ATR-K SPORTのハイグリップタイヤのサイズラインナップが追加されました。

ATR-K SPORTのハイグリップタイヤのラインナップが増えました。

軽自動車専用で今まで2サイズしかありませんでした

タイヤサイズは165/55R14と165/50R15です。

2017年に入り、なんと小型車と普通車のタイヤサイズが追加されました。

追加されたタイヤサイズは

195/50R15と265/35R18です。

このATR-K SPORTは、サーキットを意識してグリップ力を

大幅に上げたコンパウンドが使われています。

軽自動車のNA車とターボ車のサーキットテストでは

NA車の場合、高速コーナーでアクセル全開にしても

グリップ力が高過ぎて、コーナー抵抗により減速してしまうぐらいの

グリップ力を持っていたのには、驚かされました。

コチラを参考に⇒ATR-K SPORT軽自動車のサーキットテスト

タイヤのトレッドパターンはSタイヤ並のデザインなのですが

タイヤの性格は、Sタイヤのようにタイヤを暖めないと

グリップ力が出ない性格ではないので、一般公道でも

安全性は十分確保されています。

もちろん一般公道も使用できますし、車検も一般タイヤの基準と同じなので

車検もそのまま受けられます。

ATR SPORTのグリップ力をはるかに上回るATR-K SPORTですが

ハイグリップタイヤなので、乗り心地は悪いですし、パターンノイズも

うるさいです。新品時はある程度静かなのですが、少し減ってくると

メチャうるさいタイヤなので、ブリップ力は欲しいけど

快適性も少しは欲しいという方には、オススメできません。

快適性なんかいらないから、グリップ力があればイイという方には

メチャおすすめなタイヤです

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

タイヤサイズがないなら、こちらのハイグリップタイヤがあります。

管理人も履いているタイヤです⇒コチラから

ハイグリップタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年02月04日

ATR-K SPORTのハイグリップタイヤのサイズラインナップが追加されましたでした

タグ

2017年5月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ ハイグリップタイヤ

安くて評価の高いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤ

安くて性能が良いアジアンタイヤのオススメは、どのタイヤ?

アジアンタイヤメーカーも多いですし、それぞれタイヤメーカーの

コンセプトも違います。

結局のところ、アジアンタイヤ性能研究室の管理人が

アジアンタイヤを試乗し、カテゴリーごとのTOPのタイヤは

どのタイヤなのかを知りたい、という問い合わせが多かったので

今までアジアンタイヤを試乗して、このタイヤ良かった、

感動したタイヤを、カテゴリー別にまとめました。

㊟、アジアンタイヤを試乗し、管理人が率直に

タイヤカテゴリーごと、素晴らしいタイヤと思ったタイヤの

ご紹介ですので、タイヤ販売ランキングとは、全く関係がありません。

あくまでも、管理人が感じた、カテゴリーごとの

一番優れていると感じたアジアンタイヤの紹介です。

アジアンプレミアムタイヤで感動したタイヤ

ROADSTONE N8000

この高速性能と静かさのレベルの高さには驚きました。

ROADSTONE N8000の試乗レビューは⇒コチラから

静かさ、乗り心地、高速安定性、グリップ力

トータルバランスを、高次元で融合させたプレミアムタイヤでした。

ROADSTONE N8000のタイヤサイズと価格は

こちらから⇒ ROADSTONE N8000

 

アジアンハイグリップタイヤで感動したタイヤ

NANKANG NS-2R

管理人もサーキット仕様のJZA70に履いています。

NANKANG NS-2Rの試乗レビューは⇒コチラから

 

快適性は、全く無視のタイヤですが、

グリップ力の凄さには、驚きました。

ですが、減りはもの凄く早いですし、パターンノイズと

乗り心地は悪いので、グリップ力重視の方にオススメです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS2R

 

グリップ力は最強のハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1

NANKANG AR-1の試乗レビューは⇒コチラから

 

NANKANG NS-2Rでもグリップ力は

スゴイですが、その上をいくハイグリップタイヤです。

街乗りでも使えますが、パターンノイズ

乗り心地は最悪で、快適性は全くありませんが

グリップ力だけは最強のグリップです。

サーキット走行で本領発揮、

タイムアタックではベストタイムが出ちゃいます。

ちょっと今までのタイヤのレベルを超えている

最強ハイグリップタイヤです。

でも減りはもの凄く早いです。

ナンカンAR-1のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR1

アジアンコンフォートタイヤで感動したタイヤ

これは、コンフォート販売ランキングTOPと同じです。

NANKANG RX615

NANKANG RX615のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

快適性の静かさと乗り心地を求めるなら、このタイヤです。

NANKANG RX615のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG RX615

 

アジアンスポーツタイヤで感動したタイヤ

ATR SPORT2

ATR SPORT2のタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

このタイヤはスポーツタイヤに快適性をプラスしたタイヤです。

グリップ力は一般道では使い切れないほどのグリップ力を持っています

しかも静かで乗り心地も犠牲にしていないチョット異質な

タイヤ性能もっているタイヤでした。

プレミアムタイヤまでの快適性はありませんが

グリップ力はグッドです。

ATR SPORT2のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT2

 

