安いハイグリップタイヤは無いのか?アジアンハイグリップタイヤ探し

安くてグリップするタイヤは無いのか?

サーキット好きな私は、タイヤ代に毎回悩んでいた経験があります。

国産ハイグリップタイヤは、値段が高く、さんざん悩みました。

ほとんど妥協して、ハイグリップタイヤではない、

スポーツタイヤを選ぶしかなく、ハイグリップタイヤを買えなかったことを覚えています。

ハイグリップタイヤを買えれば、もっと楽しくサーキットを楽しめるのに

何度も悩みました。

でも現実は高価なハイグリップタイヤ、何度も買えませんでした。

そうなんです!サーキットを走るのが好きな方の悩みはタイヤ代

消耗品であるタイヤは、最も価格が高いメンテナンス品なんです。

サーキットで足回りのセッティングが決まってくると

最後にタイムに関わるところは、タイヤのグリップだけになるんです。

ですから、どれだけグリップするタイヤを履くかに掛かってくるんですよね!

サーキット走行の楽しみは、なんと言ってもタイムの短縮です。

自分のドライビングテクニックが、タイムに出る場所がサーキットだからです。

ですが、お金が無いからとあきらめている方も多いと思います。

でも今の時代は、低価格でもハイグリップタイヤが履ける時代になりました。

安いハイグリップタイヤがあるんです

NANKANG AR-1

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

NANKANG NS-2R

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

 

ATR-K SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

 

ATR SPORT 123S

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

この4種類のハイグリップタイヤ

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を

持っていますが、Sタイヤ

一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります

狭い温度域によって、グリップ力を発揮する

特殊なコンパウンドを使っているタイヤ

さらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので

極力タイヤ自体を軽く作ってあります、一般道で使用するには、

かなり気を使わなければならないタイヤがS(セミスリック)タイヤです。

試乗テストをしたアジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしないので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

NANKANG AR-1は

2016年7月にNANKANG NS-2Rのコンパウンドより

グリップ力のあるコンパウンドを使い発売されたのが

NANKANG AR-1です。

グリップ力は、発売と同時にアジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産グリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

NANKANG NS-2Rは

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産グリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

ATR-K SPORTとATR SPORT 123Sは

国産グリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

更新日:2019年11月01日

タグ

2019年1月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ハイグリップタイヤ

安いサーキットタイヤ探し!おすすめハイグリップタイヤ!

安いサーキットタイヤはあるのか?

激安のアジアンタイヤの中から、サーキットで試乗しタイムが良かった順に紹介していきます。

その前にデメリットがあります。

快適性の静かさや乗り心地はとても悪いです。

快適性より、グリップだ~という方には、ぜひ履いて頂きたいハイグリップタイヤです。

激安アジアンタイヤから抜粋したハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤのように一般道で、チョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしないので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

NANKANG AR-1

このAR-1のグリップは、ハンパではありません。

まさしくS(セミスリック)タイヤ並のグリップをしてくれるのには驚きました。

ただし、デメリットもあります。

乗り心地も最悪ですが、パターンノイズ走行ノイズも最悪です。

Sタイヤを履いたことのある方なら、我慢できると思いますが

一般ラジアルタイヤから、いきなりAR-1に履き替えたら

その走行ノイズに驚いてしまうと思います。

快適性を一切無視して、グリップだけのために作られたタイヤなので

サーキットでタイムを縮めたい方にオススメです。

タイヤの減りは、Sタイヤ並に減りは早いです。

でも速いタイムを出したときの感動で、減りはしょうがないと思えると思います。

グリップ力は、アジアンタイヤTOPのグリップ力で

国産ハイグリップタイヤより、グリップ力があるのには驚きました。

NANKANG AR-1のタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG AR-1

NANKANG NS-2R

国産グリップタイヤの1/3の価格で買えるのが大きな魅力です。

私もNANKANG NS-2Rを70スープラに履いています

このNANKANG NS-2Rも国産ハイグリップタイヤのグリップ力を

超えているアジアンタイヤです。

デメリットは新品時はある程度静かですが、減ってくると

走行ノイズがかなりうるさくなります。

スリップサイン寸前になると、本当にうるさいです。

NS-2Rをリピートして、新品はこんなにも静かだったんだ~と、感動しました。

この安さでこのダイレクト感とグリップを持つタイヤは、他にはありません。

とにかくこの性能で、価格が激安なのですから、本当にうれしいタイヤです。

NS-2Rのタイヤサイスと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

 

ATR-K SPORTとATR SPORT 123Sは

国産ハイグリップタイヤの1/4の価格で買えるのが魅力ですが

まだサイズラインナップが少ないので、

今後サイズラインナップが増えることを期待しています。

この2種類も、サーキットでは、国産ハイグリップタイヤと

同等または多少上回るタイムが出たのには驚きました。

ですが、なんと言ってもサイズラインナップが少ないため

サイズがあったらラーキーなタイヤです。

ATR-K SPORT

ATR-K SPORTのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR-K SPORT

ATR SPORT123S

ATR SPORT123Sのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒ATR SPORT 123S

