タイヤサイズ225/45R18 アジアンタイヤ売れ筋ランキング

タイヤサイズ225/45R18適合車種

新車装着車種:クラウンアスリート等

タイヤサイズ225/45R18のアジアンタイヤで、

売れている順にランキングしています。

225/45R18 アジアンタイヤ人気売れ筋ランキング

1位 ATR SPORT

ATR SPORTのタイヤ試乗感想レビューは⇒コチラ

atr-sport

価格はコチラから>>ATR SPORT

 

 HIFLY HF805

HIFLY HF805のタイヤ試乗感想レビューは⇒コチラ

hiflyhf805

価格はコチラから>>HIFLY HF805

 

位  ZEETEX HP2000 vfm

ZEETEX HP2000vfmの試乗感想レビューは⇒コチラ

zeetex-hp2000-vfm

価格はコチラから>>ZEETEX HP2000 vfm

 

4位 NANKANG AS-1

NANKANG AS-1のタイヤ試乗・感想レビューは⇒コチラ

nankang-as1

価格はコチラから>>NANKANG AS-1

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月23

公開日:2016年04月14日

タイヤサイズ225/45R18 アジアンタイヤ売れ筋ランキングでした。

タグ

2016年4月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤサイズ別ランキング

アジアンタイヤをオススメする理由 値段の安さです。

アジアンタイヤをオススメする理由

アジアンタイヤは2005年あたりから

一気にタイヤの性能が上がりました。

日本のバブル崩壊から、円高に傾き

日本のタイヤメーカーが、海外でタイヤ生産を

しなければ、ならなくなったからです。

これにより、日本のタイヤ技術の流出が、

少なからず起きたのでしょう。

2010年あたりから、ドライグリップ面では

かなり性能が上がり、日本のタイヤ性能と比べても

ドライグリップ面では、ほぼ変わらない性能を持つまでになりました。

その後、静かなタイヤの研究がなされ

コンフォートタイヤ登場するようになり

これもまた日本のタイヤと互角の性能を出すタイヤが出てきました。

2015年から2016年にかけては、

日本のタイヤを超すドライグリップを持つアジアンタイヤまで

登場してきました。

2014年から2015年の日本は超円高により

ガソリン価格が高騰し、燃費を重視しなければならなくなり

タイヤ性能をECOタイヤにシフトしていました。

日本で発売されたECOタイヤの初期のタイヤは

乗ってみると最悪でした。ウエットグリップが

まるでダメで、このタイヤが日本のタイヤなの???

と思ったぐらいです。

ですが、1年も経たないうちに、技術の進歩は早いです。

ウエットグリップは改善され、今では全く不安のない

ECOタイヤになりました。

日本のタイヤでも失敗を繰り返し、お客様からの声を聞き

改善してきて今のタイヤ性能を出せているんです。

アジアンタイヤメーカーもまったく同じ流れ

日々技術革新、改良が加えられ

タイヤ性能を上げてきています。

私もそうでしたが、日本人の悪い癖があります。

安い商品は⇒悪い商品

高い商品は⇒良い商品

という、既成概念を持っています。

以前の私もそうでした。

アジアンタイヤを試乗し続けてきて

これは、間違いということに気付かされました。

日本の過去のタイヤメーカーの流れ

日本でも昔はブリヂストンのポテンザシリーズが出た時は

そのグリップ力に衝撃を受けました。

他の日本メーカーとの差は、明らかでタイヤグリップ性能なら

ブリヂストンしかないとまで言われた時代もありました。

でも、日本の他メーカーも、性能の良いタイヤを作れば

売れるという目標ができ、それが技術の進歩を加速させました。

今では、ブリヂストンタイヤ、ヨコハマタイヤ、

ダンロップファルケンタイヤ、トーヨータイヤの4社が

高次元のタイヤ性能を競っています。

タイヤ性能もここまで高次元になってくると

差別化を図るため各社の強みを伸ばしているところです。

タイヤの性能というのは、各国、その時代でニーズで変わってきます。

日本の過去のニーズから振り返ってみると!

