですし

温度性格はS(ソフト)です。低温からイケちゃいます。

NANKANG NS-2RのTREAD80のラインナップは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG NS-2R TREAD80

ハイグリップタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG NS-2RのコンパウンドTREAD80のタイヤサイズラインナップでした。

タグ

2017年2月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ グリップタイヤ 台湾製タイヤ

NANKANG(ナンカン) NS-2Rのタイヤ性能評価 感想 比較レビュー

NANKANG NS-2Rタイヤの一般公道の性能評価感想 比較レビュー

さてアジアンタイヤのNANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)は、どんなタイヤなんでしょうか?

NS-2R(エヌエスツーアール)は、中央の3本の縦溝により

排水効率とウェット路面でのハンドリングを向上させています。

そして、ユニークなショルダー部分のデザインにより、

タイヤの剛性を高め、不規則なトレッドの摩耗を抑制します。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

NANKANG NS-2Rのタイヤデザイン

NANKANG NS-2Rのトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG NS-2Rの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)に試乗してみました。

DSC_0015

ナンカンNS-2R

 

車はkuro70の弟のAE101号、サーキット仕様です。

本当は、サーキットを走って評価したいところですが

まずは一般道と高速道路、あとは首都高での性能ですね!

一般の方は、こちらの方が興味があると思うので

ということで、AE101号を借りて試乗してきました。

走り出しは、NANKANG NS-2Rは結構静かなタイヤなんだ~って感じでが

40キロを超えた当たりから、パターンノイズがうるさいです。

S(セミスリック)タイヤを履いたことのある方は、分かると思いますが

Sタイヤってメチャ、パターンノイズがうるさいタイヤですが

その点、NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)は、パターンノイズ的には

我慢できるタイヤっていう感じです。

でもスポーツタイヤと比べれば、かなりうるさいタイヤです。

NANKANG NS-2Rの乗り心地ですが

乗り心地はメチャ硬いです。当たり前ですが(笑)

さて高速道路を走った感想は

速度を上げて行くと、直進安定性は抜群です。

パターンノイズは、速度が上がれば上がるほどうるさいです。

さて首都高に入り、コーナーリングは???

イヤァ~、切り初めから、ダイレクト感がスゴイ(驚)

横Gがかかった時の、ダイレクト感はたまりません!

これやっぱり普通のタイヤとは比べ物にならないグリップ力(驚)

ヤバイ・・・楽しすぎる。

コーナー中左足ブレーキで、荷重移動をさせ

タイヤの性格をイロイロ試したけど、

縦グリップ、横グリップこれ半端じゃないです。

NS-2R

久々に楽しいタイヤに出会えた感じです(笑)

今の気温が35度を超えているので

低温時のグリップは、確認できないけど

この気温だと、路面温度がかなり高いので

最初っからグリップ力が出てるのかもね。

とにかくグリップ力は、相当高いことが

確認できました。

トータル50分ぐらい走ったけど

タイヤが暖まってくると、

5速でアクセルを抜いたとき、減速が多くなる。

すなわち、グリップが上がっていることになるね。

ECOタイヤは、アクセルを抜くと

オイオイ、なかなか減速しないから

最初は驚くけどね!

さて、NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)の一般道と高速道路と首都高の

評価をしたいところでしたが、グリップ力がありすぎて

AE101号には、タイヤ性能がオーバースペック過ぎちゃって

コーナー限界が分からない~

国産グリップタイヤのネオバ、R1R、ディレッツァZ2スタースペックと比べても

もしかするとグリップ力は超えているかも知れません、

何しろ限界が分からないぐらいのタイヤなので(驚)

サーキットでも、楽しめるタイヤということは

間違いありません。

新品タイヤ溝も7mmあるのが嬉しいです。

さらに、タイヤサイズのラインナップも豊富なところが魅力です。

写真を撮るのを忘れちゃったけど(泣)

減りは、メチャ早いです(笑)

1日サーキットフリー走行だと

2回で終りかな(笑)

でも値段が安いので!

アジアンタイヤの中でも、フェデラルRS-RR、サイロンストリートレースを

越えたグリップ力がありそうです。

まだサーキットを走っていないからハッキリ言えないけど

グリップ力、横剛性的には、アジアンタイヤの中でトップになるかも知れません。

久々に、グリップに特化したタイヤが現れたな~って感じです。

サーキットを楽しむには、どうしてもタイヤの価格って

気になるよね。

国産Sタイヤは価格が高過ぎて、さらに楽しんじゃうと、すぐなくなっちゃうし

さらに国産グリップタイヤは、価格が高くて手が届かない。

そういう方には、NANKANG NS-2Rは、最高のタイヤになると思いますよ。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2R

何しろNANKANG NS-2Rのタイヤサイズが豊富なのが嬉しいです。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

NANKANG NS-2R(ナンカンNS-2R)タイヤ一般公道、タイヤ性能・評価・レビューでした

タグ

2015年8月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ハイグリップタイヤ 台湾製タイヤ

このページの先頭へ