MINERVA EMI ZERO UHP タイヤ試乗性能評価レビュー

MINERVA EMI ZERO UHP

EMI ZERO UHP(イーエムアイ ゼロ UHP)は、

幅の広い縦溝が高い排水性を実現。

ウェット時の路面でも安定した走行が可能です。

また、非対称に設計されたトレッドパターンが

コーナリング時の安定性を向上させていますので、

スポーティなドライブを楽しむことができます。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(スタンダードタイヤ)

インチサイズ(13インチ~17インチ)

MINERVA EMI ZERO UHPのタイヤデザイン

EMI ZERO UHPのトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

EMI ZERO UHPの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

EMI ZERO UHP タイヤ試乗性能評価レビュー

スタンダードタイヤなのであまり期待はしていませんでしたが

乗り始めですが静かで、乗り心地がイイです。

チョットこれには驚きました。

これでスタンダード(標準)タイヤなの~

MINERVAタイヤのレベルの高さを思い知らされますね!

さすがヨーロッパで愛されて100年。

ベルギー発の歴史的グローバルタイヤブランドMINERVAです。

コーナーも攻めてみましたが、グリップ力も充分あり

まったく不安感もありません。

街乗りは快適そのものです。

これコンフォートタイヤレベルじゃないの

街乗りでは、コンフォートタイヤと言っても

全く問題ないレベルです。

それなら

高速道路へGOです。

インターのコーナーを攻めてみると

ここまで攻めるとさすがに、グニャリ感がでますね。

横剛性は、チョット足りない感じです。

でもグリップはイイ感じです。

速度を上げ、高速道路に合流

速度が上がっても、静かさと乗り心地はイイねです。

レーンチェンジで切り初めと切り終りで少し

フワフワ感があります。

これはやはり少し横剛性が欲しいところです。

コンフォートタイヤとしても、かなりいいレベルと思いますが

これをスタンダードタイヤとしてみれば出来過ぎですね。

とても標準タイヤレベルの静かさと乗り心地レベルでは

比較にならないぐらい、レベルが高いです。

どう評価しても、コンフォートタイヤだよな~

さらに首都高テストです

路面の継ぎ目が多いので

乗り越えた時の音と乗り心地がすぐわかるのが、

首都高のイイところです。

何度も継ぎ目を乗り越えても静かさはイイですね。

ただ乗り越えた後の収まりはイマイチで、フアフア感が出てしまいます。

高速での縦方向の剛性が足りない感じを受けます。

さてグリップ力ですが、これが結構グリップしてしまうのには

驚きました。

でも横剛性が足りないため、コーナーを攻めると

腰砕け感がでますね。

スタンダードタイヤとしてみれば、不満なくとても満足なタイヤです。

スタンダードタイヤなのでコーナーを攻めるタイヤではありませよね(笑)

それにしてもMINERVAタイヤのレベルの高さには

驚きました。この性能でこのタイヤを

スタンダード(標準)タイヤとしているんですから

さすがにタイヤメーカーとして歴史が長いだけのことはあります。

国産タイヤは、新技術をどんどんアピールしますが

このMINERVAタイヤは、タイヤは標準でも、

こうあるべきという1本筋が通っている感じを受けました。

しかも値段を見たら、あまりの安さに驚きますよ!

コチラから⇒EMI ZERO UHP

EMI ZERO UHPのタイヤ試乗性能評価レビューでした!

タグ

2018年4月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:MINERVAタイヤ

アジアンタイヤ メーカーの種類 人気の10メーカー

アジアンタイヤメーカー10選 激安輸入タイヤ

アジアンタイヤメーカーの中から、人気のタイヤメーカー

試乗評価した中から、激安タイヤでありながら

高性能なタイヤを厳選し紹介します。

ネット通販で売れている人気メーカーです。

おすすめアジアンタイヤメーカー10選のご紹介

NANKANG(ナンカン)タイヤ

台湾で最も長い歴史をもつ名門タイヤメーカーNANKANG。

常に技術革新に挑む同社が送り出す高品質タイヤは、

世界各国で高い評価を得ており数々の国際的な賞を受賞しています。

世界170ヶ国での販売実績が証明するキングオブアジアンタイヤが

NANKANG(ナンカン)タイヤです。

タイヤの種類が豊富で、一般タイヤから、サーキットタイヤまで揃っている

タイヤメーカーです。

NANKANGタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

 