グリップ力⇒静かさ⇒乗り心地⇒横剛性耐摩耗⇒燃費性能

日本の過去の車の人気を振り返ってみると!

スポーツカー⇒セダン⇒ミニバン⇒1BOX⇒ECOカー

というように、車の人気によりタイヤ性能も

求めるものが変り今に至っています。

アジア諸国の今のニーズは、スポーツカーです。

パワーのある車が大人気です。

過去の日本と同じ流れですね!

アジアンタイヤの性能は、日本のタイヤ性能と差がかなり縮まりました。

アジアンタイヤの魅力は、なんといっても価格の安さです。

私はサーキットを走るのが大好きなので

お金に余裕のある時は、サーキットを楽しんでいますが

やはり、タイヤ代がバカにならなんです。

国産のSタイヤを履いてしまうと、2時間走行でタイヤは終わってしまうし、

国産のグリップタイヤを履いてもサーキットフリー走行なら2回、

2日でタイヤが終わってしまいます。

17インチなので、国産グリップタイヤ4本で10万円越え

国産Sタイヤだと14万円越えという出費です。

安くてグリップするタイヤはないものかと

これサーキット仲間からも同じ意見が多数ありました。

そこで価格の安いアジアンタイヤを試してみることに

サーキットに行くまでの一般道、首都高、高速道路と

サーキット午前中はアジアンタイヤでの走行

午後は国産タイヤに履きかえての走行をすることに

アジアンタイヤの走行の評価を、

このブログで紹介することにしました。

2014年あたりから、サーキットで充分楽しめるアジアンタイヤ

サーキットでも楽しめるアジアンタイヤも登場してくれたので、

お財布に優しくなりました。

サーキットだけではなく、知り合いに

協力してもらい、アジアンタイヤを履いてくれた車に試乗して

一般道、首都高、高速道路のタイヤ評価と感想を書いています。

このブログが、皆さんのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

2016年から、国産タイヤのグリップ性能を超える、ハイグリップタイヤが発売されました。

ハイグリップタイヤならこちらを参考に⇒ハイグリップタイヤランキング

タイヤ性能を高次元でまとめなければならないのがプレミアムタイヤです

プレミアムタイヤがタイヤメーカーの実力を知るタイヤとも言えます。

プレミアムタイヤはコチラから⇒プレミアムタイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月23

アジアンタイヤをオススメする理由!アジアンタイヤ性能に対する価格の安さでした。

タグ

2016年1月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識

タイヤ交換の前に どのようなタイヤを選んだ方がイイのか タイヤ選びのポイント!

タイヤ交換の前に どのようなタイヤを選んだ方がイイのか タイヤ選びのポイント

タイヤというのは、車が唯一路面に接触している重要パーツ、

それがタイヤであり役割は大きいです。

理想のタイヤって、どんなタイヤなんでしょう?

理想のタイヤって、剛性があって、グリップ力があって、高速安定性があって、

乗り心地が良く、静粛性に優れ、雨の日の排水性があってウエット路面でも

グリップ力があって、転がり抵抗が少なく、減らなくて、価格が安いタイヤです。

ハッキリ言って、こんな理想のタイヤは今現在の技術では存在しません(笑)

タイヤ選びのポイント

タイヤ選びのポイントとして、タイヤ性能評価は7つになります。

1)ドライ性能

2)ウエット性能

3)高速性能

4)静粛性

5)乗り心地

6)耐摩耗性(ライフ)