アジアンファッション性で感動したタイヤ

MOMO OUTRUN M-3

MOMO OUTRUN M-3のタイヤ試乗レビーは⇒コチラから

 

性能はズバ抜けてスゴイところはありませんが

トータルバランスが優れたタイヤでした。

ファッションセンスは素晴らしいです。

見た目の仕上がり感は、文句無しです。

MOMO OUTRAN M-3のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒MOMO OUTRAN M-3

 

アジアンミニバンタイヤで感動したタイヤ

RADAR RPX800

RADAR RPX800の試乗レビューは⇒コチラから

 

横剛性が文句なしで、

ミニバン特有の高速のフラツキが抑えられるところがイイです。

ミニバン販売ランキングがTOPの意味が分かりました。

RADAR PX800のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒RADAR RPX800

 

アジアンSUVタイヤで感動したタイヤ

ATR SPORTのDesert Hawk H/T

Desert Hawk H/Tのタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

快適なのに、スポーツ走行OKで、グリップ力は相当あるタイヤでした。

SUVでもグリップ力が欲しい方に、オススメです。

ATR SPORT DESERT HAWK H/Tのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT DESERT HAWK H/T

 

アジアンエコタイヤで感動したタイヤ

NEXEN N blue HD Plus

NEXEN N blue HD Plusのタイヤ試乗レビューは⇒コチラから

 

アジアンタイヤのECOタイヤは、まだ出初めなので

ラベリング制度のAAAまでの転がり抵抗性能までは行っていません。

NEXEN N blue HD PlusでAAにようやく入った性能でした。

ECOタイヤですが、コンフォートタイヤというのが感想です。

静かさと、乗り心地はかなり高いレベルでした。

NEXEN N blue HD Plusのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NEXEN N blue HD Plus

 

ランフラットタイヤで感動したタイヤ

RADAR Dimax R8+ RUNFLAT

 

乗り心地はランフラットタイヤなので

良くはありませんが、静かさはバッチリなタイヤです。

そして、なによりうれしいのがランフラットでありながら

低価格というところです。

国産ランフラットタイヤだと、

値段を見たらあまりの値段の高さにビックリ

そんなに高いの~

でも大丈夫です。レーダーのDimax R8+ RUNFLATなら

低価格で履けちゃいます。

ほかにも、低価格ランフラットタイヤはあります。

ランフラットタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒アジアンランフラットタイヤの種類

 

低価格でありながら高性能なアジアンタイヤ

アジアンタイヤの性能は、もはや国産タイヤを抜いているタイヤもあったり

タイヤカテゴリー的には、まだまだのタイヤもありますが

急激にアジアンタイヤ性能が上がってきています。

しかも最大の魅力は、

国産タイヤの1/3~1/4の価格で買えてしまうところです。

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年02月04日

安くて評価の高いアジアンタイヤ おすすめTOPアジアンタイヤでした。

 

タグ

2017年5月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤランキング

ZEETEX(ジーテックス) SU1000 vfmタイヤ試乗性能評価レビュー

ドバイ発のグローバルタイヤブランドZEETEX(ジーテックス)タイヤ

今回、知人の協力を得て、ジーテックスSU1000vfmタイヤに

試乗することができました。ありがとうございます。

ZEETEX SU1000 vfmタイヤ

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(18インチ~19インチ)

ZEETEX SU1000 vfm(ジーテックス SU1000 vfm)は、

SUV、クロスオーバーに適した多目的なトレッドデザインで

静粛性と高いハンドリング性能を発揮。

高速走行、コーナリングも安定したドライビングが可能です。

というタイヤメーカーさんのセールストークです。

ZEETEX SU1000 vfmのタイヤデザイン

ZEETEX SU1000 vfmのトレッドパターンは、こんな感じ

 

タイヤの横、サイドウォールは、こんな感じ

 

タイヤの角、ショルダー部は、こんな感じです。

 

ZEETEX SU1000 vfmの実際のタイヤ性能はどうなのでしょうか?

ジーテックスタイヤは、見た目の完成度も高く、

かなり期待できるタイヤであることは、間違いありません。

今までジーテックスタイヤを試乗し、評価レビューをして来ました。

国産タイヤと違うところは、タイヤのトレッドパターンのブロックごとの

剛性が高いということです。

硬めのコンパウンドを使用しているな~というのが

ジーテックスタイヤの特徴だと思います。

硬めのコンパウンドで、静かなコンフォートタイヤに

なるのでしょうか?

