ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。

ATR SPORTはサーキットではどうなのでしょう?

タイヤサイズは215/45R17

トータル2時間走ってみました。

2時間後のタイヤはこんな感じ

ATRサーキット

足回りが純正ノーマルだったので、かなりコーナーは、

こじっての走行でしたが、グリップ力もあり

タイム的にはスポーツタイヤとグリップタイヤの中間と言ったところ

かなりATR SPORTタイヤはグリップするタイヤでした。

キャンバー角が足りない減り方をしていますが(汗)

ATRサーキット2

価格からしたら、あり得ないグリップ力です

何しろ国産タイヤの1/3の価格でこの性能は、あり得ない驚きでした。

サーキット連続走行でタイヤが溶ける温度になると

グリップ力が多少落ちるところがチョット気になりますが

30分に1回ぐらいは休憩して、タイヤを冷やせば

問題ありません。ブロック飛びも有りませんでした!

一般公道では、このような運転はあり得ないので、

かなりグリップ性能は高いタイヤでしたよ。

サーキット場でのドリフトはかなりやりやすいです。

リヤの流れ方は、グリップが一気に抜けて

スピンになることはなく、滑り出し初めの限界が分かりやすく

滑りだしても、ある程度グリップしてくれるので、

ゆっくりカウンターを当てれば、修正できる流れ方なので

ドリフト練習には、もってこいのタイヤですね!

とにかく値段が安くて、ここまでグリップしてくれるのが

魅力ですし、とてもありがたいタイヤです。

タイヤサイズのラインナップも豊富に揃っているところが

うれしいです。

サーキットで使えて、ここまでの値段の安さで

グリップしてくれるタイヤはまずないでしょう。

一般公道のグリップ力は充分過ぎるほどの性能のタイヤです

価格から評価すると、ここまでの性能、いらないんじゃないの?

というのがトータル評価です。

価格から見れば、性能が高過ぎのタイヤでした。

これは売れて当たり前のタイヤですね!

値段が倍でもこの性能なら、売れると思いますよ!

ATR SPORTのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>ATR SPORT<<

値段を見たら、その安さに驚くと思います!

アジアンタイヤのタイヤ選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

ATR SPORTタイヤの性能 サーキットで試してみました。でした。

タグ

2017年7月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ATR SPORTタイヤ スポーツタイヤ

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤにミニバンタイヤはあるの?

アジアンタイヤ ミニバンタイヤの特徴

アジアンタイヤにまだ、ミニバンタイヤという

カテゴリーはありませんが

ミニバンや1BOX車にマッチングが

良いタイヤはありました。

これはかなり長期間調べた結果です。

日本ではミニバン専用タイヤの元祖は、トーヨータイヤのトランパス

1BOXやミニバンは重量があり、車高が高い、

重心が高いという特徴があるため

コーナーでロール量が大きく、

そのためタイヤ自体に大きな荷重に耐えられるタイヤが必要になりますが

だったらバン用ラジアルでも履けばいいのでは???

ということになりますが

そこは快適性、静粛性というものも、

ユーザーとしては、欲しい性能ということになりますよね。

ミニバンタイヤの特徴

ミニバンは車高が高いため

実際コーナー中はタイヤの外側に大きな荷重が掛かるので、

それに耐えられるように、

トレッド部のタイヤの外側に大きな荷重に耐えられる構造と

ゴムを使用することによって、

タイヤ外側の偏摩耗を抑制した

ミニバン専用タイヤが生まれました。

タイヤの内側、外側のサイドウォールの

強度を変えることにより、

ミニバンのコーナーリング時のフラつきや

タイヤの外側の偏摩耗を防止することができるようになりました。

それと共に直進時の乗り心地も確保できるという

メリットが生まれ、ミニバン専用タイヤというカテゴリーが

日本ではミニバンタイヤとして認知されるようになりました。

アジアンタイヤの中でミニバン・1BOXに合うミニバンタイヤ

あるのでしょうか?

知りたいところですよね。

アジアンタイヤには、まだタイヤカテゴリー的に、

ミニバンタイヤというカテゴリーが存在しませんが

ヴォクシー、セレナ、ステップワゴンの

3台のオーナーさんの協力をえて

アジアンタイヤでミニバンに合うタイヤを探してテストすることに!

その結果はコチラから⇒ミニバンタイヤランキング

ミニバンタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

ミニバンタイヤの特徴 アジアンタイヤでミニバンタイヤはあるのでした!

タグ

2017年6月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤ基礎知識 ミニバンタイヤ

ホワイトリボンタイヤの歴史 アジアンタイヤ

ホワイトリボンタイヤの歴史です

今ではあまり見られなくなったホワイトリボンタイヤ

ホワイトリボンタイヤはタイヤのサイドウォールに

白いラインを装着したタイヤです。

ホワイトリボンタイヤが誕生したのはナゼ?