7)燃費性能

先ほど書きましたが、すべてが100点満点のタイヤが理想なタイヤですが、

そのようなタイヤはありません。

タイヤメーカーさんは、この理想なタイヤを追い求めている訳です。

なぜ理想のタイヤができないのか?ここにタイヤの性格の難しいところがあります。

相反する性能を求めなければならないからです。

グリップ力と寿命、そして転がり抵抗の関係

タイヤはただ丸くて黒くてという印象ですが、そのタイヤを作る技術というものは

もの凄い研究とノウハウが入っています。

構造を説明すると長くなるので書きませんが、ベースとなる生ゴムに研究されたブラックカーボンを配合し、

このブラックカーボンが黒色なので、タイヤは黒くなります。

その他にイロイロな成分を加え、タイヤゴムの性質、性格を変えています。

オレンジオイル配合とか、ちょっと前までよく聞きましたよね。

あまり細かく書いても分からないと思いますので、本題に戻りましょう。

首都高とかカーブが多い、高速道路とかスピードが出る道路では、

グリップ力のあるタイヤを選んだ方が、安全に走れます。

グリップ力のあるタイヤは、柔らかいコンパウンドを使用しているため、

摩耗・減りが早い傾向になってしまいます。

それとグリップ力のあるタイヤほど転がり抵抗は大きくなります。

すなわち燃費が悪いタイヤです。

グリップ力があるタイヤは、摩耗が早い、燃費が悪いと覚えておきましょう。

乗り心地と剛性の関係

カーブを曲がっている時、コーナーリング中の時は、

剛性が高いタイヤの方が、しっかり踏ん張ってくれます。

それだけタイヤの縦方向、横方向への形が変わりにくいタイヤですが

縦方向の形も変わりづらいため、乗り心地は悪くなります。

逆に剛性の低いタイヤは、乗り心地はイイのですが、コーナーリング中はよれやすい、

変形しやすいので、ミニバンや重たい車には向きません。

排水性と静粛性の関係

排水性を良くするにはタイヤの溝を太くすればイイのですが、

溝を太くすることにより、パターンノイズが大きくなっていしまいます。

これ実はタイヤが回転し、タイヤ溝に入る空気を路面に接触するときに、

溝に入る空気を圧縮します、そしてタイヤが路面とはなれると圧縮した空気は膨張します。

これが高速になればなるほどノイズが発生しやすくなります。

だからゆっくり走っているときは聞こえませんが、速度が出てくると聞こえてきます。

特に横方向に太い溝が入っているタイヤは多くの空気を同時に圧縮するので、ノイズは大きくなります。

今時のタイヤは静粛性を上げるため、太い横溝は斜めに入れ、溝の太さを変えて、

同じ周波数がでないように作られています

さらにトレッド部分のブロックの大きさもすべて大きさを変えています。

同じブロックの大きさだと、ノイズ周波数が同調するので、ノイズが大きくなるためです。

タイヤ価格

最も気になるところではないでしょうか?

タイヤが同サイズでも、タイヤの種類によって、価格が全然違います。

タイヤ選びで失敗したくないなら

一番間違いのないタイヤはプレミアムタイヤです。

なぜかというと、相反する性質を、高次元でバランスさせているタイヤだからです。

でも価格がとっても高いんですよね。

ではエコノミータイヤで価格の安いタイヤはというと、

この相反する性質のどれかを犠牲にしているタイヤです。

たとえば剛性を落として、乗り心地を上げているとかですね。

高速道路を使わないならお勧めですが、これは車の使う状況によって選択しなくてはなりません。

タイヤ選び、タイヤ交換のポイント

タイヤ選びは純正装着タイヤ性能が基準になります。

なぜ純正装着タイヤからタイヤ性能を落とさないことがタイヤ選びの基準なのか?

新車純正装着タイヤは、あらゆるテストを繰り返して、その車の性能が出せる結果を検証して決定されています。

今の車は、緊急ブレーキ時に、車の姿勢を維持しようと作動します。

これは、急ブレーキを掛けた時でも車をスピン状態にさせないように、

車速、ハンドルの切れ角、Gセンサーからの信号、各車輪の回転差などを瞬時に計算して

各車輪のブレーキの効き具合を自動で調整して、姿勢を保つ、スピン状態にさせないように

コントロールしてくれています。

そのため、もっとも重要視されるのがブレーキ性能です。

ですので、新車純正装着タイヤ性能以下のグリップ力しかないタイヤを選んでしまうと

緊急時ブレーキ性能が下がってしまうことになってしまいます。

なら最初からグリップのいいタイヤにしちゃえばいいじゃない?