 

ATR RADIALタイヤ

世界のレースシーンで、その高いパフォーマンスを証明し続ける

インドネシアのATRradial。

ドリフトユーザーから一般ユーザーまでを魅了する品質とラインナップは、

世界100ヶ国で愛用されています。

欧州サッカーのトップチームであるPSG(パリサンジェルマン)の

オフィシャルタイヤパートナーとしても有名です。

ATR SPORTタイヤは、スポーツタイヤを得意とするタイヤメーカーです。

ATR SPORTタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MOMO(モモ)タイヤ

ステアリングをはじめ、長年のレース経験で培われた技術と経験を取り入れた

自動車パーツで有名なイタリアのブランドMOMO(モモ)。

MOMOタイヤはサイドウオールの美しさまで追及している

タイヤメーカーがMOMOタイヤです。

MOMOタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

ROADSTON(ロードストーン)タイヤ

ROADSTONE(ロードストーン)タイヤは、

韓国の大手タイヤメーカーNEXEN(ネクセン)のセカンドブランドとして、

主に欧米市場に販売されているタイヤで

ヨーロッパ規格であるETRTOをクリアした高品質タイヤです。

アメリカで販売されるタイヤは、規格がとても厳しいです。

即裁判になるのがアメリカだからです。これだけでも

アメリカで販売しているROADSTONEタイヤが高品質であるという証です。

低価格でありながら高性能なタイヤがROADSTONEタイヤです。

ROADSTONタイヤタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

SUPERIA(スーペリア)タイヤ

高い設計力、開発力によりSUPERIA(スーペリア)は、

ヨーロッパへの流通が多くヨーロッパのエンジニアとの共同開発により、

国際的なクオリティと性能基準を満たしながら規格認定を受けているタイヤメーカーです。

SUPERIAタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

HIFLY(ハイフライ)タイヤ

高次元な品質とコストパフォーマンスの両立を実現し、

北米、ヨーロッパをはじめ世界各国で 販売されている人気ブランドHIFLY。

アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

低価格でありながら、高性能な実力をもつタイヤメーカーで

日本で人気急上昇中のタイヤメーカーがハイフライタイヤです。

HIFLYタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

ZEETEX(ジーテックス)タイヤ

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX。

乗用車からトラック・バス用まで幅広いラインナップを

世界85ヶ国以上で販売しているのがジーテックスタイヤです。

ZEETEXタイヤの種類は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MINERVA(ミネルバ)タイヤ

ヨーロッパで愛されて100年。

ベルギー発の歴史的グローバルタイヤブランドMINERVA。

ヨーロッパをはじめアジアなど世界52ヶ国以上で

販売されているのがミネルバタイヤです。

MINERVAタイヤの種類は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

MAXTREK(マックストレック)タイヤ

MAXTREK(マックストレック)は中国のタイヤメーカーです。

顧客満足度を追求しているタイヤメーカーが

マックストレックタイヤです。

MAXTREKタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

 

 

 

Radar(レーダー)タイヤ

シンガポール発のグローバルタイヤブランドRADAR。

世界初の環境に優しい“カーボンニュートラル承認”を取得したタイヤブランドが

レーダータイヤです。

RADARタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NEXEN(ネクセン)タイヤ

韓国を代表する大手タイヤメーカーNEXEN。

革新的な技術と品質の高さが評価され世界の自動車メーカーが

純正装着タイヤに採用しています。

欧州サッカーのトップチームであるマンチェスターシティの

オフィシャルパートナーとしても有名です。

ネクセンタイヤは、タイヤ性能はもちろんですが

タイヤのデザインまでこだわるタイヤメーカーがネクセンタイヤです。

NEXENタイヤの種類と試乗性能レビューは

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

アジアンタイヤメーカー10選 おすすめ激安輸入タイヤでした!

 

タグ

2017年8月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:アジアンタイヤメーカー

このページの先頭へ