これはタイヤの歴史が深く関係しているんです。

「タイヤは黒くて丸いもの」というのが現在タイヤの常識ですが、

初期の自動車用タイヤは天然ゴムの白色、

又は輪ゴムと同じ生ゴムの色の飴色していました。

タイヤの原材料となる天然ゴムの色は、

消しゴムを見ていただければ分かると思いますが白色でした。

天然ゴムで作られたタイヤは耐久性に問題があり、

ゴムにカーボンブラック(炭素)を加えて強度を増すアイデアが

1900年頃に生まれました。

1912年にはタイヤトレッド部の天然ゴムに

ブラックカーボン入りの黒いゴムを使用した

自動車用タイヤが初めて市販されました。

タイヤのトレッド部のみの天然ゴムに

ブラックカーボン入りのゴムを使ったため

タイヤはサイドウォールに白色のゴムが残されていたことから

「ホワイトウォールタイヤ」と呼ばれました。

つまりホワイトウォールタイヤは、タイヤの側面を白く塗ったのではなく、

トレッド面にカーボン入りの黒いゴムを使用したことで、

2色のタイヤ外観になったわけです。

2種類のゴムを使うタイヤ生産は生産効率が悪かった

結果的に2種類のゴムを使う訳ですのでタイヤ生産面で

効率が悪いという不都合があったため、

その後カーボンブラックを添加したゴムだけで製造され

真っ黒なタイヤが生産そして市販されました。

真っ黒なタイヤには、違和感が

もともと白かったタイヤが、いきなり黒くなると

ユーザーが違和感を覚えるため、その違和感をなくすため

白いラインを入れた「ホワイトリボンタイヤ」が登場しました。

装飾的な意味合いから製造されたホワイトリボンタイヤは

アメリカでは人気が根強く、1980年代まで

純正装着タイヤに使われていました。

ホワイトリボンタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ホワイトリボンタイヤの種類

ホワイトリボンタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

ホワイトリボンタイヤの歴史でした!

 

タグ

2017年6月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:タイヤカテゴリー タイヤ用語説明 ホワイトリボンタイヤ

PIRELLI P ZERO PZ4タイヤのタイヤ試乗性能評価レビュー

PIRELLI P ZERO PZ4タイヤ

タイヤカテゴリー(プレミアムタイヤ)

インチサイズ(18インチ~21インチ)

PIRELLI P-ZERO PZ4(ピレリ ピーゼロ ピーゼットフォー)は、

究極のカスタムメイドパフォーマンスを追求し、

静粛性と転がり抵抗の改善、

ウェットコンディションにおける安全性が向上しました。

というメーカーさんのセールストークです。

PIRELLI P ZERO PZ4タイヤ試乗レビュー

車は200系クラウン3.5Lアスリートです。

こんなに高級なタイヤが買えるのか~うらやましい。

さて走り出してみると、このPIRELLI P ZERO PZ4は

メチャ静かです。街乗りをしていても、トレッドパターンを見た時は

そこそこの静かさなんじゃないのかな~と思いましたが

この静かさには、驚きますね。

タイヤって、ここまで静かに作れるものなのか、改めて驚きました。

乗り心地も、19インチなんですが、もの凄くイイです。

19インチでこの乗り心地を出せるタイヤは、今まで乗ったことがありません。

今までPIRELLIだとP7ばっかり乗っていたので

まあこんなもんでしょうなんて思っていたら

このPIRELLI PZEROPZ4は別格のタイヤなのかも知れません。

さてコーナーを攻めてみると、この乗り心地からすると

コーナーで多少ふあふあ間が出るんじゃないかと思っていましたが

まったくそれがありません(驚)

何度もコーナーを攻めて確かめましたが

切り初めから、どこのラインを通るか、予想ができるタイヤです。

なんだろうね~このタイヤは?

