HIFLY(ハイフライ)タイヤは大丈夫?価格が安過ぎるから不安?

HIFLY(ハイフライ)タイヤは安すぎるけど大丈夫?

HIFLY(ハイフライ)タイヤは中国工場で生産し、北米、ヨーロッパをはじめ現在世界各国で

販売されている人気タイヤ商品、それがHIFLYタイヤです。

HIFLYタイヤは、アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

近年日本にも、HIFLYタイヤがアメリカに拠点を置くユニコーンタイヤ社によって

日本輸入販売店の株式会社オートウェイから、販売されて人気になっているのがHIFLYタイヤです。

人気のきっかけになったのが、コンフォートタイヤのHF201

それとHF805の2種類のタイヤが大人気になり、HIFLYタイヤの認知度が一気に上がりました。

販売当初は、値段が安すぎて、このタイ大丈夫なの?という疑問があったようですが

口コミとネットで履いた方のレビューが高評価だったので、

人気が一気に上昇し、今では大人気タイヤになっています。

HIFLYタイヤの試乗タイヤ性能評価をしています。

HIFLYHF805

高速を得意とするコンフォートタイヤはコチラから⇒ HIFLY HF805

HIFLY HF201

街乗りコンフォートタイヤはコチラから⇒ HIFLY HF201

日本人の悪いクセ!価格が安過ぎるから、性能が悪いと決めつけないでください!

私も試乗テストをする前までは、安かろう悪かろうだと思ってしまいました。反省です。

特にアジアンタイヤは物価の違いで、そう感じる商品もたくさんあります。

HIFLYタイヤは、アメリカ合衆国運輸省の認定規格であるDOTをはじめ、

欧州など各国の基準、規定に合格しています。

もちろん安全基準をクリアできているので

各国の基準、規定に合格しているので、信頼性のあるタイヤがHIFLYタイヤです。

HIFLYタイヤの種類は⇒コチラから

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月15日

HIFLY(ハイフライ)タイヤは大丈夫?価格が安過ぎるから不安?についてでした!

タグ

2016年5月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ コンフォートタイヤ 中国製タイヤ

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類とタイヤ性能評価

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類

ハイフライタイヤ、低価格でも高性能タイヤとして

認知度が上がっているタイヤメーカーがハイフライタイヤです。

HIFLYタイヤを試乗してみると

どのタイヤもかなり快適性のあるタイヤだったのには、驚きました。

◆HIFLY HF201

HIFLY HF201の試乗レビューは⇒コチラ

 

HIFLY HF201のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF201

 

◆HIFLY HP801

HIFLY HP801の試乗レビューは⇒コチラ

HIFLY HP801のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HP801

 

◆HIFLY HF805

HIFLY HF805の試乗レビューは⇒コチラ

HIFLY HF805のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HF805

 

◆HIFLY HT601

HIFLY HT601の試乗レビューは⇒コチラ

 

HIFLY HT601のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒HIFLY HT601

値段が安いからと言って、甘く見ないでくださいね!

試乗してみたらビックリです。

かなり高性能なタイヤでした。

日本人の悪いクセ!値段が安いと悪い商品という思い込みは

過去の考え方です!

アジアンタイヤと国産タイヤの性能差は

ここ数年で一気に縮まりました。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月15日

HIFLY(ハイフライ)タイヤの種類 ラインナップでした!