今回のサーキットタイヤの4種類のタイヤは

走り屋さんとサーキット好きには

ぜひ履いてもらいたいタイヤです。

これだけだと、どれだけグリップするのか

イメージがわかないと思いますので

どれぐらいグリップするかの説明を付け加えておきます

ATR-K SPORT

サーキットのタイムアタックでタイムを比較したところ

国産ハイグリップタイヤのネオバと同等のタイムが出てしまいました。

しかも周回を重ねても、タイムが安定していたので

そのグリップ性能には驚きました。

サーキット走行好きのタイヤ選びの参考にして頂ければ、うれしいです。

更新日:2019年11月09日

安いサーキットタイヤ探し!おすすめハイグリップタイヤ!でした

タグ

2018年12月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ サーキットタイヤ

値段が安いサーキットタイヤ探し!安いハイグリップタイヤはあるんです!

値段が安いサーキットタイヤはないのか?

サーキットを走る方ならタイヤ選びの中でもタイヤの値段は気になりますよね!

そこで安いハイグリップタイヤを探してみました。

もちろんサーキットで試したハイグリップタイヤです。

サーキット専用ではありませんので、一般公道の走行もOKのサーキットタイヤです。

サーキット専用のSタイヤのように、タイヤ温度管理をしっかりしないとグリップが出ないタイヤではなく

低温からでもある程度のグリップ力があるので、公道でも安心して使えます。

ですが、グリップオンリーのハイグリップタイヤなので

乗り心地やロードノイズと言った快適性は全くありません。

うるさいし乗り心地も悪いタイヤです。

快適性もという方にはオススメできないタイヤです。

快適性なんかいらない、値段が安くてグリップオンリーのハイグリップタイヤが欲しい方には

最適です。

NANKANG AR-1

タイムアタックには最高のハイグリップタイヤです。

国産ハイグリップタイヤの半額ぐらいなのでチョット高いですが

グリップは凄いです。Sタイヤ並のタイムが出てしまいました。

ただし、減りはSタイヤ並に早いです。

1日フリー走行してしまうと、スリップサインが出てしまいました。

強烈なグリップ力を持つタイヤはコチラ⇒NANKANG AR-1

AR-1

 

NANKANG NS-2R

おすすめハイグリップタイヤです。

私も70スープラサーキット仕様に履かせています。

リピートは3回目です。値段が安いので思いっきり走れます。

サイズラインナップも豊富です。

試乗感想レビューはコチラ⇒NANKANG NS-2R

NS-2R

 

ATR-K SPORT

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR-K SPORT

 

 

ATR SPORT 123S

試乗感想レビューはコチラ⇒ATR SPORT 123S

アジアンタイヤのハイグリップタイヤ

Sタイヤ(セミスリックタイヤ)並みのグリップ力を

持っていますが、Sタイヤは一般ラジアルタイヤとは、グリップの理論が異なります。

狭い温度域によって、グリップ力を発揮する

特殊なコンパウンドを使っているのがSタイヤ

さらにサーキットでのタイム短縮のみを狙っているタイヤなので

Sタイヤは極力タイヤ自体を軽く作ってあります。

一般道で使用するには、かなり気を使わなければならないタイヤがS(セミスリック)タイヤです。

安いアジアンタイヤから選び抜いたハイグリップタイヤは

一般道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤです!

タイヤは摩耗してくると、一般道でチョット大きな石を踏むだけで

パンクしたりしてしまいます。でもアジアンタイヤのハイグリップタイヤは

一般公道でも使用できる強度を持っていますので、ご安心ください。

安全マージンも充分計算しつくされたハイグリップタイヤなので

一般道でも気をつかわなくて済みます。

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたらうれしいです。

更新日:2019年11月09日

安いサーキットタイヤ探しでした!

タグ

2018年10月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:グリップタイヤ サーキットタイヤ

激安ハイグリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤ

激安ハイグリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤのご紹介

輸入タイヤの中でも、値段の安いハイグリップタイヤがあることを

ご存知ですか?

