RADAR VERENTI R6(レーダー ヴェレンティ R6)タイヤ性能・試乗・評価・感想レビュー!

RADAR VERENTI R6タイヤの特徴

verenti-r6

RADAR VERENTI R6(レーダー ヴェレンティ R6)は、

迅速なステアリングレスポンス、

静粛性に優れたコンフォートタイヤです。

ツーリングタイヤの快適性の追及により、

革新の非対称トレッドデザインを採用しています。

というメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

タイヤサイズ(17インチ~20インチ)

RADAR VERENTI R6のタイヤデザイン

RADAR VERENTI R6のトレッドパターンは、こんな感じ

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

RADAR VERENTI R6の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

RADAR VERENTI R6一般道試乗性能レビュー

今回試乗したのは18インチタイヤです。

乗り初めは、メチャ静かなタイヤというのが第一印象です。

速度を上げて行っても、突き上げ感もなく

コンフォートタイヤというのが、ハッキリわかるタイヤですね。

さてコーナーを攻めてみると、あれ???

なんだか??

まあ一般道なら丸なのかな!

RADAR VERENTI R6の高速道路試乗性能レビュー

高速道路へGO、インターのコーナーを攻めてみると

ちょっと、腰砕け感が(汗)

高速の合流で加速していくと

これまた静かです。

高速での乗り心地もイイですね。

直進安定性はズバ抜けて、イイという感じではなく

普通と言った感じです。

さて首都高に入り、継ぎ目の凸凹は・・・

これも見事にショックを吸収してくれてイイ感じです。

乗り心地と静粛性は、かなりいいレベルのタイヤでした。

RADAR VERENTI R6の首都高試乗性能レビュー

さてさて首都高のコーナーを攻めてみます。

ステアリングを切り込み、荷重が外に掛かると

あちゃ~、このグニャリ感はいただけません。

何度か試してみたものの、やはりこれ完全にタイヤの腰砕けが

ありますね。

コーナーを攻めるタイヤではなさそうです。

グリップ力が無いわけではありませんが

タイヤの横剛性は、弱い方のタイヤですね。

もちろんコーナーを攻めなければ普通のレベルですよ(笑)

タイヤのトレッドパターンを見ると、横剛性がありそうでしたが

実際はかなり乗り心地の方に振っているタイヤでした

タイヤって実際乗ってみないと、性能や性格は分かりませんからね!

大口径で静かで乗り心地が良いタイヤを探しているなら

オススメのタイヤです。

たまには、峠を攻めたいとか首都高を攻めたいと思っている方には

オススメできないかな(笑)

レーダー ヴェレンティ R6のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR VERENTI R6

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年04月10

RADAR VERENTI R6タイヤ性能・試乗・評価・感想レビューでした!

タグ

2016年9月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:コンフォートタイヤ シンガポール製タイヤ

このページの先頭へ