さてETCゲートを抜けて、インターのキツイコーナーに入って切り込んでみても

スパッと向きを変えてくれます。

足回りはノーマルなんですけどね。

高速に合流手前でフル加速、トラクションコントロールはもちろんOFFで

縦のグリップ力もありますね。

次のETCゲートを過ぎた後、キックダウンしてローギヤの時にグリップするかですね。

3.5Lアスリートだと、ノーマルタイヤでは、トラコンをOFFでフル加速すると

グリップを完全に失うからね。

ETCゲートを抜けてキックダウン、多少タイヤは泣きましたが

グリップして加速してしまいました。マジか~

グリップしじゃうのかよォ~

もしかしてこのタイヤ、グリップ力も相当あるかも

その前に高速道ではどうなのかですね。

速度が上がっても静かさは保ったままです。

パタンノイズも大きくなりません。

乗り心地は高速の方が、イイ感じです。

直進安定性も抜群だし、しか~しレーンチェンジはチョット驚き

このタイヤ、速度が上がると、かなり機敏に反応しますね。

なんだか不思議な感覚です。

さていよいよ首都高に入り、

路面の継ぎ目の突き上げ感も

キレイにおさまります。

普通19インチだと、首都高の大きな継ぎ目で、結構ゴツゴツ来るんだけどね。

さてコーナーです。切りはしめから、スパッとフロントが入ります。

縦のしなやかな乗り心地とは、全く性格が違いますね。

横に対しては、しっかりし過ぎてる、そしてグリップ力ですが

グリップタイヤのカテゴリーに入るグリップ力を持っています。

ハイグリップタイヤほどのダイレクト感はありませんが

完全にグリップタイヤのグリップ力がありますね。

2速高回転でコーナー中にアクセルオンオフ

又は左足ブレーキで大きく荷重移動させても、リヤが安定していて

安心感がもの凄くあるタイヤでした。

なんだか、このタイヤ、欠点が見当たらない。

今回のPIRELLI P ZERO PZ4ですが

とても不思議なタイヤでした。

静かさはもちろんですが、乗り心地の良さは、タイヤの縦の柔らかさなんですが

19インチとは思えないぐらい乗り心地がイイのと

速度が上がってくると、乗り心地が良くなるのもスゴイですが

タイヤの性格が変わり、ステアリングに対して敏感に反応するようになるし

グリップ力の高さにも驚きました。

プレミアムタイヤって、普通はコンフォートタイヤとスポーツタイヤの両方を兼ね備えているんですが

PIRELLI P ZERO PZ4は、

コンフォートタイヤとグリップタイヤの性能を兼ね備えているタイヤでした。

縦に柔らかく、横に硬くを高次元で融合させているタイヤです。

チョット今までのタイヤとは、次元が違うプレミアムタイヤということが分かりました。

ピレリーP ZERO PZ4のタイヤサイズと価格は

コチラから⇒PIRELLI P ZERO PZ4

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

PIRELLI P ZERO PZ4のタイヤ試乗性能評価レビューでした。

タグ

2017年6月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:PIRELLIタイヤ

サーキットで使える激安アジアンタイヤはコレだ!

国産タイヤのグリップを超えるアジアンタイヤも出てきました

サーキットシーズンですね。サーキット走行楽しんでいますか

気温が25度前後が一番タイヤの性能が出る季節でもありますし、

ドライバーにとっても、ドライビングしやすい気温でもあります。

となると・・・長時間サーキットを楽しめる時期でもあるわけです。

真夏の気温が高い時期だと、確かにグリップ力は出やすいですが

気温が高過ぎると、ドライバーさんが気温に、まいってしまします。

サーキットでエアコン付けながら走行という訳にはいきませんからね。

なので汗をかきすぎて、集中力が続かないということなになってしまいます。

なので気温25度前後が自己ベストを更新できる季節でもあるんですよ。

気温20度前後が、ドライバーさんにとって

一番ベストな気温なんですが。

タイヤは気温25度前後からの方が、性能を発揮しやすい

パーツの一つでもあります。

さて、サーキットを走るのに、一番重要なのがタイヤです、

サーキット好きの方なら分かると思いますが

一番の悩みが、タイヤなんです。

なぜか?

4本そろえると、それなりの価格になるからです。

国産タイヤしか知らない方なら、アジアンタイヤの価格を

ぜひ一度見ていただきたいと思います。

始めてアジアンタイヤの価格を見たら

その価格の安さに、驚きます。

私もアジアンタイヤの価格を始めて見た時、そうでしたから、

そして、そのあまりにも安さに、タイヤ性能はどうなのか?

調べたくなったのが、このアジアンタイヤ性能研究室を

書くきっかけでもありました。

サーキット仲間から、激安タイヤはうれしいけど

タイヤ性能はどうなのか、調べて欲しいという要望が

多かったので、サーキット走行会ごとに

グリップしそうなタイヤを選び

実際買って、履かせてサーキット走行をすることにしました。

アジアンタイヤが激安だったから、出来たと思います。

国産タイヤだったら、毎回タイヤを新品になんて

お金が足りなかったと思います。

サーキットの場合、タイヤ性能がそのままタイムに出るので

タイヤのグリップ性能が、ハッキリわかるステージでもあります。

快適性や乗り心地は無視ですが、

サーキットで楽しめる激安アジアンタイヤはあるのか

実際走って、試したランキングが

↓↓↓↓コチラです↓↓↓↓

>>アジアン ハイグリップタイヤ性能ランキング

サーキット走行を楽しむ方で、

タイヤ価格で、もう悩む心配はありません。

しかも2016年以降、アジアンタイヤで

国産タイヤのグリップを超えるタイヤも出てきたのには

驚きました。

この激安の価格で、強力なグリップ力があるタイヤです。

サーキットで充分楽しむことができる激安アジアンタイヤです。

快適性、乗り心地は良くありません。

パターンノイズもうるさいです。

ですがグリップ力だけは、ずば抜けているアジアンタイヤです。

タイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

サーキットで使える激安アジアンタイヤはコレだ!でした。

タグ

2017年6月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ ハイグリップタイヤ

このページの先頭へ