今まで国産タイヤしか履いたことがなかったけれど

輸入タイヤはどうなんだろうと、思う方も多いと思います。

ハイグリップタイヤは値段か高いのが、今までの常識でしたが

激安ハイグリップタイヤの値段を見たら、そのあまりの安さに驚きます。

激安タイヤの中でもハイグリップのアジアンおすすめタイヤ

アジアンタイヤは、技術の進歩により、国産タイヤに引けをとらない

タイヤ性能になっています。しかもタイヤの値段が安いことが

最大のメリットになっています。

NANKANG NS-2Rタイヤ

インチサイズ(13インチ~20インチ)

アジアンタイヤのハイグリップタイヤの中で

最も人気があるのがNANKANG NS-2Rです。

もちろん公道走行もOKのハイグリップタイヤです。

NS-2R(エヌエスツーアール)は、中央の3本の縦溝により排水効率と

ウェット路面でのハンドリングを向上させています。

そして、ユニークなショルダー部分のデザインにより、

タイヤの剛性を高め、不規則なトレッドの摩耗を抑制します。

NANKANG NS-2Rタイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG NS-2R

NS-2Rの試乗性能レビューも参考に

コチラから⇒NANKANG NS-2Rの一般道、高速道路、首都高レビュー

 

NANKANG AR-1タイヤ

インチサイズ(13インチ~18インチ)

AR-1(エーアールワン)は、サーキット走行を前提にドライグリップ性能を

極限まで高めたハイグリップタイヤです。

トレッド面のブロックとショルダー部分の剛性を高めており、

コーナーでも安定したグリップ力を発揮します。

コチラも公道走行OKのハイグリップタイヤです。

NANKANG AR-1タイヤのタイヤサイズと価格は

コチラから⇒NANKANG AR1

AR-1の試乗性能レビューも参考に

コチラから⇒NANKANG AR-1タイヤの一般道、高速道路、首都高レビュー

更新日:2019年11月14日

激安ハイグリップタイヤ選び おすすめ輸入タイヤでした。

タグ

2017年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:NANKANGタイヤ ハイグリップタイヤ

サーキットでタイムが良いアジアンタイヤ おすすめハイグリップタイヤ

安くてサーキットでタイムが良かったアジアンタイヤのご紹介

サーキットでは、足回りのセッティングが決まると

最終的にタイムアップするためには

タイヤのグリップに掛かってきます。

このページを見ているあなたは、

サーキット経験者で、もっとタイムを良くしたいという思いで

このページに、たどり着いていると思います。

今のアジア諸国では、スポーツカーブームにより

アジアンタイヤからもハイグリップタイヤが

発売され、日本に入って来るようになりました。

待ちに待った安価でグリップ力を持つハイグリップタイヤです。

ただし、一つ注意して頂きたいことがあります。

国産ハイグリップタイヤ、ネオバ、プロクセスR1R、ディレッツ、ポテンザシリーズより

確かにグリップ力はありますが、国産ハイグリップタイヤは

ある程度の静かさを持っているのが国産ハイグリップタイヤです。

国産ハイグリップタイヤは、静かなタイヤではありませんが

うるさいという不満がでないレベルで作ってあります。

その点、アジアンタイヤのハイグリップタイヤは、

静かさは一切ありません、ハッキリ言って、うるさいタイヤです。

その分グリップ力も上げられるのは当然なんです。

ですので、ハイグリップタイヤでも、一般道では

ある程度快適にと思っている方は、アジアンハイグリップタイヤは

オススメできません。

S(セミスリック)タイヤほどの、うるささはありませんが

うるさいタイヤであることには、間違いありません。

なので、安くてもグリップ力があれば、うるさくても気にしないという方のみに

履いてもらいたいのが、アジアンハイグリップタイヤです。

うるさいタイヤは嫌だという方は、高くても国産ハイグリップタイヤを履いた方がイイと思います。

一般公道からサーキットまで使えるハイグリップタイヤ

NANKANG NS-2Rです。

低温からでもグリップしますし、このパターンで

雨の日のウエット路面にも強いちょっと不思議なハイグリップタイヤです。

グリップ力は半端ではありませんが

最大の魅力は、これだけのグリップ力を持っていながら

低価格ということです。

国産ハイグリップタイヤは買えないけど

このNS-2Rなら、充分買える値段だと思います。

値段を見たら、その安さに驚くと思います。

管理人も履いています。

グリップ力には驚きました。

NANKANG NS-2Rのタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

>>NANKANG NS-2R

アジアンタイヤに中では最強のグリップ力を持つハイグリップタイヤ

NANKANG AR-1です

タイヤのトレッドパターンを見るだけで

グリップするって分かると思います

コチラがNANKANG AR-1タイヤです

見るだけで、グリップするタイヤだということが

分かると思います。

コチラも一般公道からサーキットまで使えるサーキットタイヤです。

残り溝が1.6mm以上あれば、車検も通ります。

ですが、このAR-1乗り心地や静かさは全くありませんので

快適性も少し欲しい方は、選ばない方がイイと思います。

グリップ力最優先の方には、待ちに待ったオススメです。

NANKANG AR-1のタイヤサイズと価格は

↓↓↓↓コチラから↓↓↓↓

NANKANG AR1

サーキットタイヤ選びの参考にして頂けたら、うれしいです。

更新日:2019年11月06日

サーキットでタイムが良いタイヤ アジアンタイヤでした。

タグ

2017年8月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:サーキットタイヤ

このページの先頭へ