ZEETEX SU1000 vfmタイヤ試乗性能レビュー

SU1000vfmの試乗です。

SUVタイヤなので偏平が低いので、乗り心地はイイですね

チョット驚いたのが、静かさです。

SUVタイヤって、ブロックパターンが大きいのが特徴で

パターンノイズが気になるところですが

このZEETEX SU1000vfmは、とても静かなところには

驚きました。

国産タイヤでも、ここまでの静かさのSUVタイヤは

乗ったことがありません。

もしかして、ZEETEX SU1000vfmというタイヤ

あなどれないかも知れません。

一般道のコーナーを攻めてみると

切り初めの反応が、すごくいいタイヤですが

コーナー進入時後の荷重移動の際、ちょっとタイヤの剛性の無さが

目立ちますね。

かなり乗り心地を意識したタイヤになっているようです。

SUVタイヤなので、高速道のテストをどうするか迷いましたが

わざわざ試乗のために、乗ってきてくれたので

ETCカードを入れ替えて、高速道路へGOです

高速道路の進入でフル加速、速度が上がっても

パターンノイズは大きくならね。

とても静かなタイヤです。

車線変更でも、切り初めの反応が良く

フラツキもなく、車線変更ができます。

あれ?一般道のコーナーでは、横剛性が足りないと思いましたが

高速では、安定性もあり、イイ感じです。

それにしてもコレ、SUVタイヤなんだよな~

静か過ぎます。

さて、そのまま首都高へ

継ぎ目の大きな首都高ですが、収まりもよく

快適に走れますね。

首都高のコーナーを攻めてみると

やはり切り初めの反応はイイけど

腰砕け感があります。

もう少し横剛性があると

プレミアムタイヤなんだけどなァ~

でもこのSU1000vfmは、快適性では

かなり高いレベルのタイヤでした。

高速でも、この静かさは、今までのSUVタイヤには

なかった領域です。

国産タイヤも頑張らないと

トータル性能では、もはや五分五分と言ったところにまで

迫ってきています。

ジーテックス SU1000vfmのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX SU1000vfm

SUVタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年02月04日

ZEETEX SU1000 vfmタイヤ試乗性能レビューでした。

 

タグ

2017年5月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ZEETEXタイヤ ドバイ製タイヤ SUVコンフォートタイヤ

アジアンタイヤ性能研究室 5月に入りました。

ゴールデンウィ―ク突入ですね

車で移動する方が多いと思います。

普段気づかない車からの異常も気づかされる時期でもあります。

高速道路を走ったら、あれ?なんだかタイヤノイズがうるさいような

高速道路を走ると、タイヤのパターンノイズは大きくなります

さらにタイヤのゴムの劣化、ゴムが硬くなることによって

路面とタイヤが接触した時、ゴムが硬くなることによって

新品タイヤのゴムのノイズ周波数と

劣化したゴムのノイズ周波数が違うため

人間の耳に聞こえやすい周波数になってしまうことで

タイヤノイズがうるさいということになってしまいます。

タイヤ作りでは、新品ゴムのパターンノイズをベースにしているため

経年劣化によりゴムが硬くなった状態の

ノイズまで計算されていないんです。

ということで、約2年以上経ったタイヤに関しては

タイヤのノイズは大きくなってしまっているんです。

一般的なタイヤの寿命は3年3万キロですが

タイヤノイズのない快適性を考えれば

2年で新品交換がベストだと思います。

そうなると、車検ごとがベストなんですが

国産タイヤの価格を見ると、そう簡単にはタイヤ交換が

頼めないのが現状ではないでしょうか!

タイヤ1本の価格なら問題ありませんが

4本となると、かなり高額になるので

即決は難しいと思います。

そこで、アジアンタイヤの価格を見てもらいたいと思います

アジアンタイヤは価格が安いから

性能は・・・と思ったら、大間違いです。

2016年から、日本製タイヤの性能を超えてきた

アジアンタイヤも出てきました。

私も本当に驚きました。

アジアンタイヤのタイヤ性能が

ここまで急速に進化しているとは!

アジアンタイヤ性能研究室5月に入りました。でした

更新日:2020年02月05日

タグ

2017年5月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

ZEETEX(ジーテックス)タイヤの種類とタイヤ性能評価

ZEETEXタイヤの特徴

ドバイのタイヤメーカーZEETEX

タイヤ性能だけではなく環境にも配慮し、

圧倒的な人気を誇る ZEETEX(ジーテックス)タイヤ。

インドネシアで生産することにより

低価格を実現しつつ高性能を実現しているのがZEETEXタイヤです。

ZEETEXタイヤの種類

ZEETEX ZT2000

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ジーテックスZT2000の試乗性能レビューは⇒コチラから

ZT2000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX ZT2000

 

ZEETEX ZT1000

タイヤカテゴリー(スタンダード(標準)タイヤ)

インチサイズ(13インチ~16インチ)

ジーテックスZT1000のタイヤ試乗性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX ZT1000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX ZT1000

 

ZEETEX HP1000

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~18インチ)

ジーテックスHP1000の試乗性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX HP1000のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX HP1000

 

ZEETEX HP2000 vfm

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(15インチ~18インチ)

ZEETEX HP2000 vfmの試乗 タイヤ性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX HP2000vfmのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX HP2000vfm

 

ZEETEX SU1000vfm

タイヤカテゴリー(コンフォートタイヤ)

インチサイズ(18インチ~19インチ)

ジーテックスSU1000vfmの試乗 性能レビューは⇒コチラ

ZEETEX SU1000タイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ZEETEX SU1000vfm

アジアンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2020年02月05日

ZEETEX(ジーテックス)タイヤの種類・性能レビューでした。

 

 

タグ

2017年4月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ZEETEXタイヤ

このページの先頭へ