NANKANG NS-25とNANKANG NS-20との試乗性能比較

NANKANG NS-25とNANKANG NS-20のトレッドパターン

NANKANG NA-25とNS-20のタイヤデザイン

NANKANG NS-25のトレッドパターンは、こんな感じ

NANKANG NS-20のトレッドパターンは、こんな感じ

どちらもNANKANGのプレミアムタイヤで

NS-20はNANKANGのフラッグシップタイヤです。

その後に発売された、プレミアムタイヤのNS-25との

差を知りたくて、今回試乗性能比較をすることに

NS-20は今まで、セダン、スポーツ、ミニバンまで

すべて試乗し、性能は分かっているので

今回は、NS-25を試乗し、NS-20との差を

調べていきます。

今回試乗させていただいた車は70ヴォクシーです

なんでミニバンにプレミアムタイヤ?

まずは街乗りですがNS-25は、さすがプレミアムタイヤと言ったところです。

とても静かだし、乗り心地も抜群です。

結構な時間走りましたが

街乗りでは、まったく不満はない仕上がりのタイヤです。

このNS-25というタイヤ、NANKANGタイヤの

フラッグシップタイヤのNS-20のプレミアムタイヤより

静かで、乗り心地がイイです。

チョットこれには驚きました。

かなり高次元の静かさと乗り心地です。

コーナーも攻めてみましたが、グリップ力も充分あり

まったく不安感もありません。

街乗りは快適そのものです。

それならと。ETCカードを変えて

高速道路へGOです。

インターのコーナーを攻めてみると

やはりプレミアムタイヤですね!

横剛性もしっかりあります。

グリップもイイ感じです。

速度を上げ、高速道路に合流

速度が上がっても、静かさと乗り心地は

バッチリです。直進安定性もイイね。快適そのものです。

今のところ、不満点が見つからないんですが

では、さらに首都高テストです

路面の継ぎ目が多いので

乗り越えた時の音と乗り心地がすぐわかるのが、

首都高のイイところですね!

何度も継ぎ目を乗り越えても

静かさと、乗り越えた後の収まりはイイです。

で、問題のグリップ力ですが

なるほど、ココでNS-20との差が出る訳ですね!

コーナー途中から切り足したときの

横剛性は、ほぼ変わりませんが

限界時のグリップ力は、NS-20の方が上です。

何度もコーナーを攻めてみて、なるほどココが違うのね!

ようやく、答えが分かりました。

NS-20は、スポーツ・プレミアムタイヤで

NS-25は、コンフォート・プレミアムタイヤです。

それにしても、プレミアムタイヤをミニバンに履かせる

選択技は、今まで思っても見ませんでしたが

静かさ、乗り心地、横剛性を兼ね備えた

プレミアムタイヤって、セダンだけではなく

ミニバンにもマッチングが良かったのには

驚きました。

アジアンタイヤには、まだミニバンタイヤ専用の

タイヤカテゴリーはありませんが

プレミアムタイヤをミニバンに履かせる

選択技も有りだということに、

始めて気づかされました。

国産タイヤでは、ミニバンに

プレミアムタイヤを選ぶ方は、まず居なかったので

試乗の機会がなく、分かりませんでしたが

アジアンタイヤは低価格なので

ミニバンにもプレミアムタイヤを選べるという

利点ですね!

静かで、乗り心地が良く、そして横剛性もある

贅沢タイヤですが、アジアンタイヤなら

手の届く低価格で、プレミアムタイヤを

選ぶことができると思います。

今回はとても勉強になりました。

価格を見たら驚きますよ!

プレミアムタイヤがこの価格で履けるんですから

スポーツプレミアムタイヤは

コチラから⇒NANKANG NS-20

コンフォートプレミアムタイヤは

コチラから⇒NANKANG NS-25

NANKANG NS-25とNANKANG NS-20のタイヤ試乗性能比較でした!