 

タグ

2016年4月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ 中国製タイヤ

HIFLY(ハイフライ)HF201タイヤ性能 評価 感想 比較レビュー

HIFLY(ハイフライ) HF201の性能評価レビュー

HF002_t

HIFLY HF201タイヤは、中国製のタイヤ

え~という方!ハイフライHF201というタイヤ

実はただいま人気上昇中の超激安タイヤなんです。

HIFLY HF201(ハイフライ エイチエフ ニイマルイチ)は、

静粛性に加え、転がり抵抗や耐久性にも配慮して設計されているので、

快適なドライビングだけでなく、環境にも優しいコンフォートタイヤです。

というメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~20インチ)

HIFLY HF201のタイヤデザイン

HIFLY HF201のトレッドパターンは、こんな感じ

 

サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダーは、こんな感じ

 

HIFLY HF201の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

HIFLY HF201タイヤ試乗性能レビュー

飛び抜けてココの性能が高いというのは、見つかりませんが

静かで乗り心地の良いタイヤ、これはコンフォートタイヤと言った感想です。

この安さでこのレベルはチョット国産タイヤメーカーさんも

あせらないといけないんじゃないの、と思ってしまうぐらいです。

HF201はECOタイヤでもあります!

転がり抵抗のラベリングはまだありませんが

試乗した感じでアクセルオフ時の減速だと、ラベリングのAですね。

AAはアクセルオフ時、転がり抵抗が少ないので減速しないなァ~という感じを受けます。

AAAはアクセルオフ時、前の車との車間が狭まるほど、減速しません

それほど転がり抵抗が少ないタイヤがAAAです。

さて、HIFLY HF201というタイヤ

あまりにも値段が安いので、大丈夫なの???

という質問が飛びかっていますが、

タイヤはどの国でも

安全基準をクリアしなければ、販売することのできない

厳しい基準があります。

この安全基準をクリアしなければ

公道を走ることはできません。

オブジェとしての輸入はできますが(笑)

タイヤ販社さんが、販売目的で輸入する訳ですから

公道を走れないタイヤを仕入れる訳はありませんよね(笑)

数年前ファイヤー●●ーンタイヤで破裂し事故が数件起きただけで

そのタイヤは輸入禁止、販売禁止措置まで取られる厳しい国が日本です。

日本では、そのファイヤー●●ーンタイヤで事故は一軒も起きていません。

ですから、日本の安全基準は世界でもトップクラスなんです。

日本人って、どうしても価格が安過ぎると大丈夫なのか?

という疑いを持ってしまいますが

HIFLY HF201の値段の安さを見ると

どうしても大丈夫なのか?って思ってしまうのは

当然のことでしょう。私もそうでしたから(笑)

もちろん、HIFLY HF201は、

タイヤの安全基準をクリアしているので、

日本でも販売出来ているんです!

アメリカ、ヨーロッパを始め世界各国で

人気急騰のブランドがHIFLY(ハイフライ)なんです。

タイヤ規格がETRTO(エトルト)なので?

これ耳にしたことないと思うんですが・・・

日本でおなじみの言葉に直すと

エクストラロードやレインフォースドタイヤ規格と同じです。

車の指定空気圧、運転席ドアを開けると貼ってあるタイヤ空気圧ラベルより

少し高めの空気圧に設定が必要なタイヤです。

どれぐらい上げるかと言うと、昔で言えば0.2~0.3キロ

今で言うと20~30kpa(キロパスカル)です。

指定空気圧の10%増しと覚えておけば問題ありません。

空気圧を上げて、荷重に耐えるタイヤです。

4ナンバー車の6プライや8プライというタイヤと

同じ考えです。空気量を入れることによって

空気圧が上がります。

その分、荷重(重さ)に耐えるタイヤということです。

安いからと言って、性能はないんでしょう~

なんて思わないでくださいね!

試乗してみてビックリです。

このHF201は、スタンダードタイヤレベルだと思ったら

大間違いです。

静かさ、乗り心地は、間違いなくコンフォートタイヤです(驚)

コンフォートタイヤレベルなら、もっと価格が高くても

イイのではと思ってしまうぐらい性能があるタイヤでした。

HIFLY HF201のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>HIFLY HF201<<

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年09月13日

中国製タイヤ HIFLY (ハイフライ)HF201の性能評価レビューでした!

タグ

2016年1月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:HIFLYタイヤ コンフォートタイヤ 中国製タイヤ

このページの先頭へ