と思われるかも知れませんが、そうなると燃費がでなくなります。

今のお客様は、新車を買うとき、燃費を気にするので!

というように新車装着タイヤはその車に合ったタイヤを装着してきます。

ですから新車装着のタイヤが、タイヤ選びの基準なんですよ。

純正装着タイヤから市販タイヤを履いていて、次にタイヤ交換をする時のポイント

これは今履いているタイヤの不満点を見つけてください。

音がうるさいとか高速でふらつくとか、もう少しグリップ力が欲しいとかです。

その不満点を見つけ出し、その不満点がなくなるタイヤ選びをするのが正解です。

不満がなくなれば、満足につながりますよね。

価格が安いのに高性能なアジアンタイヤ

国産タイヤは価格が高い、そこでアジアンタイヤ選びの選択技、

まだ読んでいない方は『国産タイヤとアジアンタイヤの違い』を読んでくださいね。

国産タイヤ価格の1/3~1/4の価格で買えるアジアンタイヤがオススメです。

海外ブランドタイヤを直輸入しオンラインで販売してくれます。

コチラも参考にしてください。

贅沢な高性能タイヤならコチラ⇒ プレミアムタイヤランキング

静かさ乗り心地を重視するならコチラ⇒コンフォートタイヤランキング

グリップ力欲しいならコチラ⇒スポーツタイヤランキング

快適性無視、圧倒的なグリップ力ならコチラ⇒ハイグリップタイヤランキング

ミニバンをもっと快適に⇒ミニバンタイヤランキング

大口径でも高性能しかも低価格⇒SUVタイヤランキング

ECOタイヤを選ぶならコチラ⇒ECOタイヤランキング

軽自動車も種類が豊富コチラから⇒軽自動車タイヤランキング

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月22

タイヤ交換の前に タイヤ選びのポイント タイヤの基礎知識でした!

タグ

2016年1月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識

KUMUHO ECSTA(クムホ エクスタ)SPTというタイヤ

アルファードに取り付けたタイヤクムホのエクスタSP1

価格もメチャ安です。

フロントがコレ

1.jpg

 

そしてリヤがコレ

クムホエクスタSPT

2.jpg

荷重指数が高いので

タイヤ自体は重いです。

DSC_00031.jpg

組むのも普通、特別サイドウォールが硬いこともありません。

さて乗ってみると、車が車なので攻めることはできないけど

乗り心地は19インチだけど、結構イイね。

でも静かさは、やっぱり国産タイヤの方が上です。

まあ値段を考えると、我慢できる範囲かな

というか、日本製タイヤの

静かさのレベルが高すぎるんだろうな~

この頃の1500ccクラスでも、

もの凄く一定走行時は静かだもんね。

聞こえてくるのはタイヤノイズ

車が静かになった分、タイヤメーカーも

静かさを追求しているんだよね。

タイヤって奥が深い

トータル性能を上げるのがもっとも難しいし

ECOタイヤは燃費に特化しているけど

やはり乗ってみると、限界グリップは

下がっているし、ウェット性能は

なんじゃコレ~のレベルだし

安全面では、ちょっと???です。

これからエコマークのAAAのタイヤが

多く出てくるけど、止まる性能も

追求してくれないと、なんだかヤバイ予感です。

1センチ手前で止まれば、事故じゃないからね。

サーキットを走ると、タイヤの重要性って

もの凄く分かるんだよね。

やはり、グリップするタイヤの方が

安全に走れるからね。

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

激安タイヤならオートウェイ

ここでタイヤの価格を見てください。

始めての方は、あまりの値段の安さに驚きますよ。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2021年10月22

タグ

2012年5月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:韓国製タイヤ

このページの先頭へ