 

タグ

2018年3月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ

NANKANG NS-25タイヤ試乗性能評価レビュー

NANKANG NS-25タイヤの特徴

NS-25(エヌエスニジューゴ)は、縦溝を広めに取ることで

排水性能を向上とウェット路面でも安定した走行をお約束します。

また、ショルダー側の溝にTie-Barを配置し、ノイズを軽減。

溝側面に段差を付けることでエッヂ効果を得られ、

グリップ性能が向上しました。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(16インチ~22インチ)

NANKANG NS-25のタイヤデザイン

NANKANG NS-25のトレッドパターンは、こんな感じ

トレッドパターンを見ると、なんだか普通のタイヤに見えますね!

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

NANKANG NS-25の実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

NANKANG NS-25 タイヤ試乗性能評価レビュー

知り合いが70ヴォクシーに17インチを履かせて来ました。

ミニバンにプレミアムタイヤか~

国産タイヤではあり得ない選択ですが

アジアンタイヤなら、プレミアムタイヤでも

余裕で手が届く価格なので!

なんでNANKANG NS-25タイヤを選んだの?

って聞いてみたら、プレミアムタイヤの新商品だったから

という答えが返ってきました。

なるほど、やはり今まいろいろな車を乗り継いで

プレミアムタイヤの良さを知っているな~と思ってしまいました。

では、これから試乗させていただきます。

まずは街乗りですが、さすがプレミアムタイヤと言ったところです。

静かだし、乗り心地も抜群です。

結構な時間走りましたが

街乗りでは、まったく不満はない仕上がりのタイヤです。

このNS-25というタイヤ、NANKANGタイヤの

フラッグシップタイヤのNS-20のプレミアムタイヤより

静かで、乗り心地がイイです。

チョットこれには驚きました。

かなり高次元の静かさと乗り心地です。

コーナーも攻めてみましたが、グリップ力も充分あり

まったく不安感もありません。

街乗りは快適そのものです。

それならと。ETCカードを変えて

高速道路へGOです。

インターのコーナーを攻めてみると

やはりプレミアムタイヤですね!

横剛性もしっかりあります。

グリップもイイ感じです。

速度を上げ、高速道路に合流

速度が上がっても、静かさと乗り心地は

バッチリです。

直進安定性もイイね。

今のところ、不満点が見つからないんですが

では、さらに首都高テストです

路面の継ぎ目が多いので

乗り越えた時の音と乗り心地がすぐわかるのが、

首都高のイイところですね!

何度も継ぎ目を乗り越えても

静かさと、乗り越えた後の収まりはイイです。

で、問題のグリップ力ですが

なるほど、ココでNS-20との差が出る訳ですね!

コーナー途中から切り足したときの

横剛性は、ほぼ変わりませんが

限界時のグリップ力は、NS-20の方が上です。

何度もコーナーを攻めてみて

ようやく、答えが分かりました。

NS-20は、スポーツ・プレミアムタイヤで

NS-25は、コンフォート・プレミアムタイヤです。

それにしても、プレミアムタイヤをミニバンに履かせる

選択技は、今まで思っても見ませんでしたが

静かさ、乗り心地、横剛性を兼ね備えた

プレミアムタイヤって、セダンだけではなく

ミニバンにもマッチングが良かったのには

驚きました。

アジアンタイヤには、まだミニバンタイヤ専用の

タイヤカテゴリーはありませんが

プレミアムタイヤをミニバンに履かせる

選択技も有りだということに、

始めて気づかされました。

国産タイヤでは、ミニバンに

プレミアムタイヤを選ぶ方は、まず居なかったので

試乗の機会がなく、分かりませんでしたが

アジアンタイヤは低価格なので

ミニバンにもプレミアムタイヤを選べるという

利点ですね!

静かで、乗り心地が良く、そして横剛性もある

贅沢タイヤですが、アジアンタイヤなら

手の届く低価格で、プレミアムタイヤを

選ぶことができると思います。

今回はとても勉強になりました。

価格を見たら驚きますよ!

プレミアムタイヤがこの価格で履けるんですから

コチラから⇒NANKANG NS-25

NANKANG NS-25のタイヤ試乗性能評価レビューでした!

 

タグ

2017年12月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ プレミアムタイヤ

このページの先頭へ